だめんず (待ち合わせ)
前回からの続き → だめんず(衝撃の汚宅訪問2)

カーリーとの待ち合わせは、いつも分かり易い所か 誰でも
知っとるような 有名な場所だった。
というのも、極度の方向音痴で(うちもじゃけど) 広島にもう数年住んどるのに
何でそんな所も分からんのん?って人じゃったけえ。

ある日の待ち合わせ場所は、かの有名な平和公園。
原爆ドーム前に現れる予定なのに、いつまで経っても現れん。
かなり待ったころ、息をハアハア言わせてやって来たわ。
相当走ったらしく、汗だくで ご自慢の鳥の巣ヘアからは
湯気も立たんばかり。

何があったんかと聞けば、広島城を平和公園と勘違いして
しばらくそこで待ちよったんと。 じゃが、うちがなかなか来んけえ
通行人に聞いて、待ち合わせ場所が間違うとることが判明したんよ。

え?何で携帯で連絡取らんかったんかって・
その当時カーリーは、必要ないけえちう理由で 携帯持っとらんかった。
珍しいじゃろ?
じゃけえ、うちらの連絡手段は紙コップで作った糸電話・・・・・
じゃなくて、主にパソコンのメールよ。
不便じゃなとは思っとったけど、後々この携帯持たん主義の彼に
感謝することになろうとはね。

ま、そんな事が続いたけえ、やがて待ち合わせ場所を 広島駅の
噴水前に限定するようにしたんじゃ。

ある暑い夏の日のこと、うちが待ち合わせ場所に もうちょっとで着く
という所で、通りのど真ん中で堂々たる姿でグッグッと
爽健美茶を飲みよる大男が!
あのクビレ有るボトルで すぐ爽健美茶だと分かった。
その姿を見たとき、くるっと回れ右をして 一瞬帰ろうかと思ったわ。

何故通りのど真ん中で?
そして このぶち暑いのに長袖、しかもコーデュロイっぽい生地。
見よるだけで暑苦しい。
ボーッと見よったら、彼のほうからいち早く気がついて
嬉しそうに駆け寄ってきた。

何でまたそがぁな格好をしとるんかと聞くと、清潔な服が一枚も無くて
これを着ざるを得んかったんと。
当時、彼が住んどったアパートには、備え付けの洗濯機があったんじゃけど
それが壊れてしまったんと。
で、アパートから約800m離れたコインランドリーに行きよったらしいんじゃが
そこへ行くのが面倒じゃという理由で 洗濯物を溜めに溜めあげてから
究極の状態になってから 出陣したらしい。

そんな不潔極まりない男にホトホト呆れつつ洗濯機貸したわいね。
”恋は盲目”というよりも、いつの間にか愛情は無いのに
見捨てらんという 同情の気持ちからそのままズルズル続いとった。
親・兄弟もおらんこの広島の地で、うちが見捨てたらどうするんじゃろ。
まあええか。結婚するわけじゃないしね。
と思っとったにも関わらず、カーリーは
「君の両親ってどんな人?会ってみたいな」とか
「将来ボクの地元を見てみたいと思わない?」とか
ゾッとするような事を言い出した。

♪ 服を見なよ
  カビが生えかけてる
  ファブリーズを 吹きかけても 消えやせんよ♪

              (空をみなよ シャ乱Q)

(続く)


スポンサーサイト
別窓 | シリーズ だめんず | コメント:2 | | ∧top | under∨
だめんず (衝撃の汚宅訪問 2)
前回からの続き → だめんず(衝撃の汚宅訪問 1)

さて、お茶の一杯も無いと知っとったら、ペットボトルのお茶でも買って行けば良かったと
後悔しつつ、水道水をやむ無く飲んだうちは 料理に取りかかった。
そう、今回のカーリー宅訪問の目的は料理をすること。

この日のメニューはスペイン風パエリア。
幸いにも、食器棚からは支給されたというキッチン用品があったので
浅めのフライパンで作ったんよ。
じゃが、テフロンコーティングがとれとったらしく、こびりつくことといったら!
ご飯は ちょっと半生だし、表面はベタベタしとるしで
正直失敗のパエリアで出来上がったんじゃけど
カーリーはそんな事は気にかけず、いつのもごとく食欲旺盛。

その上、フライパンにこびりついて 取れんコゲの部分もスプーンで
激しくこすり落として食べ出した。
深追いする その姿の見苦しいことといったら。
「やめんさい。コゲを食べるとガンになるよ」と言っても聞く耳を持たん。

カーリーのすごいところは、うちがかなり引いたり ジロッと睨みをきかせても
まったく動じんとこ。
彼女に嫌われる、とか考えてないみたいなんよね。
カーリーは そのままフライパンを抱え込むようにして食べ続けていた・・・・

食後トイレを借りると これまたビックリ。
床に多量のトイレットペーパーの芯や 読みかけの本が
両ページ開いてふせた状態で置いてあった。

部屋に入れば、おそらくダニがお住みになられているであろう
かな~り年期の入ったクッションがあったんよ。

このクッションに居住されている ダニ一匹一匹に住民票を
発行すれば、おそらく紙が2万枚あっても足りんじゃろう。
そんな古びたクッションを勧めてくるカーリー・・・・

とにかく、この汚げな環境から 一刻も早く逃げ出したくなった。


(続く)










別窓 | シリーズ だめんず | コメント:2 | | ∧top | under∨
だめんず (散乱した小銭エピソードにちょこっと補足)
前回からの続き → だめんず (衝撃の汚宅訪問)

さて、ということで初めてカーリーのアパートへ行った食いしんぼ万歳は
予想内ながら汚い部屋と、そして何より玄関の床にばら撒いてあった
多量の小銭に驚きを隠せんかった。

しかし、玄関に小銭とは・・・・
細かいお金が財布に溜まるのが面倒だったんかしら。
は!今思えば、カーリーって財布を持ち歩いとらんかった。
で、支払い時には、ポケットからお札とか小銭を出しよったわ。
じゃけ、小銭がポッケに溜まって重くなったら、そのへんに
放り投げたんじゃろ。
もっと小銭をリスペクトしんさいや!(怒)
一円を笑うもんは、一円に泣くゆうじゃろ。

そう、このことわざはホンマなんじゃなと実感したことが
一度あったんよ。

それは、忘れもせん 小学校 低学年の時よ。
近所のスーパーで、キキララのお医者さんセットという
やつがあって、どうしても欲しくてね。
お小遣いためて、ようやくそれが買えるぐらいのお金が貯まったんじゃ
けど、買いに行ったら 何とレジで2円だか3円だかが足りん!

どうしても今欲しかったうちは
「今から家へ帰ってすぐ持ってきますから」と言っても
もちろん、渡してくれるはずもなく。
それがダメならと
「じゃ、3円まけて下さい!」

うわぁ~嫌じゃ嫌じゃ、こんな事言う小学生。
幼い頃のエピソード思い出すたびに、うちも相当変わり者だったんじゃな
って思う。
え?今も?
うん・・・・まあ・・・ね・・・
今も変わりもんよ。


(続く)




別窓 | シリーズ だめんず | コメント:0 | | ∧top | under∨
だめんず (衝撃の汚宅訪問 1 )
前回からの続き → だめんず (豹変したカーリー)

つき合い始めてしばらく経ったある日、一人暮らししとるカーリーのアパートへ
偶然行くことになったんよ。
カーリーは「全然掃除しとらんけえ、恥ずかしい」と言い出してね。
ドアの前で「ちょっとここで待ってて」と言うなり、一人で中に入り
「良いよ!って言ったら入っていいよ」だと。かくれんぼかい・・・・

気になるアパートの中からは、ガチャン!とかドサ!ドス!という激しい音が
聞こえる。
しばらく経って 中から「いいよー」という声が聞こえたので、玄関を開けたら
おやまあ、ビックリ!
 
そこで食いしんぼ万歳が見たものは何か。
以下のア~オの中から 適当だと思うものを選べ。
正解者の中から 厳選された一名様に カーリーの鼻毛を五本セットで
お譲りしますので、コメント欄にお名前とご住所を明記して下さい。
・・・・・っていらんよね!当たり前だけど、ジョーダンです。

 ア 脱ぎ捨てられた靴下
 イ 肉の骨 (おそらくドラムの部分)
 ウ 散乱した小銭
 エ 歯型つきのパン  その柔らかさゆえ歯型が深くつけられている
 オ 使用済みとみられる フォークとナイフ

さて、読者の皆様、どうでせうか?
最初からお読みのそこのアナタは、正直迷っとるじゃろ?
ほうよね、どれも有り得そうじゃもん。
答えはね、90年代に一世を風靡した かの有名な 内田有紀さんの
ヒットナンバーでお届けしたいと思うわ。もちパロディバージョンで。

内田有紀さん・・・・うちが小学校高学年のとき爆発的に人気じゃった。
ファンもようけおったよね。ショートヘアも流行ってさ。
うちも そのうちの一人よ。

ある日、小学校の近くにある美容院に行って
「内田有紀みたいなショートカットにして下さい!」ゆーて頼んだら
美容師のおばちゃんは 「顔は全然違うけどね」と一言。
・・・・・って余計じゃろ、その一言!(笑)

出来上がったショートヘア・・・うん・・・おばちゃん
ユーは正しかった。髪型さえ変えりゃ、内田有紀さんに近づけると
思うた うちが悪かった。
何でこんな浮いたような髪?ヅラ?みたいな可笑しげな児童が
鏡の前にゐた。

あ!話が飛んでしもうたね。
じゃ、ミュージックスタート!

♪ Only You ♪

Only you ウォウウォウウォウ~
 目を開いたら 多量の小銭散らばっているよ
 Only you ウォウウォウウォウ~ 
 主には 一円玉
 50円玉見つけたら 運がいい

というわけで、答えはウの散乱した小銭でした。
間違えた方は、赤ペンでしっかり修正して下さいね。

どうやら片付けは、見苦しい大物を おそらく戸棚やら押し入れやらに
隠しただけと予測した。
よって、細かい小銭をいちいち拾いよるわけにはいかんかったらしい。

散らばった小銭を見ても、うちはあえて何も言わんかった。
聞いてもスルーされるか つまらん言い訳されるだけじゃけえ。
そればかりか、一種の脳内麻痺に陥っとったうちは、
「わーこがぁに散らかって!そういや、家にもう使わんお菓子の缶か
何かあったけな。あれ、今度持って来て お金入れにすればいいや」
と思ったんよ。

アパートは とっても とっても とっても とっても ふ~るいのよ
(広末涼子)
じゃけど、広くてね、部屋が2つに キッチン付きのリビングとお風呂と
トイレがあった、

会社から支給されたという そのアパートは
一人で暮らすには充分すぎるほどの広さ。
聞くに、そこは もとは二人の社員が住むようにということで
当初は もう一人社員がおったらしいんよ。つまりルームシェアじゃね。
じゃが、その女性社員は 自費でアパート借りるけんと言って出て行ったそう。
絶対カーリーのだらしなさとKYなのに耐えられんようになって
逃げ出したに違いないわ。

リビングのテーブルの上には、しわくちゃの茶封筒が置いてあって
そこからは 諭吉が何人か顔を覗かせとった。
その表情は、「おい!お前さん!はよ逃げなさい。今なら間に合う」
と言うとるよう(大袈裟)

いや、お金入れの封筒があったのはほんまよ。
お給料はそのまま現金で支給されとったそうじゃけえ。
封筒から札をのぞかせたまま、ポーンと置くなんて 
お金をリスペクトしとらん(怒)

床が汚いとか、つっこみどころは沢山あったけど
取りあえずキッチンは綺麗だった。
それもそのはず、全く料理をせんばかりか、お茶の一つ
沸かしたことないんと。
のどが渇きゃー蛇口をひねって水を飲み、風邪をひきゃー
CCレモンを飲むんと。ビタミンCが豊富だからね♪なんて
言う彼。
・・・・・・・そのCCレモンに多量のオレガノオイル入れましょか。

ということで、初めて彼のうちへ行っても お茶の一つ出て来ず
水道水を寂しく飲んだ。



(続く)


*おまけ*

あくび中を激写

IMG_1987.jpg


別窓 | シリーズ だめんず | コメント:0 | | ∧top | under∨
気ままなお一人様生活、終了
金曜日、旦那と息子がオーストリアから帰ってきたわ。
とっても楽しかったようで、毎日広大な山で遊び
アスレッチックで遊び、自転車に乗り、と まあ満喫したホリデーだったそう。
良かった 良かった。

帰って来た翌日は、ここはつまらん、何かすることないんかねと
言う息子。
つまらんで悪かったわね(苦笑)
そりゃ、バカンスは楽しいじゃろうけど そろそろ普通の生活に
慣れてもらわんとね。 月曜日から幼稚園じゃし。
しかし、8月からは夏休みで 一日中一緒に過ごさにゃいけん・・・
うう、乗り切れるのかしらん。

さて、オーストリアでは、毎日のようにフライドポテトかゆでじゃがいも
そして肉、肉!チーズ!の日々に飽き飽きしていたお二人。
とにかく、米が食べたい!とのこと。
ウェルカム・ディナーは 日本式のバーベキューにしたわ。

肉屋の店員さんに、柔らかくてお勧めの肉はないかね?ゆうて聞いたら
Ligawaという部位の肉が柔らかくて、え~よ、とのことだったので、
ブロックで購入して ミートスライサーで切ったわ。
脂身がなくて、さっぱりしとって、柔らかかった。
帰って調べてみたら、Ligawaは牛肉のモモ肉にあたる部分じゃね。

IMG_1985.jpg

市場で買った今年初もののとうもろこしも。
甘くて美味

IMG_1984.jpg

焼いた肉と野菜、ヤンニョムをレタスで包んで食べるのがお勧め。
さっぱりして、しつこくない。

わ~ソーセージはいらんわ!見たくないとか言いながら
旦那は一本軽く完食。
ホットプレートで食べると 食欲湧くよね。

IMG_1986.jpg

10日間のお一人様時間は、あっという間じゃった。
あともう2-3日ぐらいあっても良かったかな。
目標しとったことの半分も出来んかったけどね。
というものの、後半で 歯のトラブル騒ぎがあって、まあ大変だったんよ。

治療済みの歯が痛み始めて、診てもらうも、再びその歯が猛烈に
痛み出し、痛み止めも効かんようになり 一晩中寝れんで、
歯科に電話かけまくって、すぐに診てもらってね。
化膿をおさえる薬が体に合ってなくて、反応しとったみたいじゃ。
この薬はもう取ってしまいましょう。消毒しときますよ。これでもう
痛まないはずです、と言われ、 はぁ、安心と思いきや、
一日経って 再び怒号の痛みが襲ってきて・・・

今度はトラブルのあった横の歯でね。
今朝は、24時間、日祝日開いとる ブジェシチの歯科に飛び込んだんよ。
歯って何で夜になったら 更に痛みが増すんじゃろ。

そこの歯科医院は、毎日 9時から21時までは 予約制で
22時から8時までは、緊急なんで 予約も必要ないみたい。
すぐ診てもらいたいけえ、早朝タクシーで 駆けつけたわ。

痛みの原因は、歯の根の方が化膿しとったみたいじゃわ・・。
20分の診察で、300PLNと 素晴らしく高かったけど
仕方あるまい。

消毒してもらったら、あの強烈な痛みからは解放されたけど
モノを噛むと痛いんで、右側でゆっくり噛みよる。

しかしね、そのトラブルのあった歯は 四ヶ月も前に時間をかけて
きちんと一度治療したんよ。
なのに、また痛み出してから・・・
歯の根の治療って難しゅうて 失敗することもあるゆうてネットで
読んだけん、もしかしてちゃんと治療できてのうて 化膿したんかねえ。
痛みがあったら電話して下さいゆーて言われて電話したんじゃけど
「そんなに痛いん?」って聞かれて
「ええ、痛いんですけど まあ鎮痛剤を飲んだら大丈夫かな」
ゆーたら、じゃあ、月曜日に来て下さいね!と言われてOKしてしもうたのも
いけんかった。
もっと大袈裟に騒ぎ立てて、診てもらやあ良かった。

ああ、つくづく”歯運”が無いわ。
一つ良いことをあげるとするならば?
病院に対して怖いとかいうイメージがなくなったかな。
電話ぎらいとか言っとる場合じゃないわ!電話せんとーと
歯医者を探して 片っ端から電話かけよるうちに、もう慣れた。
何事も慣れが肝心?!

明日も歯医者なんよ。
トホホ。

どうか、息子の幼稚園が夏休みに入る前に
何とかなりますやうに・・・










別窓 | 日常生活 | コメント:0 | | ∧top | under∨
だめんず (豹変したカーリー)
前回からの続き → だめんず(一人でできないもん)

それはカフェに行った時のこと。

そのカフェはスターバックスみたいにセルフ式でね、注文したコーヒー2つを
お盆にのせて、カーリーは席まで運んでくれたんじゃけど
お盆をテーブルに置く時、乱暴にドサッと置いたけん(カーリーのこと話す時
この”ドサッ”とか”ガッ”という効果音をようけ使ってしまうわ)
周りの人の注目を浴びるほど大きい音がして、コーヒーがお盆の上に
こぼれたんよね。

そのうちの一つからは、半分近くこぼれ、もう一つのからも二割近く
こぼれたんよ。

注目を浴びたことと、コーヒーがこぼれた悔しさなんか知らんけど
カーリーは、汚い罵り言葉を使ったんよ。周りに聞こえるほど。
うちに対してじゃないけど、じゃけえといって自分に対して
「あー何て情けないヤツなんだ、オレは」って感じでもない。
じゃとしたら、コーヒーカップに対して?
コーヒーを擬人化しないで・・・彼らは何も悪くない。

こぼれたコーヒーを目の前に、彼が次にとった行動を以下の
ア~オの中から 一つ選択せよ。

 ア コーヒーカップを盆の外に置き、こぼれたコーヒーを盆から
    カップに移した

 イ 新しいコーヒーを買いに行った

 ウ 盆を舐めまわした

 エ ちゃぶ台のように、どちらのカップもひっくり返し、
   「おめーら、何見てんだよ!」と怒鳴った

 オ 黙って席につき、おもむろにコーヒーをすすった

さあ、気になる答えは
来週もまた見てくださいね♪ ジャンケンポン!ウフフフフフ♪

・・・・・・・・・・・・・と!もったいぶる気は更々無くて。

このシリーズをここまでお読みくださった方は、まず「イ」だけは選択せんかった
と思うんよね。その通り。
答えは「オ」でした。
普通謝って 新しいコーヒーを買いに行こうかとか、聞くじゃろ?
じゃが!カーリーは何事もなかったように席に着くと
コーヒーを飲み出した。
しかも、ちゃっかりコーヒーが二割しかこぼれてない方を選んで。

一応ごめんね、とは言ってくれたけど 注目浴びて恥ずかしくて
恥ずかしくて たまらんかった。


(続く)


別窓 | シリーズ だめんず | コメント:0 | | ∧top | under∨
だめんず (一人で出来ないもん)
前回からの続き→だめんず(数々の珍行動)

うちは いつも不思議に思いよった。
カーリーは 公共交通機関を利用せんこうに、どこへ行くにも歩きなんよ。
まあ、結構横幅広かったけん 歩いてエネルギーを消費したほうがええな
とは思っとったけど、ほいでも仕事が8時に終わる時でも 
かなり離れた自宅に 歩きで帰りよることが分かったんじゃ。
歩きだったら、ゆうに1時間はかかる距離よ。

「どうしてバスに乗らんのん?」って聞くと 「乗ったことないし
乗り方分からん」と。
それなら、うちが教えてあげるわと 一緒に乗ってあげたんじゃけど
バスに乗って、回数券を取らせて、料金表の見方を教えてあげるものの
上の空で うちに頼りきりよ。
自分が降りるバス停も、よぅ分からんみたいで うちが毎回「次止まります」の
ブザーを押してあげる始末。

いつまでも、「ほら、次で降りるよ」って教えにゃボーっとしとるもんじゃけえ
イライラして、ある日 何も言わずに見守ることにしたんじゃ。
ほしたら、やっぱり全然気がつかんで、バス停をスルー。
見かねたうちが 「あのさ、バス停もう過ぎたんじゃない?」と言うと
ひどく取り乱して降りてった・・・。

いつも、うちに頼りきりで うちが引けば引くほど向こうはのめり込んでくる
ようじゃった。そりゃそうよね。
身の回りの面倒を見る、都合の良い女じゃもん・・・・。
でもニコニコと嬉しそうなその表情を見ると、穏やかで優しい人!
この人、うちが変えるんじゃ!という気分になりよったんよね。

別れてだいぶ経った後で、”だめんず”と付き合う傾向のある女という
記事をネットか何かで読んで、ぶち共感して大笑いしたわ。
当時は気がつかんかったんよねえ・・・・。

しかし、怒らない、ニコニコした顔がチャームポイント
(あ、絡み合った鼻毛も忘れないで)なのにも関わらず
一度豹変した事があったんよ。




(続く)


別窓 | シリーズ だめんず | コメント:0 | | ∧top | under∨
だめんず (数々の珍行動)
前回の続き → だめんず (アパート水漏れ事件)

カーリーとのデートは、いつもご飯を食べに行ったり カフェに行ったり
公園を散歩するか、とか その繰り返しじゃった。

好きな事と言えば、読書とゲーム、映画鑑賞と インドア派のようで
どこに行きたい?と聞いても、別に・・・と。車も持ってないしね。
うちも別に遠出がしたいわけじゃないし、カフェでおしゃべりでも 
その時は楽しかった。

じゃが次第に ギョッとしたり ムッとしたりする事が増えてきた。

ある日 ファミレスでうちはチャーンを、カーリーは何か他のもの
を食べよった時のこと。
急にカーリーは 己のスプーンを ガッとうちのチャーハンに突っ込んで
食べた!
勝手に人の食べよるもんにスプーンを突っ込むとか 有り得ん(怒)
心底呆れて 「やめて」の一言さえ出てこんで 食欲が失せたわ。
ちょっと味見させて、とか言うんなら もちろんどうぞって差し出すけどさ。

カーリーは ぶち食欲旺盛な男で、好き嫌いなく何でも食べたわ。
で、自分のを猛スピードで食べ終わったら うちの食べよるのを狙ってくるんよ。
居酒屋とかだと、うちの分を死守しようとするものの 失敗に終わってしまうけん
行かんようになったわ。

だって、例えば八宝菜とかで たいてい1個か2個しかない貴重な
うずら卵やヤングコーンを先にガッと食べてしまうような男よ。
ニコニコして 感じが良さそうに見えても 実は自己中・・・・
食べながらも、美味しいね、とかこういうの今度作ってみたいね、とか
そういうコメントは一切なしで 取りあえず空腹を満たすために一気食いよ。

そんなある日、食事が終わってから これから仕事に行くという彼が
おもむろにポケットから取り出したのは、歯ブラシ一本。
ビニール袋などに入っとらん 使用感のある歯ブラシよ。

「え?何でポケットに歯ブラシ入れとん?袋に入れたら?」と言うものの
完全スルーで、トイレに歯磨きしに行ったわ。
で、歯磨きが終わったら、またバック・トゥ・ザ・ポケットー!!

ここまでお読みの方で、「嘘じゃ、多少話し盛っとるじゃろ?」ってお思いの方も
おるかもしれんね。
うちもさ、自分の書いた「だめんず」シリーズを読み返してみて
ほんまにこんな人おるん?嘘っぽい!と思ったぐらいじゃもん。
でもね、これ ほんまの事なんよ。信じてや。
しかし、盛ったり 大げさに言うの好きじゃけえ、そういう時は
「盛」マークか「大げさ」マークを文の終わりにつけるけえ、
それで判断してや。


(続く)


別窓 | シリーズ だめんず | コメント:2 | | ∧top | under∨
だめんず (アパート水漏れ事件)
前回からの続き → だめんず(映画館へ)

その日のデートの待ち合わせ場所に カーリーは少し浮かない顔をして現れた。

理由を問うと、それは さかのぼる事数日前
カーリーは行きつけのバーに行き、顔なじみのバーテンダーに
「彼女が出来たんだ」と話し、気の向くまま飲みまくったらしいんよ。

で、アパートに帰り、お風呂に入ったそうな。
知っとるじゃろ? ベロンベロンに酔った時 熱いお湯に浸かっちゃ
いけんことを・・・
気がついたときには、既に朝。 そして蛇口からの多量のお湯は
浴室から溢れ出し、木造の古いアパートの床に大きな染みを作っとった。

ほどなくして、下の住民がやって来た。
天井から水漏れがしとる その原因を探りに来るがため・・・

ということで、カーリーは弁償をせねばならんかったけど、お金がないけん
上司と話して、毎月給料から一定金額 天引きされることが決まったそうな。
痛手だなぁ~と頭を掻く彼の姿を横目で見ながら 水漏れさせたのも
情けないながら それっぽちのお金も無いわけ?と更に不安が押し寄せる。

その日は、浸水事件がショックでどこへ行ったか覚えとらんのよ。
ただ、また横顔を見ては、鼻毛ー!!と心の中で叫んどった。
正面からだと あんま目立たんのじゃけど、横からだと気になってね。

それから数日経ったある日のこと、勇気を振り絞って言ってみた。

「あの・・・鼻のここ・・・鏡見てみてよ」 と。ストレートにはよう言えんかった。
向こうも恥ずかしいじゃろうしね。
ところが、うちが想像しとったのとは 全く別のリアクションが返ってきたんよ。

「あ、うん。でも 小さいハサミを持ってないからなあ」とニコニコ。
自らの鼻毛がはみだし刑事であることを知っとるのにから
そんな愚かな理由で 切ろうともせんかったと!
指摘されんかったら 伸ばし続けて、鼻毛で三つ編みでもするつもり?

そもそも、付き合い始めの彼女に そんな事を指摘されても
恥ずかしく思わない、という所に 驚きを隠せんかったわ。
だって、付き合い始めたばかりの頃、カレシに
「ブルマから ハミパンしてるよ」って言われとるようなもんじゃん?
ま、今の時代 ブルマは履かんのじゃろうけどさ・・・・・

鼻毛のみに限らず、近くで見れば 身なりにだらしなさが よう表れとる。
髪だってそう。
鳥の巣をひっくり返したような そのアタマ
ああいうカールした髪は定期的にカットせにゃいけんのに
上司に言われてから 仕方なしに切りに行っとるみたいでね。
注意されんかったら、バッハみたいになるまで放置するんじゃないかね。

上司も、髪は注意するのに 鼻毛は言いにくかったんかもしれんね。
うちは ぶち気になっとったけど。
息をするたび ゆらめく その毛先に(やや大袈裟)

ともかく、注意してもハサミが無い限り 切る気が無いんならと
うちは小ハサミを貸してあげたわ。

その後も、出るわ出るわ・・・数々の珍行動が。
うちは次第に 感覚が麻痺していった。

♪ 憎しみと 不潔さと 汚らしさと 
  いつも感じてる 鼻毛の伸び具合♪

  (いとしさと せつなさと こころ強さと)



(続く)


別窓 | シリーズ だめんず | コメント:0 | | ∧top | under∨
嬉し楽しや3日間
火曜日、南部から遊びに来てくれとった友達がペンドリーノで帰って
行ったんよ。
あっという間の2泊3日じゃった~。

初めて彼女とやり取りしたとき、同じニオイを感じたんよね・・・
予感は的中!気が合ってね、ぶち笑うたわ~。
腹が6等分されるんじゃないか、ゆうぐらい。
3日間、ただ見つめ合って 笑い続けとったわけじゃないよ・・・怪

初日は、旧市街地をぶらりと散策して
夕食をとるために、グダンスク中央駅の近くにある
緑色の高層ビル Zieleniak の16階のレストラン「パノラマ」に
行ったんよ。
大きい窓からの景色のええことよ。
夜景が綺麗だったんじゃけど、写真がガラスに反射して
うまく撮れんかったわ・・・

IMG_1954.jpg

レストランに入ったのが21時10分ぐらいでね、ボーイさんが言うに
「ここは10時に閉まりますけん、今からはサラダかスープしか出せません。」と。
ええ~魚のソテーを食べるのが目的だったんじゃけど・・・無念!
仕方ないんで、魚のスープのみ食べたわ。
この魚スープは、日によって違うようじゃ。
以前来たときは、トマトが入ったもんで、今回はクリアなスープに
ディルとサーモン、タラなどの魚が入っとった。
なかなか美味しかったわ。

このレストラン、パノラマは値段もお手ごろで美味しいんじゃけど
知名度が低くあまり人が入っとらん。
旧市街地付近のレストランは、いつも人でいっぱいなのにね。
「キミの瞳に乾杯!」って言いとぉなったら、ここへ行って愛を囁きながら
魚をむさぼって。

翌日は、バルト海を見に行って、その後
今回の旅のお目当てでもある、生サーモンをここのお店で購入
こちら→新鮮な海の幸を求めて

買い物から帰ったら、台所へ立ってお料理、お料理~
ちょうど、友達が来るのに合わせて、うちのポーランド人の友人を
夕食に招待しとったけえ。

友達が来たら、皆で鶏のからあげ寿司を巻いたり

IMG_1955.jpg

たこ焼き作ったり

IMG_1956.jpg


IMG_1964.jpg

わいわいお喋りしながら、作った料理 食べたりしたわ。

IMG_1957.jpg

この唐揚げ寿司の周りにある葉っぱは・・・そう、シソ!
何とお庭で採れたというシソを持って来てくれてね。
もう大感激よ!
鼻近づけすぎ!ゆうぐらい激しく嗅ぎまくったわ。
まさか、ポーランドでシソが食べられるとは、嬉しい~
唐揚げと一緒に巻いたら、美味しかったわ。

デザートは白玉きなこ団子、北海道産小豆を添えて。

IMG_1958.jpg

あ、そうそう、ポー人の友達にね、例の「すし」の皿を
「うち持っとっても使わんけえ、いらん?」って勧めたら
ぶち大喜びしてから 「え、ほんまにええん?もらってもええん?」って。
ポーランド人にとっては、とっても素敵に見えるらしいわ。

良かったね、オレンジのすしの皿ちゃん。
このまま日の目を見んのは可哀想じゃけえね、嫁ぎ先でしっかり
可愛がってもらい~よ。

彼女達にとっては、逆にボレスワビエッツ陶器の魅力が分からんみたいで
「何で日本人は、これが好きなんかね・・・欲しいとは思わんわ」と
言うとった。好みの違いかね。

彼女たちが帰った後も宴はまだ続くよ~

生サーモンとシソの巻き寿司

IMG_1959.jpg

翌日は、前日に作っとったスープとチャーシューで
朝食にラーメンを

IMG_1960.jpg

朝ごはん食べたら、次はお弁当作り

IMG_1961.jpg

てなわけで、この3日間の間で、二人で何時間台所に立ったことじゃろう。
食べて、作って、小室ファミリーの歌歌って、また食べたわ~。

お弁当持って、オリバ公園へ。
公園の中にある教会。

IMG_1962.jpg


食べるのと、しゃべるの以外に、新たな発見だったのは
グダンスクを案内して 「グダンスクって綺麗な所だね」と褒められると
すごく嬉しかったということ。
広島っ子のうちは、やっぱり広島が一番じゃけど、グダンスクも大好き
なんだなあと改めて思ったわ。

ほんまに、楽しかった。
また来んさいよ~

IMG_1963.jpg

*おまけ*

貴重な日本食のお土産を沢山もらったんよ。
感涙。
彼女の実家から送ってきたお米やら、たこ焼きやお好み焼きの
粉等々。
ごちそうさまでした~。

IMG_1966.jpg











別窓 | 日常生活 | コメント:4 | | ∧top | under∨
| 気ままなポーランド暮らし 笑ひを込めて | NEXT

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR