グダンスクにも日本庭園が
ただいま施行中なんじゃけど、グダンスクのオリバ公園に日本庭園が出来るらしい。
桜の苗も植えとるらしいけえ、ポーランドでお弁当持参で花見をするのも夢でない?!
楽しみじゃ~

IMG_0506.jpg

IMG_0505.jpg

IMG_0507.jpg

IMG_0504.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 観光情報 | コメント:0 | | ∧top | under∨
10月にオープンした新しい博物館 1
グダンスク出身の有名なポーランド人を一名挙げよと言われたら何とお答えになる?
大抵のお方は「レフ・ワレサ」と答えるんじゃないかね。

うちがポーランド人と結婚するゆーて親や親族に言うた時はそりゃーまあ驚かれたんじゃが
「ポーランド人ゆうたらあれよワレサ委員長じゃな!」ゆーて
嬉々と父がピースサインをするじゃない。
ポーランドという国は日本人にとってあまり馴染みのない国だと思うんじゃけど、
ワレサさんの存在はうちの両親の世代によく知られとるんかな。
1981年に来日したことで、よく知られるようになったんかもしれんねえ。
ネットで調べたら、ワレサさんの来日により一時「ワレサ・フィーバー」がおこったらしい。

うち自身は、ポーランド人と知り合うまで「連帯って何ぞや?ワレサさんってどちら様?」
って感じじゃった(恥)
簡単に・・・レフ・ワレサ氏は1967年からグダンスク造船所にて電気技師として働きよった
んじゃけど、その粗悪な労働環境に耐えかねて、仲間とともにストライキをしたんよ。
その後1980年 ポーランドで初となる労働組合「連帯」を結成し、指導者として活躍して
社会体制は崩壊、ポーランドを自由への道に導いたお方なんよ。
一言で言やあ大物って感じかね?
簡単にまとめ過ぎじゃあな(苦笑)
何と素晴らしいリーダー、妊娠中子どもが男の子じゃったら、名前はLechにしよう!
って一人張り切っておったんじゃけど、Lechはポーランドで有名なビールの名前と同じ

17445[1]

それにより「子ども名前はレフにしようと思う」ゆーたら周りに
「ビール好きなん?」って言われてしまう始末・・・・
旦那にも反対され、諦めざるを得んかった。考えてみりゃ、レフって割と珍しい名前のようで
ワレサさん以外に「レフ」っていう名前のお方に会ったことはないんよ。
うちゃあええ名前だと思うんじゃけどね~短くてカッコイイ響き。

前置きが長くなったんじゃけど、2014年10月にグダンスクの中央駅の割と近くに
連帯に関する新しい博物館がオープンしたんよ。
その名もEuropejskie Centrum Solidarności頭文字をとって通称ECSとも呼ばれとる。
オープン前の9月は入場料無料になるということで(通常は大人17PLN)旦那と
親戚のおばさんと共に行ってみた。

IMG_0482.jpg

入ってすぐ右側にコインロッカーが有るよ。お金は後で返却されるタイプのものね

IMG_0481.jpg

エスカレーターで2階へ上がります

IMG_0488.jpg

最初の展示室は当時の造船所の職場を忠実に再現してあったわ。
天井には、ヘルメットがずらり。
これは当時造船所で働いとった人が使用しとったもんなのか
はたまたレプリカかどうかは分からん。でもヘルメットにちゃんと明記されとって
古げなかったけん、本物じゃないかなあ・・・どうじゃろ。謎

IMG_0483.jpg

長くなりそうなけん、その2に続く



別窓 | 観光情報 | コメント:2 | | ∧top | under∨
車のコレクション
現在3歳2ヶ月の息子は、言うまでも無く乗り物が大好きなんよ。
不思議じゃわ、7ヶ月の頃かね、教えもせんのにトラムとか電車を見るとウーとか言いながら
手足をバタバタさせて喜びだしたけえね。
男の子=乗り物好きは遺伝子に組み込まれとるんかね?って思ったわ。

というわけで、元「男の子」だった旦那は息子にとって良い遊び相手。
旦那が小さい頃、1980年代のポーランドはとにかくモノが無くてね、おもちゃなんてのも
なかなか手に入らんかったらしい。

ノミの市とかに行って、じいちゃんにお古のミニカーを買ってもらったり
クリスマスには旦那父がこっそり手に入れたドルでレゴのセットを貰ったりしたんと。
(道で怪しげな人がこっそり「ドル要らんかね?」ゆうて売っとったらしい。警察に見つかりゃ
ムショ行きよ。おもちゃ一つ買うのもおおごとじゃわ・・・)
あの頃はそりゃ不便な時代だったそうじゃが、貴重なおもちゃやお菓子を手に入れた時の
喜びといったらまあ、なかったそうな。

旦那が小さい頃に買ってもらったミニカー、今も大事にとってあるんよ。
これは息子&旦那のミニカーのコレクション
手前から四列は旦那が小さい頃に集めたもの。

IMG_0474.jpg

手にとって見りゃあ昔のミニカーの方がメタル製でしっかりした造りをしとるんよ。
特にお気に入りはこれ。タイヤが一つ無くなってしもうとるんじゃけど。
お馴染みドイツのSIKU社の消防車。メタル製でずっしり重く、細部にまでこだわっとるんよ。

IMG_0477.jpg

車体の後ろには「西ドイツ製」と明記してあるのが、また時代を感じるじゃろ。

IMG_0476.jpg

それから、最近ノミの市で見つけてうちが一目ぼれして買ってしまったのがこちら。

IMG_0475.jpg

フランス製のもので、これも結構年期が入っとるげなよ。お値段たったの5PLNだったわ。
買った当初はギーギーいよったんじゃけど、油をさしたらスムーズに動くようになったわ。
うちとしては新しいミニカーを買うより、ノミの市に行って古げなんを探すほうがええ。
こういう味のあるおもちゃで、孫の世代まで遊んでくれりゃええな。





別窓 | 子育て | コメント:4 | | ∧top | under∨
| 気ままなポーランド暮らし 笑ひを込めて |

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR