4月になると思ひ出すこと その5 
前回からの続き → 4月になると思ひ出すこと その4

感動で胸をいっぱいにしながら、夜遅く 例のお城を改装したザ・英国という
感じのホテルにチェックインした。

このホテルを選んだ理由は、ずばりホストファミリーの家から一番近いと
いうことと、それから安さ。

聞いてはおったけど、イギリスって物価がほんまに高い!
ポーランドの物価に慣れたうちらとしちゃ、どこも高うてね。
唯一、ここが まあ割りと安かったので 予約したんよ。

予約したとき、お客様の声に 「最悪!もう二度と泊まらない」とか
「ひどすぎる。掃除がなってない」とか 少々気になるコメントがあって
気にかからんこともなかったが、一晩寝るだけじゃけ、ええじゃろと。

お城を改装したとあって、中は迷路のようになっとるそのホテル。
エレベーターが無いのが ちょっと辛かったが、スーツケースを
ゴロゴロ押しながら 部屋へ向った。

ホテルの入り口は 結構素敵な感じなのに、中へ進めば進むほど
あれ?こ、これは・・・何だ何だこの古臭さは!と
不安になってきたわ。

昭和のかほりがする鍵を使って部屋に入ると・・・
目の前に広がるその部屋は
今まで泊まった どこの国のホテルより ボロくて古臭かった

テレビも、ごっつい昭和のかほりがするようなテレビで
カーテンもところどころ破れとったり 壁紙も一部はがれとったりで
不潔感こそないものの とにかく、古い、古すぎる!

ははーん、レビューがやたら悪かったのは そのせいか!とやっと分かった。

その時、フロントから、「ポーランドのご主人より 折り返し連絡くれるように」と
伝言があったのを思い出して、電話をすることに。

電話をしてみると、
旦那だけ急遽チケットを購入したので、イギリスに来られるとのこと。
2泊だけになるけれど、来られるなら、こんな嬉しいことはないわ!
息子は土日ということもあって、義両親が預かってくれると。

旦那が購入したチケットは、翌日の早朝 イギリスのルートン空港に
到着するというもので、いったん その日泊まるニューモルデンのホテルを
見に行き、ロンドン市内をぶらぶらするとのこと。

そして待ち合わせ場所は、夕方到着予定のロンドンヴィクトリアコーチ駅にした。
うちの持っとるケータイは、海外じゃ使えんので 
万一 お互い1時間待っても 会うことが出来んかったら ホテルで落ち合おう
ということにしたんよ。

明日からは、やっとあの重いスーツケース持ってもらえるとホクホク気分で
これまた見たことのないほど昭和のかふぉりのする風呂につかり、
ヴィンテージ感溢るる ドライヤーのスイッチを入れると
ブイーーーンと 音がしたかと思うと、何かが焦げるようなニオイが!
そして、ぷすんぷすん・・・という音がしたんで、怖うなって
スイッチを切ったわ。

も、もしかして うちが壊した??・・・・・・
いや、でもスイッチを入れただけなんじゃけど
そもそも こがぁに古いドライヤーを置いとるのもどうなんじゃ?

ここまできたら、このボロさを堪能しよう!と部屋の写真を撮りまくったww

そして早々と寝床につくと、どこからか、ゴー!ガオーッ!と
オッサンのいびき音が聞こえる。
それも近くで。

どんだけ壁が薄いんかいね、と おかしさがこみ上げてきたわ。

そして、ここは とてもじゃないが、ファミリーで泊まるホテルじゃない
息子が来れんで 正解だったんじゃろうと思うたんよ。

やがて、オジサンのいびき音をバックミュージックに 眠りの世界へ
誘われていった。

翌朝
ホテルの宿泊客のレビューによると 「朝食だけは」良かったとの
ことなんで、わずかに期待を抱きつつ 朝食会場のレストランに入った。

レストランは清潔で 落ち着いた感じ。
このフロント・レストランと客室のギャップがあまりにも差がありすぎるん
よね・・・

食事はビュッフェ式なんじゃけど、席につくと ウェイトレスさんが
卵料理を持ってくるんで、希望を教えてくれと言うた。
スクランブルエッグ、目玉焼き、ゆで卵の中から 一つ選び
それにベークドベーコンとポークビーンズがついてくるらしい。

うちは目玉焼きをチョイスし、その間 他のもんを食べて待つことにした。

評判通り、種類は豊富じゃった。
そして、運ばれてきた アツアツの卵料理とカリカリのベーコンの
美味しかったこと。
朝から欲張って つい モリモリ食べ過ぎてしもうたわ。

バス出発まで 時間があったんで、いったん チェックアウトして
荷物だけフロントに預けて その辺を散策することにした。

ちょうど近くに広い公園があったんでね、その付近一帯を散歩しとると
12年前の記憶が 再び蘇ってきたわ。

そういや、この公園連れて行ってもらったんだっけ、
あ、あれはホストマザーと言っとった「この地域で一番古い家」じゃ!
懐かしかった。

そして お城の近くにある 英国風ガーデンを見に行き
ベンチで一休みしたあと、再び 公園周辺をゆっくり歩いて ホテルに
戻った。

朝の空気は冷たかったけど、気持ち良く 腹もこなれて ええ運動になった。

とんでもないオンボロホテルじゃったけど、ええ経験になったわと
ホテルを去り、長距離バスに乗って ロンドン・ヴィクトリアに向った


(続く)






スポンサーサイト
別窓 | イギリス旅行 | コメント:0 | | ∧top | under∨
4月になると思ひ出すこと その4
前回からの続き→ 4月になると思ひ出すこと その3

ランチの間も 吠え続けているホストマザーに 
ちょっとビクビクしながら 話を聞き続けておったうち。

だって何かうちが怒られようるような気がするんじゃもん。

一通り憎き嫁一家の愚痴が終わったら、移民へ対しての怒り
そしてサッチャー首相への怒りと話題が飛び

このあたりになると、もう何か理解出来んようになってね・・・
サッチャー首相ゆうて何した人なんかいね、うちが知っとるのは
恥ずかしながら サッチャー=鉄の女 だけよ。

ゆーわけで、よくー分からんけど相槌をうちよった。

気がつけばもう夕食時じゃったけ、あ、そろそろ失礼することにと
腰を上げたところ

「待って、夕食食べてって頂戴!」とゆうてくれて、中華の出前をご馳走して
もろうたんよ。

イギリスで食べる中華ってどんなんじゃろ?!ポーランドで食べるのより
本格的なイメージがあるわ。

予想は大当たり、ホストファミリーがとってくれた中華はとっても美味しかった~!

夕食後午後8時ぐらいになってからかね、ふっと我に返ったようにホストマザーは
うちの方を向き 
「そういえば、食いしんぼ万歳の近況を聞いてなかったわね。どうなの?」ゆうて 
初めて聞いてくれた~(嬉)

それまでは、とても口も挟めん感じじゃったけえねww

ほいで、うちの近況から、14年前の思い出話で盛り上がったわ。
うちが14年前ステイした時に折った折り紙を今でもちゃーんと大事にしまっといて
くれとってね!

贈り物やカード類を全部丁寧に管理しとるのを見せてくれた。

ほんまにマメなお方じゃわ~こういう所、マネせんとな。

14年ぶりに会うホストマザーは ちょっとストレスが溜まっておられたようで
愚痴のパレードじゃったけど、でもね、ほんまはとってもお世話好きで
ぶちええ人なんよ。

そしてちょっと影がないように見えるホストファザーも、地上に舞い降りた天使の
ような人なんよね。

いつも優しいほほ笑みを浮かべていて、妻に何を指示されても
はい!と聞き、妻のために紅茶を用意し、飲む様子をニコニコ眺めとる。
うちが遊びに行った日も、紅茶とスナックを用意してくれ
話よる間も「紅茶が冷めたんじゃないかな?温めてくるよ」と言ってくれるなど
素晴らしく気配り上手なんよね。

妻の愚痴も、ほうほう大変だと ひたすら聞き役にまわって
受け止めよるようじゃ。

ホームステイしとる間も、毎朝 ホストファザーが朝食を用意してくれ
その他 すすんで家事を手伝い、毎朝 学校へ行くまでのバス停へ
送り迎えしてくれたんよ。

学校が終わって、自分が降りるバス停を見たとき
例の穏やかなほほ笑みを浮かべながら 手を振るホストファザーを見つけると
ホっと気持ちがほぐれたもんよ。

見た目にね、あらわれとるんよね。
まさに英国紳士。

結婚するなら、ああいう人が理想じゃー!ゆうて思うたもんじゃ。

気がつけば、時計の針はもう午後9時半を差しとった。

ホストブラザーが、車でホテルまで送ってくれるゆーけー
お言葉に甘えて送ってもらうことにしたわ。

久々に会えて本当に良かったと言いながら ハグをすると
涙があふれ出て来てね。
ここへ来るまでに トラブルがあったけど、会えて良かった。

「今度は遠慮せずに、家族でうちに泊まりなさいよ!もちろん無料よ!」
という声を背中に 鼻をすすり、目を赤く腫らしながら車に乗り込んだ。



(続く)








別窓 | イギリス旅行 | コメント:4 | | ∧top | under∨
4月になると思ひ出すこと3 (14年ぶりの再会)
前回からの続き → 4月になると思ひ出すこと 2

14年ぶりに会ったホストマザーは、笑顔はそのまま明るくて素敵 
髪に白いものが沢山混じっとるのが 14年の歳月を感じさせられたわ。

ホストファミリーの家に着くと、ホストファザーが迎え出てくれ、ハグをして
感動の再会のひと時を味わった。

今回はほんまに災難じゃったねえ~ゆう話から始まり、他愛のない話から
始めたんじゃ。

ホストマザーは ほんまに人好きでおしゃべりな陽気なおばさまって感じでね
昔からホストファミリーとして色々な国の学生さんを受け入れてきたんよ。
その数 合計80人ぐらい。
今は 年もとったということで、長期の受け入れはしよらんのじゃけど。

話を進めるうちに、あれ??ホストマザーってこんなに愚痴っぽかったっけ?と
思い始めた。

とにかく、愚痴、愚痴、愚痴!の連続で(苦笑)
いや、別にうちも愚痴言うこともあるし、聞くことも別に苦じゃないけど
気がつけば 一方的に話を聞き続けること4時間。

どんな愚痴じゃったんかーゆうと

長男がロクでもない女と結婚してすっかりその女に操られてしもうとる、だとか
以前ホストとして受け入れた日本人の女の子がとんでもない軽い女で 
男を取替えひっかえ連れ込み、大学は在籍しとるだけで
全く行かんのに、行っとると平気で嘘をつくだとか

遠い親戚のじいさまの面倒を一時看る羽目になり、そのじいさまが
しょっちゅう 粗相をしては 大のついたシーツを洗わなければならなかった
そして、それは真冬のことじゃったけえ、手がかじかんで寒いこと!
その上、じいさまは感謝の言葉どころか 文句ばかり言うとか

・・・・最後の方は 怒りのあまり もう吠え出した感じでさ
気がついたら ほ、ホストファザーは消えてしもうとった。
あ、ずるーいー!

一対一で 愚痴を何時間も聞くうち、お昼ごはんの時間はとっくに
過ぎ、さすがにお腹がグーグーいうてきた。 

しばらくして ホストマザーは、ふっと我に返り
「あ、もうこんな時間、お腹がすいたでしょ。お昼にしましょ」というと
リフォームしたばかりの日当たりの良くて 広~いキッチンへと
通してくれたんよ。

そして 「今日はね、食いしんぼが来てくれるからと・く・べつ♪
あなたの大好物を作ったのよ!」
と にっこりほほ笑みかけてくれた。

次に ホストファザーを見て 「この人はあなたの好物を覚えてなかったのよ。
でも、私はちゃあ~んと覚えてるんだから~」言って ふふふと笑うなり
特大の冷蔵庫を開けて サランラップのかかった丸いボウルを取り出した。

うちの大好物・・・一体なんじゃろ?!と興味津々でボウルを覗き込むと
そこには ゆで卵を刻んだものをマヨネーズで和えたペーストが入っとった。

それを見た途端 昔の記憶が蘇ってきたわ
ホームステイしとる間にはね、ホストファミリーが毎日 学校へ持っていく
お弁当を作ってくれたんよ。

りんご1個、キットカット、それにハムサンド。
毎日毎日 まーったく同じメニュー
他の生徒さんのお弁当も見たけれど、皆うちと変わらん感じじゃった。

そんな毎日同じメニューに正直 飽きてきたころ
ホストファミリーが この卵ペースト入りのサンドイッチをある日
用意してくれたんじゃ。

お昼になって いつものようにハムサンドにかぶりつこうとした所
中身が卵でさ、えらい感動したんよ。

ほいで、家に帰ってから 「今日のサンドイッチ、おいしかったよーー!」
ゆいて伝えた覚えがあるわ。
それを覚えてくれとったんじゃね。
まあ、すごい記憶力!!
何人も今まで学生さんを受け入れよるのにから 
なかなか1人1人のことを そう覚えちゃおらんよね。ふーむ 感心!

ということで、ホストファミリーの言いよった スペシャルメニューとは
この卵ペーストを使ったサンドイッチのことであった
(カルチャーショック!同じヨーロッパでもポーランドとイギリスは
全然違ったー!! 忘れとった。イギリス人が料理をせんことを)

サンドッチ用のパンは冷凍庫に入っているから、これからチンするわね~と
言い パンを目の前で解凍して、卵をたっぷり挟み
スペシャルランチの出来上がり~い~

それに各々ポテトチップスの入った小袋を手渡された。
これは・・・何じゃろう。
野菜の代わりかしら?

そういや、このポテトチップスのミニ袋、スーパーの入り口で山盛りにされて
売られとんのを見たんよね。
何故にこがぁに小さい袋なん?って不思議に思っとったんじゃけど
謎が解けたような気がした。
こうしてランチの添えつけとして食べたり、子供の弁当に持たせたりするんかな?
実際ホスファミリーの家のキッチンには、このミニサイズのポテチの袋が
多量にあったし。

リビングルームに特製サンドイッチとポテトチップス、それに紅茶を運び
ランチが始まった。

そのランチを食べている間も、ホストマザーは サンドイッチを片手に
ずっと吠え続けており、うちがとっくに食べ終わった後も
手には齧りかけのサンドイッチが しか!と握られておった。
こんなに吠えられると、何か うちが悪いことをしたのかしら?なんて
気にもなってくるww

ま、実際うちが発した言葉といえば
「うん、うん、そりゃ大変ですね。 ええ、ああ、うん、まあ、酷いわ。
ええ、ええ」の繰り返しww

(続く)












別窓 | イギリス旅行 | コメント:4 | | ∧top | under∨
4月になると思ひ出すこと その2
前回からの続きね→ 4月になると思ひ出すこと

息子のポーランドのパスポートが無いという理由で、出国を拒否された
うちら。1人で行くか、それとも今回は諦めて皆で帰るか
迷いに迷って、結局1人で行くことを決めたわ。

使用した航空会社は格安航空会社Wizzerでね、
安い代わりに機内の席は指定とか一切出来んけ 早いもん勝ち。
機内での 軽食や飲み物は有料よ。

ぎりぎりセーフ 機内に飛び込み着席した時 機内放送が聞こえた
「○○さん、○○さん(→旦那と息子の名)、急いで搭乗して下さい。
もうすぐ出発します」と。

空港カウンターでは、3人全員チェックインしとるけえ、フライトアテンダントさんが
旦那と息子が来るのを待っとるんか?!

うちは急いで手をあげて 「先ほど放送されとった○○と○○は うちの旦那と息子
です。ほいで、彼らは来ません!なぜならば、パスポートコントローラーで息子の
パスポートが・・・・」と必死で訴えたところ、フライトアテンドサンは
うちの叫びを遮り 「来るか来ないか、どっちですか?」
ゆーて言うもんじゃけ
うつむいて 「来ません」とだけつぶやいた。
彼は「了解」と言い、足早に去っていった。
ほうよね、彼らには事情なんて関係ないわな・・・

機内でも うちは始終うつむき、ああ、どうして、ああ悔しいとずーっと怒りと悲しさと
悔しさでいっぱいじゃった。

周りを見たら 子連れの家族が多かったけえ、余計 ああ~いいなーという思いが
拭いきれんでね。
やっぱり 行くのやめりゃ良かったかなとすら思うた。

約一時間半後、飛行機は イギリスのルートン空港に到着した。
うちはそこで特大のスーツケースを受け取り(家族三人分の
荷物が全部詰まっとる)

1人で行くと分かっとったら、こがぁに大きいスーツケースなんて
持ってこなかったのに!と思うたわ。
まあ、ベビーカーが無かったのが不幸中の幸いよ。

ホテルに着いてから まずイギリスのホストファミリーに
すぐに 電話をすることにした

ホストファミリー宅へ着いたら、スペシャルディナーをご馳走するわ!
って張り切っておられたけえ、食材の調達もあるし
早めに知らせた方がええと思うてね。

電話をかけると、ホストマザーが出たけえ、 今おかれとる事情を
伝えたら、まあーー!信じられないわっ!と非常に憤りの様子。
それでも、明日は待っているわ、気をつけて来るのよ、大丈夫よ
私達は会えるのを楽しみにしているから♪ と言われて 気持ちが
明るうなった。

電話を切ってから思うた。
いつまでもクヨクヨしとっちゃいかん、この旅を思いきり楽しもうじゃないか!と。
そして 1人でゆっくりお風呂に入ってリラックスした後
しっかり睡眠をとった。

翌日は よく晴れた 気持ちの良い朝じゃった。
うちは 早朝にホテルをチェックアウトすると コベントリーへ向う
長距離バス乗り場へ向った。

バスの中は結構ガラガラでね、約2時間のバス旅だったが なかなか
悪くは無かったわ。

コベントリーからは、ローカルバスへ乗り換えて いよいよホストファミリーの
もとへ向った。

先にホテルに荷物を置かせてもらい、ホテルから ホストファミリー宅へ電話
することにした。

泊まったホテルはもとはお城だったのを改装してホテルにしたという
それはそれは古いホテルでね、入り口はなかなか趣きがあったわ。
古き良きイギリスのお城ホテルか~いいね~と思い
受付に行ったら、まあこの受付の人の感じの悪いことよ!
チェックイン前に荷物を預けに来たんですが・・・と言うと
は?ああ、じゃ、そこに置いておいてと一言言うと、それで終わり。

チェックインするにはまだ早いけえ、部屋の電話は使えんけ
ホテルの電話を貸してもらえませんかと低調に頼んだら
フッ!と冷笑して
 「ホテルの電話は貸せないよ。その辺
出てみたら 公衆電話があると思いますが」ゆーて 言うもんじゃけ
トボトボと公衆電話を探しに行ったわ・・・

運よくすぐに公衆電話は見つかってね、無事ホストファミリーと話すことが
出来、公衆電話ボックスまで ホストマザーが車で迎えに来てくれることに
なった。

手紙こそ14年間欠かさず交換しとったものの、お姿は14年前に見たっきり。
どんな風にお変わりになっとんか、また相手はうちの事すぐ分かるかなと
ドキドキしながら待っとった。

20分ぐらいして 
「食いし~んぼ万歳ー!」という声がして 振り返ると ホストマザーが
笑顔でうちに手を振っており、うちは子犬のやうに 飛びついた

(続く)



別窓 | イギリス旅行 | コメント:0 | | ∧top | under∨
4月になると思ひ出すこと
今日から4月じゃねー。
毎年4月になると思い出すことがあるんじゃ。
この話はぶち個人的なことで、ポーランド生活にゃ関係ないんじゃがね。

うちが初めて海外へ行ったのが16歳の夏、高校のサマープログラムで
イギリス人家庭に2週間ホームステイしたんじゃ。
そこのホストファミリー夫婦がまあようしてくれてねえ。
別れ際に「絶対また会いにくるけえ!」「いつでも待っているわ!」という
やり取りをしたんじゃ。

それから、毎年クリスマスカードだけは欠かさず交換して 近況報告を
し合う仲じゃったんじゃけど、日本とイギリスって遠いけえ、そう簡単に
行けず、10数年の歳月が流れてしもうた。

ほいで、結婚してポーランドに住むことになったけえ、こりゃあええわ!
近いけえ、遊びに行けるじゃん♪と思っとったところ
うちの妊娠が発覚し、やがて子育て等で
再びイギリスの話は流れてしもうたんじゃ。

子が1歳半になったころ、よし、うちの子も歩けるようになったけえ
念願のイギリスに行こうかということになったんよ。

ホストファミリーに話すと、それは喜んでくれたわ。
1泊目は空港近くのホテルを、2泊目はホストファミリーの家の
近くのホテルを、3-4泊目はニューモルデンのホテルを予約したんよ。
ニューモルデンはプチ韓国タウンと聞いてね。
美味しい韓国料理のレストランが沢山あるんと!おまけに
韓国食材も手に入るとのこと、韓国料理が大好きなうちらには
外せんで。

家族3人、わくわくしながら空港でチェックインし、
最後パスポートを見せて機内へ搭乗するとこだけとなったところで
大問題が発生した。

その当時、息子のパスポートは日本のしか持っとらんかったんじゃ。
ポーランドのパスポートは切らしとってね。
ほいでも、パスポートは一つありゃええかと思うとったんよ。

息子が赤ん坊の頃、日本へ行ったが、そん時はポーランドのパスポート
しか持っていかんかったんじゃけど、それでも問題はなかったけぇ。
(基本的には、二重国籍の子供は二つパスポートを持っとかにゃいけん
らしいです。でも一つでも入国拒否されるわけではない)

じゃ、じゃが!パスポートコントロールの職員は
「ポーランド人である限り、ポーランドのパスポートを持っていないの
ならば出国を認めません」
と言うではないの。

ま、まさか?!これは夢?
泣きつくうちらにもう1人の職員さんが同情してくれて、上司を呼んで
かけあってくれることになったんよ。

ほいで、上司が登場 パスポートを見て
「残念ですが、これは無理です」と一言。だめなもんはダメ!とさ。

ショックでその場に崩れ落ちたわ。
悔しゅうて 悔しゅうて・・・自分の無知さが恥ずかしゅうて。
14年ぶりの再会を楽しみにしとったのに。
ホストファミリーはどんなにガッカリするだろう。
どうして?!どうしてよ!と言いながら 思わず涙が滲む。
横を見たら、旦那も悔しい・・・と目を潤ませとった
何も分からん子だけが、1人飛行機を指差しては
「飛行機~♪」とはしゃいどった。

でも泣いても何も変わりゃせんで。
うちらは肩を落としながら、戻ることにした。
既に機内に預けてしまったスーツケースを受け取りに行くために。

そこへ、先ほどの同情してくれた職員さんがうちんところへ駆け寄ってきて
「ねえ、あなた方の1人でも行ったら?今なら間に合うわよ」と
言うてくれた。

すると 旦那がうちの方を向いて 「息子は面倒みるから、君、
行ってきたら?長年の夢だったんだろう?」と言うた。
一瞬心が揺らいだわ。

でも・・・家族3人楽しみにしとった旅行、1人で行っても楽しめるはずがない。
やっぱ止めとく・・・

とぼとぼと帰路に向おうとしたところ、うちのアタマん中に突然
巨大計算機が登場した。

4泊分のホテル、予約済みの長距離バス代、航空券代
全部無駄にするのは、勿体ないじゃないの!
行っても後悔するかもしれんけど、行かんかったら、あー勿体無いと
ますます後悔するかも。
決めた、うち、行くわ!!
職員さんへ かけ寄ると
 「行くなら、走るのよ。あと10分しかないわよ」
と言うんで、猛ダッシュして機内に飛び込んだ。

(続く)


別窓 | イギリス旅行 | コメント:8 | | ∧top | under∨
| 気ままなポーランド暮らし 笑ひを込めて |

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR