ボレスワビエッツ陶器のティーポット
愛用しとった急須が割れた。

teapotbroken.jpg

特にコレといって特徴はないが、非常に気に入っとったんよ。
嫁入り道具として持ってきて7年半、

ある朝ふと見たらひび割れて、上部分が大きく欠けとった。

どうやら夜の間に、棚の上部から何かが落ちて
急須を直撃したらしい。

もうぶちショックでショックで!
でも壊れたもんはしょうがない。
新しいのを買わなければ。

でもここはポーランド、こういうタイプの急須は見たことがない。

和食器もどきを扱っとるお店でも見てみたけど、怪しげな漢字がつらつらと
プリントされとって、非常に購入意欲をそそられん。

色々探したけれど、どれを見てもピンと来るものがない。

ポでよく見かけるタイプのティーポットは、丸くてころんとしたものが多いんよ。
うちはあのコロンタイプがあまり好きじゃなく、スっとしたのが好みなんじゃ。

グダンスクのボレスワビエッツ陶器のお店でも探したけれど、コロンタイプの
ティーポットばかり。

これは来年日本へ帰るまで、この壊れたティーポットを使うしかないわと
思っとったある日、
インターネットでまさしくうちの好みのタイプのティーポットを見つけた。

まさにこんな形のティーポットが欲しかった!
容量は500ml、大きすぎず小さすぎず。
しかも柄は 持ってない柄、これは買うしかないじゃろ。

IMG_35041.jpg

キャー!何て可愛い!
あとは日本でこのポットサイズに合う茶漉しを買えばいいわ。

が!!!!

フタをとってみて驚愕したわ

IMG_35051.jpg

こ、これは茶漉しがセット出来んじゃない。

おまけにフタまでも・・・

IMG_35061.jpg

この手のフタは、お茶を注ぐときにフタに手を添えんでも
落ちにくいという利点があるが、このデコボコがあるんで茶漉しをセットして
フタをすることは不可能じゃ。

しょうがないけえ、家にあった苺のティーバック入れを使って
お茶を淹れてみることにしたわ。

この中に茶葉を入れてと

IMG_35071.jpg


お湯を注いで待つ。

IMG_35081.jpg

注ぎ口は旧急須と違ってこぼれにくく、非常にエエが
この苺ティーバックを使うと、お茶の味が出にくい。

網タイプのものを買うしかないかあ。

それにしてもインターネットショッピングをする時は
気をつけにゃいけんわ。



* おまけ *

市場で買ったお魚 
これ全部でいくらじゃと思う?
何と1PLN!

梅干としょうがを入れて煮て、骨までおいしくいただきました。

IMG_34911.jpg






スポンサーサイト
別窓 | ポーランド陶器 | コメント:8 | | ∧top | under∨
食パン焼くのにピッタリなボレスワビエッツ陶器
我が家には年に数回しか使用せんボレスワビエッツ陶器がある。

それがこちら。
大きめのパウンドケーキを焼くのにぴったりなやつ

IMG_5173.jpg

大きめじゃけえ、よくあるパウンドケーキのレシピ、バター100、粉100、卵2個の量だと
高さが出んけえ、平べったくて悲しい感じになってしまうんよ。
2倍量で作れば解決することなんじゃけど、一つのケーキにバター200gも使うのか・・・
と考えると躊躇してしまい、結局これでパウンドケーキを焼いたことがあるのは
1回か2回のみ。

その陶器、何とか活用出来んものかなあ~
イギリスパンを作ってみるのはどうじゃろ!

1.5斤分の量のレシピで試しに作ってみた。

ちょうどピッタリ!!

IMG_5175.jpg

じゃ、じゃが・・・・・!→いつも一筋縄じゃいかんのがうちの料理、お菓子作り(苦笑)

側面にパンが引っ付いてしもうてから、取り出すのにたいそう時間がかかったわ。
底にクッキングペーパーだけ敷いて、側面にはオリーブオイルを塗っておいたんよ。
これで、すんなり取れるじゃろうと思ったのが間違いじゃった
(パウンドケーキの時はいつもこの方法でしとる)

バリッバリに張り付いてしもうてから、つまようじで隙間をあけようとするものの
上手に出来ん。

ほいで、代わりにたこ焼きひっくり返すやつを使ってみたら
やっとこそ型から外すことが出来た。

ふ~やれやれ

IMG_5174.jpg

というわけで、この陶器で食パンを焼く時はね、側面にもちゃんとクッキングペーパーを
使用することが必須じゃわ。



* おまけ *

平日のお一人様ランチ
ワンプレートで済ますことが多い。
今日は、ご飯、キムチ、さばの味噌煮、ブロッコリーとうずら卵のオイスター炒め

IMG_5176.jpg






別窓 | ポーランド陶器 | コメント:6 | | ∧top | under∨
| 気ままなポーランド暮らし 笑ひを込めて |

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR