トルンでラーメンを食す
前回の続き → ラーメン求めてトルンへ

その日は午後2時からジンジャーブレッド博物館の予約をしとったけえ
いつもより早い時間にお昼をとることにし、13時前にレストランへ

レストランの名前はワビナビ
旧市街地からすぐの ちょっと裏通りにあるんよ。

wabinabi.jpg

店内

misenonaka.jpg

ラーメンを待つ間、からあげや餃子などを注文し、
そしてやって来ました!

担担麺

tantan.jpg

ゴマが濃厚でスープが美味しい!これぞタンタン麺。
上にかかっとる揚げ(焼き?)ニンニクチップも良い感じ。
麺はちょっと太めじゃ。
ポーランド人は太めの麺が好きじゃけえ、ポーランド人にウケるように作られとるんかな。
実際、旦那や旦那の友人らも太麺が好み。
しっかり食べたー!という満足感があるからかしら。

それに、箸が使えん義母らはフォークで巻きつけて食べるけえ、太めの方が食べやすいよね。

旦那の頼んだこってりラーメン

kotteri.jpg

息子のあっさりラーメン 写真撮る前に息子がつついてしもうたが(汗)
日本語の堪能な爽やかポーランド人男性が持って来てくれたわ~

家庭的な味で食べやすかった。

assari.jpg

義両親らは味噌ラーメンを頼んどったわ。

個人的な感想としては、タンタン麺が一番美味しかった。

食後、うちらの丼を覗き込んだ義父が「スープが残ってる!」と言うんよ。

そう、ポーランド人にラーメンを出すと、ほとんどの人が
汁まで全部飲むよね。

これもラーメン=スープだと思っとるけえだと思う。
文化の違いは面白い。

というわけで、ラーメン食べて満足、満足。
異国の地で頑張っていらっしゃる日本人のオーナーさんに会えて
満足満足。

食べ終えて、ゆっくりする暇もなく
今度は予約しとったジンジャーブレッド博物館へ急ぐ!


( 続 )




スポンサーサイト
別窓 | 観光情報 | コメント:4 | | ∧top | under∨
ラーメン求めてトルンへ 
今日、トルンへ行って来たんよ。
日本人の方の経営されとるラーメン屋のラーメンを食べにね。

うちが知っとる限りでは、グダンスクには日本人経営のラーメン屋は無い。
もどきのラーメンは食べられるんじゃけどね。

これが、正直酷いのよ・・・・・。
これを「ラーメン」と思っていただきたくないというレベルのものも。
「ラーメン」とうたいながら、何故か麺が素麺とか(汗)
あと、量が少ない。
これは文化の違いなんじゃろうけど、こちらではラーメン=スープとみなされ、
メインの前に食べるものと考えられとることが多いと思うんよね。

じゃけえか知らんが、すし屋などでラーメンをうたっとる所で頼むと
量が非常に少ない、しかも高い。
それなら、いらん。

ワルシャワでは美味しいラーメンを食べさせてくれる所があるらしいんじゃけど
遠いしなあ・・・

と思っとったところに、友人から日本人経営のラーメン屋が出来たとの情報よ。
その話を聞いて、ラーメン好きの旦那と息子が行くと乗り気でね。
ほいで、義両親とおばさんも一緒に行くわと言い出して、6人総出で行ってきたわ。

行きはポルスキバスで。
去年ポルスキバスでトルンに行ったときは、バスの席を予約出来んかったのに
今は出来るようになっとった。嬉

しかしグダンスクのバスターミナル、レトロ感溢れまくり
電光掲示板とかもないけえ、その辺で適当に待って、来たバスに駆け寄るしかない。
大きい都市なんじゃけえ、何とかして欲しいわあ。

busstation.jpg

去年クラクフのバスターミナルを利用して、その便利さに感激して
余計そう思った・・・

予定では、朝7時半に出発して2時間半後の10時に到着予定が、今日は二時間ほどで
到着した!

トルンへ着いて、トイレを済ませる。
有料で2.5PLN。係りの女の人はおるんじゃけど
トイレの入り口の機械に自分でコインを入れるシステム。
これ、お釣りが出てくるものと思って3PLNいれたら、何も出てこん!
聞いたら、お釣りは出ないとのこと トホホ~ 損した。
まあ、5PLN入れなかっただけで良かったのよ、と気を持ち直す。
日本の無料公衆トイレや駅のトイレの有難みをつくづく感じるわ。

トルンのバスターミナルから旧市街地までは徒歩で10分ぐらいかな。
割とすぐよ。

まず、去年も見たドイツ騎士団城跡を見学し、
旧市庁舎の展望台へ。

階段が急。ちょっとおっかない

toruntower.jpg

上からの眺めは、最高

toruntower1.jpg

人がちっちゃい

toruntower2.jpg

上から見るコペルニクス像 

toruntower3.jpg

美しひ建物

barouq.jpg

トルンの名物、ジンジャーブレッド
街中のいたる所で売られとった。

pier.jpg

それからコペルニクスの家の前を通り、かの有名な斜塔を見て
お昼ごはんの時間になったので、いざラーメン屋へ


( 続 )


別窓 | 観光情報 | コメント:6 | | ∧top | under∨
グディニアにお出かけDAY
5月1日のメーデーはね天気が良かったけえ、どっか遠出でもしようかと
いうことになった。

そんでグディニア近くに、アスレチックパークがあると旦那が言うたけん
そこへ行くことにしたんじゃ。

オリバ動物園へ行く道を通って行くはずが、道路がものすごい渋滞しとる!
ちいとも動きやせんけえ、回り道をして行く事にした。

家を出て1時間ぐらいして、到着したものの
あれ、随分静かだこと。車も全然停まっとらん。

よーく近づいて見ると、オープンしとるのは日曜日のみなんじゃて(号泣)
ああ~ちゃんと調べて行けばよかった。
旦那に任せきりにして全然HPなど確認しとらんかった自分にもイライラ。

お出かけする気、満々だったのに、どうする!?

せっかくグディニアに来たけぇ、船を見に行こうか、と旦那が提案した。
乗り物好きな息子は、船見に行く!と大興奮

というわけで、車を走らせること30分弱、ここも車で混み混みじゃが
何とか駐車場を見つけて車を停める事が出来た。

船の博物館に向かって歩いとると、人だかりが出来とって
ちょうど何かアナウンスしとる所じゃった。


何でも、駆逐艦 ORP Błyskawica号が本日に限り無料なんと。
スープも無料配布しとるとか。

実はこのミュージアムに入るのは初めて。
今まで何度も前を通ったことはあったがね、また今度行こうと
先延ばしになっとった。

こりゃ良い機会じゃわ!と列に並ぶ

gyoretsu.png

一度に乗船できる人の数は限られとるけえね、辛抱強く待ちますわ

gyoretsu1.png

船内はミュージアムになっとって、第二次世界大戦で使われたものや
写真、色々な船の模型などがあった。


plamode.png



dougu.png


kokki.png


senki.png


naka.png

見るものが沢山あって、充実しとったわ。

船を出た後、スープにありつこうと思ったら、残念ながらもう配布は終了しとった。

続いて、隣の帆船 Dar Pomorzaへ。

こちらは無料開放しとらんかったため、チケットを購入する。

大人一枚 8PLN
7歳以下の子どもは無料

dar.png

船内は、普通の船といった感じかな。
ベッドがあり、キャプテンの部屋やソファー席、キッチンなどがあった。

ただ!赤ちゃん、2歳ぐらいの幼児を連れて入るのはかなり厳しいかもしれん。
というのも、船内の階段がぶち急なんよ。

親が抱っこして登ったり降りたりするのも危なさそう。
抱っこ紐でちゃんと固定されとったら大丈夫じゃと思うけど。

ミュージアムを出たのが午後2時すぎ、ここいらでお昼ご飯を
食べようかと思ったが、どこもすごい人じゃけえ
車でどっか他のレストランへ行くところにした。

車を停めて、レストランが多くあるメインストリートを歩くものの
どこもいっぱいで入れん(涙)

洒落たイタリアン、ベトナム料理、ナレシニキ(ポーランド風クレープ)専門店、、、
これまた5軒ぐらい回ったが、全部予約してないと無理ですと断わられた。
トホホ

お腹はペコペコ、息子の機嫌も悪くなる。

ポーランド人は、基本的にあまり外食をする文化がない、
週末は家族で家で食べると言われとるが
最近は変わりつつあるんだと思う。

旧市街地や観光地付近のレストランがいっぱいなのは分かるけどさ。

いわゆる観光地からちょっと離れたこんな所までいっぱいだとは。
週末ぐらい料理をしたくないけえ外食しようや!って人が増えてきたんかな。

うちも週末は料理する気が失せるけえ。分かるわ。

唯一開いとる所を見つけたが、そこはSUSHIバー
スシはあまり好んで食べん旦那はそこは嫌じゃと言うけえ
更に探すと、ハンバーガー屋があった→ Grill Way

昨日もポテトとチキンだったけえ、ファーストフードはもうええわ・・・・って
気分だったんじゃけど、空いとる所がどこも無いけえ仕方ないわな。

レンガが素敵な店内

burgerten.png


旦那の頼んだダブルバーガー 23PLN

burger1.png

うちの頼んだチキンサラダ ベイクドポテト添え
ポテトには好きなソースが選べる。
ニンニクにした。

chickenset.png

は~お腹がいっぱいになったところで、今度は別腹を稼働させよう。
アイスを食べに・・・
脂肪のことは考えるまいw

アスレチックパークが閉まっとったのは残念じゃったが、楽しい一日となった。


* おまけ *

いらっしゃいませ!ヨーグルト試食販売やっております。

neko jogurt




別窓 | 観光情報 | コメント:4 | | ∧top | under∨
第二次世界大戦ミュージアム-Muzeum II Wojny Światowej その2
昨日の続きでその2に参ります。

プリントアウトしたA4サイズのチケットを持って、時間ぴったりに入場した。
チケットに明記されとる情報によると、見学時間の目安は4時間らしい。

入ってすぐ左は子どもが入ってもいいエリアじゃった。

昔の学校の教室

gakko.png

続いて一般庶民の家を、戦前、戦争中、戦後の3パターンで再現したもの

こちらが入り口

iriguchi.png

物資不足になってきた頃紅茶代わりに飲まれとったらしい

tonga.png

これにて子ども用のエリアは終了。

大人用のエリアに向かう。

まずは、第一次大戦が起こった経過等を大きなスクリーンで見られる所がある。

それから先は、一つ一つ説明しよったら、ものすごーーく長くなるので
簡潔に言うと

戦時中のスローガンの入ったポスターの展示があり

世界大戦が世界各国でどのように始まったのかなど
詳しく展示されたコーナーがあり、

日本軍についてのエリアもあり (日本刀の展示も)
満州についてのVTRや展示された説明文には思わず目を背けたくなるような
ものも正直あった。

でもこれが事実・・・・

nihongun.png

ナチスドイツのコーナーもあり(本物のナチスの国旗もあり)

こんなものまで!驚

doitsu.png

戦時中のオモチャ

omochami.png


1918年にポーランドが独立した後の街の様子を再現したもの

広島のみろくの里 「いつか来た道」を思いおこさせるわ

imakita.png

昔のたばこ

tabako.png

それにしても展示物の多さにほんまに驚いた!
こんな大規模な博物館に入ったのは初めてじゃ。
最初はゆっくり見よったが、とてもじゃないけど全部見てまわるのは
不可能じゃないかと思い始めた。

難しい英語が使われとるけえ、うちの英語力ではついていけんで
全体的に読んで推測しようと 考えよるとますます時間がかかり・・・
スマホで意味を確認しようと思うものの、ここは地下3階 電波が入らず。

個人的に印象深かったものは、カチンの森の大虐殺(映画にもなっとる)や
強制収容所についての展示物と
世界各国の生き残った人や遺族の証言VTRなどじゃったねえ。

とにかく沢山あるので、後半の方は見るのを諦めた。
この時点でもう4時間近く経過しとったし・・・

戦後の様子

sengo.png

戦後の広島

n,hirosshima

この展示物と説明文やVTRを全部見たら確実に6時間はかかると思う。

博物館を見た感想をうちなりに書こうと思って、書いては消し、
書いては消しで、結局 止めた。

是非、自身の目で確かめてもらったらなと思うわ。
色々と考えさせられた。

今ここにいることが奇跡なんだってこと、毎日をもっと大切に
生きにゃいけんって心からそう思った。

今度平日に1人でゆっくりと訪れるつもりじゃ。
飲み物と電子辞書を持参してね。




別窓 | 観光情報 | コメント:6 | | ∧top | under∨
第二次世界大戦ミュージアム-Muzeum II Wojny Światowej その1
4月ももう後半なのに、今朝雪がちらついて驚いた食いしんぼ万歳です。
どうも こんばんは。

今日はね、先月23日にグダンスクに新しくオープンした
第二次世界大戦ミュージアムに行ってきたんよ。

オープンする前から、何かと地元住民の間で噂になっとった
このミュージアム、ほんまは4月の始めの日曜日にでも行く予定だったのに
チケットが買えんでねえ。
ようやく買えたけえ行ってきたんよ。

ここが想像以上に、ほんまに良かった。
色々と考えさせられるミュージアムじゃったよ。

学校の歴史の時間で習った、日本人の視点から見た戦争、ではなく
違った視点で見られて、興味深かった。

グダンスクへ訪れる方は、もう是非、是非とも行っていただきたいと思うわ。

注意することがあってね、ここのミュージアムは、入場人数制限があるけえ
誰でも行って、いつでも入れるわけじゃない。

チケットを買う方法は2つあってね、
一番良いのがインターネットで買う方法 → HP
ここから買ってオンラインで支払いも済ませる。

開館時間は10時から19時で、予約出来る時間帯は
10時から13時、13時から15時、15時から17時の3つから
選ぶことになっとる。
オンラインで販売しとる数は、それぞれの時間帯につき300枚

土日はいっぱいのことが多く、今見てみたところ
来週の土日は どの時間帯も完売しとる。
これはまあオープンしたてじゃけえ、ゆうこともあるかもね。

オンラインで予約がとれんかったら 当日受付へ行って買うことも出来るんじゃ。
受付で販売しとる数は200枚なんと。

本日の12時45分時点で 本日分は既に完売

counter.png

チケットオフィスは9時半から開いとるけえ、手に入れたいなら
朝早めに行くのがベストだと思われる!

チケットオフィスは当日券でなくても、
他の日のものを予約することも出来るらしいわ。

広い駐車場も完備しとります。
ミュージアムの見学者は3時間まで駐車料金は無料
(火曜日は無料開放デーなので、駐車料金は1時間ごとに5PLN要)
3時間以上の場合は 毎時間ごとに5PLN払う必要があるよ。

3時間も無料なんて、余裕じゃろ!と思っとったところ
想像以上に広くて、とても良かったので 実際は4時間以上滞在したんじゃがね。

ミュージアムのルールとしては、館内には子どもが入れるエリアがあり
12歳以下の子どもはそこへは入場はOKじゃが、その他の大人用エリアは
ダメだと、規定ではそうなっとったが
実際、子連れが ようけおってね。

結構ショッキングな映像も多かったんじゃけど(銃で撃ち殺すシーンや山積みになった
死体や死体を運ぶシーンなど)親たちは気に留めず 子どもにも見せよったし、
学芸員の人も、小さい子供を見ても気に留めてもなかった。

ベビーカーの人もちらほらおったしね。
その様子を見て、うちの息子も大人用のエリアに入ったわ。

エントランス付近の様子。
とにかく、広い!

inside.png

大人5人、子ども1人で行って、交代で息子をみることにし、いざ中へ!


(長くなりそうなので続く)




別窓 | 観光情報 | コメント:0 | | ∧top | under∨
| 気ままなポーランド暮らし 笑ひを込めて | NEXT

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR