新鮮な海の幸を求めて
うちが住んどる町は海沿いのグダンスク。
ここへ来るまでは、海沿い=新鮮な海の幸がワンサカ♪♪というイメージが
あったんじゃけど、悲しいかな、実際はそうでもないんよ・・・。
まず、海老やイカ、タコ等シーフードがなかなか手に入らん。だいたい
ポーランド人食べんけえね・・・・高価なこともあるし。
食べたければ冷凍のを買っとるよ。

じゃあ、魚はいうたら、市場に行けば釣りたてピチピチと思われるカレイやニシンは
いつでも手に入るんよ。他にはタラ、オヒョウ(カラスガレイみたいなの)、サーモン
鯉、マス、などなど。
この中でうちが好きなのはサーモンとタラ、オヒョウぐらいかねえ。
そのサーモンも、見るからにあんまり新鮮そうじゃない。
焼いて食べるにはええけど、生食は怖くて出来んのよね。
ほいでも、生のサーモンが食べられたらええのになーとずっと願っとったところ、
ネットでGADUSという魚の会社があると偶然見つけたんよ。
新鮮な魚がウリらしく、店内や看板の様子もギリシャをイメージしたような色で
これまでの魚売り場とはガラっと違ったイメージがあったわ。
ポーランドの魚売り場=魚臭い、鮮度の落ちたもんも結構平気で売っとる、売り場の
床がベタベタしとって清潔感に欠ける、というイメージじゃったんだけど。

ここへ行きゃあ寿司に出来る生のサーモンが手に入るかも!と期待を込めて
早速昨日歩いて行ってきたわ。
自宅からはちと遠いが、運動のためにもちょうど良かろうということでね。

IMG_0775.jpg

店内の様子。魚を使ったお惣菜がずらりっ!どれも美味しそう。
ギリシャ風トマトソースのタラ、魚のメンチカツ、マスとタラのピエロギもあったわ。
魚のピエロギなんて初めて見たわ。


IMG_0779.jpg

お惣菜コーナーの反対側には、缶詰類、寿司を作るのに必要な材料などが
並んどったわ。

さて、お目当ての生のサーモンはあったわ。艶やかで美味しそう。
購入前に一応「生で食べてもええぐらい新鮮なんじゃろうか?」と聞いたら
「もちろんよ!」とのことだったので、300gほど購入してみたわ。
皮付きだとキロ45PLNぐらいだったかな。皮が取ってあるものだとキロ
58PLNと高いんじゃけど、そっちの方が生食に向いとるげじゃったけん
皮無しを購入。

この塊で約17PLNなり。牛のステーキ以上に高い・・・・

IMG_0776.jpg

さあ、これで早速巻き寿司を作ったわ。
サーモン太巻きに裏巻き、旦那が生の魚を嫌がるんで
ツナサラダ巻きと鶏のからあげ巻きも。

IMG_0777.jpg

本日の夕食は、巻き寿司3種にインゲンの胡麻和え、味噌汁、から揚げの残りに
じゃが芋とブロッコリーのマスタード醤油炒め。

IMG_0778.jpg

うち一人なら、巻き寿司と味噌汁、ごま和えで充分なんじゃけどね・・・
旦那にとっては、寿司=スナック感覚らしいけえ、寿司がメインだとがっかり
するんよね(怒)
ってなわけで、ポーランド人旦那のためにお腹に溜まりそうなじゃが芋料理も。

で、お味の方はと言いますと・・・うまいっ!生のサーモンはやっぱり美味。
お寿司にしても、まだまだ余るぐらいの量があったけん、残りはお刺身で
戴いたわ。今までは生魚が食べたけりゃ寿司屋へ行きよったけど
これからは、生サーモンを買って家で作るほうがええわ。
酢飯の味も自分好みに出来るし、家で作った方が財布にも優しいしね。

HPによると、このGADUS-Delikatesy Rybneは、グダンスクに4店舗
グディニアにも5店舗あるよ。他にもワルシャワにも3店舗、
Rumia、Wejherowoにも1店舗ずつあるので、
お近くの方は是非行ってみて下さいな。


スポンサーサイト
別窓 | | コメント:4 | | ∧top | under∨
息子の日本語を伸ばすために 
息子現在3歳4ヶ月。
毎週末をポーランドのじじばばと過ごし、幼稚園に行くようになってから、
更にポーランド語力が伸びて、今のところポーランド語6に対して
日本語は4ぐらい。

うちが話すことは完璧に理解しとるんだけど、ポ語で返事が返ってくることも。
バイリンガル教育をするには、とにかく片方の親がこの言葉で話すと決めたら、それを
貫くこと!と聞いとったんで、ポ語で話かけられた時「え、何て言ったん?分からんけ
日本語で話してえや」って言うと、一生懸命考えて、日本語で話し始めることもあるん
じゃけどね。いそがしゅうて、毎回毎回言っとられんで、ポーランド語で「あれ、取って」
とか「今日のお弁当何?」とか聞かれたとき、日本語で答えてしまうこともあり。


そんな息子、日本語とポーランド語をミックスさせて話すことも多いんよ。
例えば「あのマルトキのヤブシュコ食べたい」とか (あの小さい林檎が食べたい)
オリジナル語を作って、私ら夫婦を関心させることも。
例えば sklep z zabawkami (スクレップ ズ ザバフカミ - おもちゃ屋)を
sklep z omochami と、言ったり(ザバフカミをオモチャミと!うまい!)
「話す」という動詞をポーランド語の動詞流にアレンジして hanasować
(ポーランド語の動詞には語尾にowaćがつくものが有るんよ)と言ったり。

関心しとる場合じゃのうて、これはマズい・・・。早いこと、手を打っとかんとね。

そんな時、うちが日本語のレッスンで使用しとる絵カード類に興味を持ち始めた様子。 
これは名詞カード

IMG_0748.jpg

色鉛筆で塗って、目をひきやすくしたということもあり「これは何?」と興味津々。
よしよし、これで語力をアップじゃ!
しかし・・・単純にモノや場所が描いてあるだけのカードはやがて飽きてしまった模様。

そこで、今度は動詞・形容詞カード登場。まず動詞

IMG_0749.jpg

続いて形容詞

IMG_0750.jpg

これなら、人の表情とかもあるし、「これは何をしてるの?」「これはね・・・」といった風に
会話も広がりなかなかエエよ。
途中で頭髪を描くのが面倒になって、ハゲちゃびんなのは許しておくれやす・・・。

しかし形容詞ってなかなか絵にするのは難しい。
例えば苦労したのがこれ。これ何に見える?

IMG_0751.jpg

「見つめ合う二人、そして夢と愛、やがて二人は・・」じゃないよ。
そんなドロドロしたイメージを持たせん為にあえて、
男子にキャップを被せてみたんじゃけえ。イ形容詞よ。分かった人はおるかな?

じゃ、これでどうかね?こうすりゃ分かるじゃろう。

IMG_0752.jpg

答えは「近い」でしたー!レッスン中にした時も、最初にこの男女のカードを見せたとき
学生たちの反応はやっぱり「???」だったんじゃけど、反対の言葉を見せたら
分かった模様。

さて、この動詞・形容詞カードで充分遊んだ息子は、やがてこれにも飽きてきたよう。
そこで登場したのが、会話促進カード(自称)

IMG_0753.jpg

個人レッスンや少人数の生徒さんのレッスンにお勧めで、
「女の人は何故傘をさしていますか?」「雨が降っているからです」のように
会話の練習にええよ。
これが息子に大ヒット!ごちゃごちゃ描いたのが良かったんかね。
今回は手を抜かずに頭髪も描いたし(笑)

うち「女の人何で家に入らんのじゃ思う?」
息子「鍵がないから」
うち「そうじゃね。鍵、どうして無いんかね」
息子「どこかに忘れたんかな」
うち「ほら、この女の人の鞄を見てみんさい」
息子「あ、穴が開いてる!落としたんかな?」
・・・・・というように、会話がよりいっそう広がるんよね。
それでもって、息子はこれが大好きで、机の上に置いてあるのを見たら
「カード、やろう~!」って嬉しそうに持ってくるんよ。

難点は、これひとつ描いて塗るのに結構時間がかかること。
名詞・動詞・形容詞はちゃちゃっと描きゃよかったけど、会話促進カードは
今のところバリエーションが10ぐらいしか無いけえ、飽きてくるのは
目に見えとるわ。
何にしようかな。レッスンにも使えて息子にもウケがいいもの・・・






別窓 | 日本語あれこれ | コメント:8 | | ∧top | under∨
特大ハンバーガー屋 
1年か、それ以上前のことなんじゃけど、Zielony Rynek(緑の市場)のすぐ近くに
Burger Maniaというハンバーガー専門店が出来たんよ。

一度行ってみようかとメニューを覗いてみたところ、一番安いハンバーガーでも
1個15PLNもするんよ。ハンバーガーごときに15PLN?そ
れじゃー他のもん食べた方がええわと特に気も留めとかんかったんよ。
うちと同じ考えの人も多かったみたいで、開店当事は人が全然入っとる感じはなくて
「こりゃー近いうちにつぶれるかも」と思っていたところ、
ある日帰宅するなり旦那が「あのハンバーガー屋の店でバーガー食べとる人
見たんじゃけど、ものすごい大きかったわ。ほんで、ばり旨そうだった!」と
興奮気味に話すもんじゃけえ、早速行ってみようではないの!と行くことにしたわ。

*ちなみにこれらの写真は9月に行った時のもの。

IMG_0161.jpg

店内の様子。注文を受けたそばから、ハンバーガーを客の目の前で焼いてくれる。

IMG_0732.jpg

1個15PLNのは基本のバーガーで、ビーフ100%ハンバーグ、チーズ、玉ねぎ、レタスに
トマト、それから好きなソースをつけることが出来るよ。
うちが選んだのはハニー・マスタードソース。
更に5PLNプラスすりゃ、ポテトと飲み物付きになるんよ。メニューにはコーラやスプライト
などの缶の飲み物ゆーて書いてあったけど、「水でもいいんかね?」ってダメもとで
聞いてみたら、水でもOKとのことで、うちはミネラルウォーターのペットボトルにしたわ。
夏行ったときは、パンの種類は選べんかったんだけど、今はごま・ライ麦・グラハムなど
パンの種類も選べるらしいわ。

店内には、カウンタースタイルの椅子が4つか5つしかなくて、狭いけえ
持ち帰りする人がほとんどのよう。
夏は外で食べよる人もチラホラ見かけたわ。これがエエ宣伝効果になって
この店にとっては良かったらしい。
「なになに?!あの人が食べよるバーガーすんごい巨大なんだけど!」
「こりゃ、うちらも一度食べてみんとー」ゆー考えになったかと思われる。
うちらが入店して、出来上がるのを待っとるその傍から次から次へと
お客さんがやって来るんよ。この日はうちらも持ち帰りにしたわ。

ハンバーガーにかぶりつく息子。
この写真からは、その大きさは伝わってこんで小さく見えるんじゃけど・・
実際は、そりゃーボリュームがあるんよ。ポテトとセットにしたら
よう食べらんぐらいの大きさよ。

IMG_0734.jpg

このバーガーとポテトと飲み物で20PLNなら、マクドナルド行くのと大して変わらん。
その上、当然のことながらこちらの方が美味しい。
何が美味しいて、中のハンバーグもさることながら、このパンよ!
自家製なんかなあ。外は固く中はふんわりで、噛みごたえがあるんよね。

市販のパック詰めのハンバーガー用のパンと言ったらさ・・・
やたら日持ちするのが怪しいよねって表示見たら添加物がワンサカ入っとる
という・・・そんだけ入れりゃ、腐らんじゃろ。
とはいえ、たまにうちも買うことあるよ。どうしても家でハンバーガーが食べたく
なったら。で、食べてみりゃ甘いんよね。パンはやっぱり塩味がきいとらんと。
その点、このハンバーガー屋のパンの美味しいこと。
普通のパン屋さんでも、こういうパンは見たことないわ。どこで仕入れとるんかなあ。
また食べたくなってきたわ・・・・



別窓 | 外食・レストラン | コメント:2 | | ∧top | under∨
一足お先に・・・ 脂の木曜日
今週木曜日は、ポーランド語で「Tłusty Czwartek」
日本語では「脂の木曜日」と言われとって、四旬節直前の木曜日に
脂っこいポーランドドーナツ”ポンチュキ”や”ファボルキ”ゆう
揚げ菓子を多量に食べる日なんよ。

ポンチュキはパン屋やお菓子屋に行けば、年中食べられるポピュラーなドーナツ
なんじゃけど、ファボルキが店頭に並ぶのはこの時期とイースターの時ぐらい。
じゃけ~、2月になってファボルキをパン屋で見かけるようになると
おお、そういやもうすぐ脂の木曜日かあ~ファボルキ、買っとかにゃねと
いう気になるんよね。

ファボルキはサクサクした口当たりでね、口に入れて噛んだ途端にサクサクホロっと
崩れるのが当たりのファボルキじゃね。スーパーでもパック詰めのが売られとるん
じゃけど、食べ比べた結果、やっぱりパン屋で買うのが一番じゃ。
それもいつも人で混み合っとるような、人気のとこね。
というのも、このファボルキは湿気てしまやあ終わり。全然美味しゅうないんで
出来るだけ、フレッシュなんを買うのがええよ。

脂の木曜日になるまで待てず、パン屋で1キロ40PLNのを150gほどを買ってみたわ。

IMG_0709.jpg

手作りらしく、形がばらばらなのが味があってまたええわ。
サクホロで美味しかったわ。甘うないけん、いくらでも食べれてしまうのが怖いところ。
断面を見てみると、パイのように層になっとるんよ。
といっても、パイのようにギトギトしとらんで軽い風味。

IMG_0708.jpg

揚げとるのに、ギトギトしとらんとサクホロなんはね、生地にウォッカを使用しとるけえって
ことと、全卵を使うんじゃのうて卵黄のみを使用しとるってことかね。
ほら、クッキー作るときでも卵黄のみ使用した方がよりサクサクして口溶けがええじゃろ。
材料はいたってシンプルで、小麦粉、ふくらし粉、卵黄、サワークリーム、砂糖と塩を少々。
レシピによっては、バターを少々生地に入れるんもあるみたい。
よう混ぜて、生地を寝かせたらファボルキの形に整形してラードか植物油で揚げるだけ。
仕上げには粉砂糖を振りかける。

ファボルキ大好きなんじゃけど、どうしてもわざわざ作ろうって気にはならんのよね。
ウォッカも飲まんしサワークリームも残りは使わずゴミ箱行きになるのが目にみえとるし
買ったほうが早いし安く済むわ!と。

さて、あさっての「脂の木曜日」には、ポンチュキ何個食べようかな。
毎年2個は食べとるよ。一度だったか3個食べた年があって、翌日すごい胃がもたれた
けん、もう3個は無理な年じゃ(苦笑)
在ポの皆さんはいくつポンチュキを食べるんじゃろうか~






別窓 | | コメント:4 | | ∧top | under∨
石頭火鍋
今週末は天気が荒れに荒れて、強風と吹雪で寒いことったら。
気温はー1度や0度とそんなに」寒うはないんじゃけど、この強風のせいで
-8度以上に感じられたわ。

そんな寒ーい冬の必須の食べ物ゆうたら、やっぱり鍋じゃろ。
ポーランドへ引っ越す前に、船便でかさ張る荷物なんかをあらかじめ送っておいたん
じゃけど、その中に入れておいたのは土鍋よ。外せんアイテムじゃね。
一番好きな鍋は何?と聞かれたら、何とお答えになる?
うちは迷わず「すき焼き」かな。糸こんが多量に入っとるんじゃないと嫌よ。
冷たい生卵も絶対欠かせんとこ。キムチ鍋も好きじゃけど、すき焼きにはかなわん。

うちと結婚してから、初めて鍋を食べた旦那も、鍋がすっかりお気に入りになったんよ。
色々鍋を作ったけど、彼の一番のお気に入りは中華スープベースの味のもん。
一番好きな鍋は餃子鍋らしい。その他にも、坦々鍋も好きなんと。これも
中華スープベースよね。

前回 「海外居住者必須の電化製品」の記事で
「薄切り肉を使って驚異的に美味い鍋を作った」ゆうて書いたじゃろ。
今日は、その鍋について書こうと思うわ。

この鍋を作ることになったキッカケはある有名ブロガーさんのブログ。
長年愛読しとるんだけど、その方のブログに、石頭火鍋という台湾で人気の鍋があり、
そりゃあもう美味しいと書かれてあったんよ。
何とも美味そげな写真と記事でね~、機会があれば絶対食べたいなあと
思いつつ、そのままになっとった。家庭ではなかなか出せない味とのこと。
台湾まで行かにゃ本格的なんは食べられんのかと諦めたんじゃ。

それから数年経った最近のこと、彼女のブログで家庭では再現出来んと思っとった
あの石頭鍋が家庭でも作れるとて、動画がアップされとったんよ。
それを朝見たもんじゃけえ、もう食べとうて食べとうて!早速買出しに行ったわ。
まず、使う牛肉の部位はAntrykot( リブロース)。すき焼きなんかに最適で
柔らかくて美味しい部分じゃね。
それから、白菜、豆腐に、長ネギ、にんにく等も購入。

この鍋の作り方を簡単に言うと、大量のごま油で玉ねぎと、みじん切り
にんにく、薄切り牛肉を炒めてそこに白菜も投入し、中華スープを入れて
煮込む。エノキや豆腐や青菜も追加で入れる。
よく煮えたら、つけダレにつけて食べる。
シンプルなんだけど、これがもうブログで紹介されている通り
驚異的に旨かったわ・・・・。夫婦そろって食べながら
「美味しい~!おいしいい」を連発。ナンバーワン鍋決定じゃわ。

つけダレには生卵を使うらしいんだけど、生のままで食べるのには抵抗が
あったけん(ポーランド人は基本生で卵は食べん。生の牛肉に生の卵黄を
乗せて食べる料理はあるんだけど、あまりポピュラーじゃなさそう)
温泉卵風にして食べることにしたわ。
しかし温泉卵って難しい。ちょっと油断したらすぐ火が通りすぎてしまう
この日もそうだった・・・・

IMG_0702.jpg

つけダレはちょっとアレンジして、温泉卵に醤油、酢をほんの数滴、砂糖を少し
ラー油、白ねぎのみじん切りに生にんにくのみじん切りをたっぷりと入れて
作ってみたわ。

正直、生のにんにくを食べたことなくて、生で食すってことに少々抵抗が
あったんじゃけど、これがまたすごーい良い味出しとんよ。
むしろ、この生にんにくがなけりゃ、これほど美味しくないかも。
ごま油とにんにくの香りがたまらんこの鍋。
見た目は地味なんじゃけど、ものすごく美味しいよ。
ご飯がすすむこと、すすむこと。
使うスープじゃけど、前回自家製ラーメン作りの記事で紹介した中華スープを
使ってみたわ。中華スープの素を利用しても充分美味しそう。

IMG_0701.jpg

あまりにも美味しかったけん、翌日も同じ鍋にラーメンや餅等を入れて食べたんじゃけど
不思議なことに、1日目ほど美味しゅうなかったわ・・・。旦那も同意見。
いや、美味しいんよ、充分。だけど1日目ほどじゃない。
2日目じゃけん、ごま油やにんにくの香りが飛んでしもうたんかね。
とうことじゃけえ、鍋のシメにラーメン等入れて食べたい人は
お腹が張り裂けるの覚悟で、無理しても1日目に食べんさい!


 
別窓 | 料理 | コメント:4 | | ∧top | under∨
幼稚園のカーニバルイベント 当日 
さて、昨日は幼稚園カーニバルのイベントがあったんよ。
当日朝幼稚園に集合して、そこからスクールバスで30分かかる
同じ系列の幼稚園に連れていってくれたんよ。

当日は消防士さんになることに決定。
家にあった赤いシャツにバッジを縫い付けて、そのシャツと黒いズボンに
工具コーナーで見つけた黄色いテープを貼り付けてみたわ。

IMG_5402_smiley.jpg

バスの中でかなり緊張気味な息子・・・固まっとる。
行きたいと言うけえ申し込みしたものの、今更「行きたくない・・・怖い」と言い出したし・・・
今更引き返すわけにはいかんけえね「後で絶対迎えに行くけ、心配しんさんな!」と
言い聞かせたら、コクリと頷いたのでホっと一安心。

IMG_0699.jpg

じゃが、先生からは「息子さんは子供が沢山いる環境が苦手なので、もしあまりにも
泣くようだったら迎えに来てもらうかもしれません」と言われていたのでドキドキ。

そこの幼稚園のアクセスを調べてみたら、なーんもない田舎にあるもんじゃけえ
交通の不便なことよ。グダンスク中央駅からバスが出とるには出とんじゃけど、
40-50分に一本しか出とらん!!ひ~!
その上、バスしか通っとらんでトラムも電車も通っとらん・・・。グーグルマップで
見りゃ、草原の中にぽつーんと小学校と家がいくつかぽつん、ぽつんと建っとる
のみ。先生も「かなり分かりにくいんですよ」と言うとったし。
嫌じゃな・・・行きとうない。迎えに行ったら自分が迷子になりそうじゃ。
万一の時は、タクシーで迎えに行くしかないかあ・・・

送りに来た保護者たち。
今日は保育時間は長めの15時まで。いってらっしゃーい。
ドキドキ・・・弥生土器。縄文土器。縄文土器は縄の模様ついてるゾ♪

IMG_0700.jpg

なーんて、ふざけとる場合じゃのうて、実際は「いつ電話がかかってくるんかね」って
気が気でなくてねえ。部屋の中を行ったり来たり、心ここにあらずって感じじゃったわ。
さて、15時に行って迎えに行ったのは義母。
先生曰く「予想外にとっても良い子でしたよ~!」と驚いとったそうな。

この幼稚園、以前の記事を参照してもらえれば分かるんじゃけど、
小学校の建物の中にあるんよ。よって、小学生との交流なんかもあって(主に低学年)
体育館みたいなホールに集められて、皆で劇を見たり、小学生主催の
ダンスショーを見学したり、そういうイベントがたまにあるんよ。
クリスマスには高学年の小学生がサンタに扮装して子供らにプレゼントを配りに
くるというイベントもしてくれるんじゃ。
でも、そういったイベントがあるたび度に「怖い」と泣き出しては先生に
抱っこされているらしい息子。一人で他の子たちと一緒によう座れんみたいなんよ。
先生のひざじゃないと嫌だと。先生には、ホントに申し訳ない・・・・。

そんな感じじゃけえ、先生方も「息子君は大丈夫かなあ?」って心配しとったん
じゃけど、予想外に泣いたりイヤイヤすることもなく。その上、小声で
「楽しかった」と言ってくれたけえ、成長を実感したわあ。


別窓 | 子育て | コメント:0 | | ∧top | under∨
海外居住者必須の電化製品
去年の夏、購入して、ホンマに良かった~と思うもんを紹介するわ。

その名もミート・スライサー (ポ語で Krajalnice do mięsa )
海外在住の日本人なら、やっぱたまには薄切り肉が食べたいなって思ったことは
一度や二度じゃないでせう。
それまでは、半解凍になった状態の肉を包丁でうすーく切っとったんだけど、均一にゃ
切れんし、大量には出来んし、満足しとらんかったんよね。

それで、家庭用のミートスライサーが欲しいなあ~と思っとったんじゃけど、あまり馴染みの
ある家電製品じゃないし、どうしても無きゃ困るもんじゃないと躊躇しとったんよ。
そんな中、実際に在ポのうちの友達がミートスライサーを持っとるという情報を耳にして
詳しく話を聞いてみたんよ。それを聞いたら、是非とも欲しゅうなって買うことにしたよ。

色々製品を店頭で見たり、ネットで見たりして決めたのはこちら。
こちらではお馴染みのZelmer社のもの
今、まさに肉を切りょうるところを撮影してみたわ。
ミートスライサーで指をスライスしちゃった♪てへ♪ってことにならんよう、手前の白い
プラスチックので肉を押さえてスライドさせるけん、安全じゃ。

IMG_0687.jpg

お手入れも割りと簡単じゃし、一度使ったらもう病みつきになってしもうた。
何でもっと早う買うとかんかったんじゃろ!って後悔したぐらい。
肉を切るときは、まず冷凍庫に入れて固まらせて、それから冷凍庫から出して
半解凍の状態で切りゃあ、ええがに切れるよ。

肉だけじゃのうて、柔らかいチャーシューも均一の厚さに切れるのでええわ。
包丁で切ると、なかなか均一に切るのは難しいし、ボロボロ崩れるんよね。

さて、こちらは鍋用に切った牛肉スライス。
これで、驚異的に旨い鍋を作ったんよ。その様子はまた・・・

IMG_0688.jpg

ちなみに今日の夜ご飯のおかずは肉じゃが。
薄切り牛肉と糸こんがありゃー気分が上がるね。
生の糸こんはスーパーじゃさすがに手に入らんよ。アジア系食品のお店でも見たこと
ないわ。ネットで注文すりゃ買えるみたいじゃわ。

この糸こんは、ネットで注文したんじゃなくて、乾燥糸こんにゃく。
先月日本からグダンスクまで遊びに来てくれた友人が持ってきてくれたもの
なんよ。これ、おすすめよ。湯戻ししたら2倍以上に増えて、おまけに味しみが
良うて、ばり美味しいんよ。もう病み付き。

IMG_0689.jpg




別窓 | 日常生活 | コメント:2 | | ∧top | under∨
ねこの日
今日は2月2日じゃね。
22で、ニャンニャン、猫の日。
このブログ初登場になるんじゃけど、実はうちには一匹猫がおるんよ。
うちの、ゆうより旦那のなんじゃけど。
旦那が独身時代のころから飼っとる猫で、5歳になるメス猫。

うちゃ~昔から動物が好きでね。実家ではいつも鳥類を飼っとったんよ。
インコやら文鳥やら。動物の中でも、一番好きなのが鳥でね。
鳥なんて懐かんじゃろー?言われるけど、そんなことは無いんよ。
セキセイインコはお喋りで言葉をよく覚えたし、文鳥は怒りっぽいんだけど
それがまた可愛くて可愛くて、すりすりなでなでよくしよったわ~。
残念なことに、10年うちで飼っとった文鳥が去年、天に召されたんよ。
最期を見届けられなかったんはホンマに悲しかったけど、苦しむこともなく
パタっとお逝きになったらしいけえ、まあ寿命だったんかなあと
思えるようになったよ。
文鳥にしては長生きで、もう少しで11歳になるところだったんよ。
25gしかない体で11年近くよう生きたわ、と今では誇りに思うわ。

・・・・と猫の話がそれてしもうたね(汗)
ということで、鳥が一番好きだけど犬も猫も好きでね。祖母の家では昔ネコを
飼っとったけん ネコがどんなものかは何となく分かっとったつもりじゃった。

ネコは気まぐれ。うるさいのが嫌いで赤ちゃん・子どもが大嫌い。
人のいうことは聞かんで我侭なとこもあるど、実は甘えん坊。
そんなイメージを抱いとった猫じゃった。そう、うちの旦那の猫を見るまでは・・・

ところがどっこい、この猫、とにかく性格が悪い(苦笑)
うちゃ~こがぁに性格が悪うて乱暴な猫、初めて見たわ。
赤ん坊の頃からユニークで悪かったらしい。
動物好きじゃったうちでも、こりゃ~もう勘弁じゃわ!と思ったぐらい。
じゃけ~動物嫌いの人は尚更じゃろ。
旦那の同僚や友だちの中には 「今度うちへ遊びにおいでや」って誘うと
「あんたんとこ、猫おるじゃろ。あれが嫌じゃけ~行かんわ。ほんまに性悪猫」
って言われるぐらいじゃけ。
これが日本人なら 「あの、実は猫がちょっと苦手で・・・」と言葉を濁すと思うじゃん?
でも、さすがポーランド人はっきり言うわ(笑)ここまで言ってくれると
かえって気持ちいい(笑) 旦那もそれを聞いて「確かに悪いもんなあ」と笑いよったわ。
それでも、その悪さがまた憎可愛いみたいで、旦那は溺愛しとるんよ。

性格の悪さゆうのは、顔に出るってよう言うじゃろ?
あれ、人間だけに当てはまらんと思うわ・・・ネコにしてもしかり。
こちらがうちのネコ、その名もマヤ。

IMG_0676.jpg


IMG_0677.jpg

正直に言いんさい、怒らんけえ。悪そうな顔しとるじゃろ?

ここまで、悪い悪いゆーて書いてちょっと罪の意識を感じるけど(笑)
具体的にどう悪いん?って言われたらね・・・・
例えば、フツーに家の中歩いとるだけで、飛びつかれて引っかかれる、とか。
とにかく、すぐ手が出るんよ。ネコパーンチ、なんて可愛いもんじゃなくて
爪を立てるもんじゃけえ、血が出てわやよ。
何でそんなことするんじゃろ。多分ね、退屈なんよ。
すごいアクティブな猫じゃけえ、狭いアパートにおるのが苦痛で、すぐ人間を
からかいたくなるみたい。

うちに初めて来る人には、「この猫は触るな」と警告するんじゃど、見かけが可愛いもん
じゃけ「大丈夫よ~」と言って「ネコちゃん~可愛いね♪」と、すっと手を伸ばすと・・・
シャー!(怒り声)引っかき、噛み付き、「いったーい!」ということが何度おこったことやら。
被害にあった人は数知れず。ガス点検のお兄さんから工事の人、うちの友人の旦那さん、
旦那の友だち、義理の両親、おばさん、うちの生徒さんも。ほんと、すみません(涙)
去年の夏休み、うちに語学学校で教えとる生徒さんをよんで、皆で日本食パーティーを
したんじゃけど、うちに来る前に 「極悪猫がおるけえ、触りんさんなね」と警告は
しとったんよ。ほしたら、そのうちの一人の女の子が 「大丈夫、うちにも猫がいるから♪
彼も引っかくことがあるし♪」 と言っとってねえ。
ところが、止めるのも聞かず「大丈夫!可愛いじゃない」と近づいたがために威嚇され
飛びつかれて、お決まりの
「こんな悪い猫は見たことない。」のセリフ出たわいね(苦笑)

深くひっかかれるとみみず腫れになって痛いけえ、定期的に獣医に爪を切ってもらおうと
昔旦那がクリニックに連れて行ったらしいんじゃけど、
獣医師らは大奮闘、何とかおさえつけて格闘の上、一つの足の爪は切れたらしいんよ。
ほいでも、猛獣のように大暴れするもんじゃけえ 「これ以上は危険じゃけえ、
よう出来んわ。お代はいらんけえ、速やかにお引取り願いたい」と言われたんと。
プロにも匙を投げられる凶暴さよ。

今ではうちも学習したけん、マヤが悪さをしようと寄ってきた時は水の入ったスプレーを
もって脅かすようにしたけん、うちは引っかかれんのよ。
被害者は旦那のみ。
旦那は怒らんっていうのをマヤはよう知っとるし、マヤは旦那が大好きじゃけえ
ちょっかいをかけたくなるみたいなんよね。彼の腕は常に傷だらけのローラよ。
でも、本人がそれでエエらしいけ、まあ・・・良いんじゃろうて。

そんなマヤの大好物はいくら。初めて食べたとき、その旨さに、皿をいつまでも
舐めつづけよった。今日は猫の日じゃけ、ご褒美にスプーン1杯あげようか。





別窓 | 未分類 | コメント:0 | | ∧top | under∨
| 気ままなポーランド暮らし 笑ひを込めて |

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR