ポーランドで 特別養子縁組
今日本で話題になっとる「コウノドリ」ゆう産婦人科を舞台にしたドラマで
今月、特別養子縁組のことが取り上げられたようじゃね。

その記事をネットで読むうち、数年前会った旦那の元同僚のことが思い出された。.

大の子供好きなそのご夫婦なんじゃけど、なかなか赤ちゃんを授かることが
出来んで、「それなら養子を迎えるのはどうじゃろう」ということで
二人は動き出したらしいんと。

インタビューなどを受けて実際子供の親となる資格があると認定の
許可をもらったそうな。

ポーランドでも、日本と同様 新生児を迎えるのは困難なことらしい。
どのぐらい待ったんか聞かんかったんじゃけど(それか聞いたけど忘れたん
かも) 長いこと待って、生後まもない男の子が そのご夫婦のもとに
やってくることが決まったんじゃと。
(* 一応希望の性別や年齢をリクエストすることも可能らしい。
その場合は その分待つのが長くなるそうな。年単位で)

赤ちゃんの名前は既に実親につけられとったらしいわ。
特別養子縁組となった場合、名前は親となる養親がつけられる
らしい。
仮に既に名前がついとった場合で、養親が何らかの理由で
名前を変えたい!って時は裁判所にお願いするそうな。

でも同僚夫婦は、既につけられた名前を変えることはせず
受け入れることにしたんと。

「初めて会った瞬間、私たちの息子だ!」ってそりゃ感動したわよ~と
奥さんは言い、息子くんが赤ちゃんの頃からのアルバムを出して
見せてくれた。

生まれたてほやほや、ちっちゃくて可愛いこと。
その可愛らしさに、祖父母ももうメロメロになってしもうて
血の繋がりなんて何のその、皆で抱っこ奪い合いしよったんとww

うちが会った当時4歳だった息子くんは、懐っこくてヤンチャな男の子。
「食いしんぼ万歳おばちゃん!遊ぼうよー」とまとわりついて
くるのが可愛ゆうて仕方ない。
こりゃ、皆で奪い合いになるのも分かる気がしたわ。

彼女の夫と息子君が、うちが息子君へのお土産に、と渡した
だるま落としを使って 遊びよる間、うちら夫婦はその同僚の方と
養子を迎えたいきさつなど 色々話をしたんじゃ。

「あなたは養子なんだってこと、ちゃんと息子には伝えるつもりよ。
隠すつもりなんてない」とキッパリ言い切った彼女。
周りにも、養子を迎えたと公言しとって
聞きたいことがあれば何でも聞いてとうスタンスじゃった。

同僚である息子くんのお母さんは、優しいけど厳しい人。
ルールはルール!ってきっちり決めて いけないことはバシっとしかる。

一方お父さんは甘い(ポーランドのお父さんって基本的に甘い人多いと
思わん?大抵、母親が怒って 父親がまあまあってなだめる係り。
うちもそうです。美味しいトコどりなのよ旦那って・・・)

お母さんが「さあ、もう○時だから、歯磨きして寝る時間です!」と言っても
「まあまあいいじゃないか~お客さんも来てるんだし、明日は幼稚園
ないんだからさ」と言っても 決まりでしょ!とお母さんにキツく言われ
父と息子はすごすごとバスルームへ・・・・

子供を迎えてからというもの、幸せじゃというこの夫婦は 息子くんの
手がちょっと離れたころから 二人目の養子も考え出したんと。

ほいで、二人目の申請をしたところ・・・・
拒否されたそうな。
理由は、アパートが 家族4人で住むには狭いから 子の養育に
適しているとは思えないから、だそう。

その理由を聞いて憤慨しとったわ。うちらも、え?!そんな理由で?
と驚いた。
確かにアパートはこじんまりしとる。

ほいでも、同じアパートの住人で 子どもが2人いる人もいるし
子が小さいうちは 例え男女の兄弟だとしても 同じ部屋でも
ええんじゃないかな。
ティーンになりゃ、さすがに分けにゃいけんとは思うが・・・・

それに、部屋が狭いゆうけど 愛情いっぱいの家庭で育つほうが
いいに決もうとる。

例えばこれが、一人目が欲しい夫婦を優先することになりますが
一応二人目も希望ということ 受理だけでもしてもらえればね
納得出来たんじゃろうが。

母親である同僚の方が、その理由に どうしても納得いかんで
交渉するだの、諦めないだの言っとったらしいけど 結局数年が経過し
今おる子供を大事に育てていこうということになったそうな。

あれから同僚の方は転職してしもうたけえ
今はどうしていらっしゃるのか分からん。
家族みんな、元気にされとるといいなあ。






スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | | ∧top | under∨
敬虔なカトリック教徒
前回、幼稚園の宗教の時間のことやカトリック教のことを書いたんじゃけど
今回は、うちの身近にいらっしゃる敬虔なカトリック教徒の方の話を書こうと
思ふ。

洗礼を受けたものの「形」だけの信者がおる一方、もちろん敬虔なカトリック
信者の方もいらっしゃる。

なかなかそんな人と交流を持つ機会なんて無いんじゃけどね、うちの住んどる
アパートに、まさに!!って感じのカトリック信者の夫婦がいらっしゃるのよ。

その老夫婦がカトリックだというのが何故分かるのかと言うと、日曜日になったら
決まって二人正装をして腕を組み、朗らかな表情で教会に向かいよるんよね。
それから、カトリック関係の祝日の際は、窓ガラスに、外から見えるようにと
イエス様やマリア様の絵を飾ったり、花を沢山飾ったりするんじゃ。

二人ともホンマにええ人達でねえ~

前もブログにチラと書いたんじゃけど
家のブレーカーが突然落ちてパニックになり、助けを求めてドアを叩いたとき
マイ・工具道具を持って助けに来てくれたんよ。
子どもに話しかける時の表情も、それはそれは優しい。
道で会うと、わざわざ帽子を取って挨拶してくれるほど丁寧なお方なんよ。
そして、アパートの住人が「金を貸せ」と押し迫ったときも、快く貸してしまうと。

長年連れ添った夫婦は似てくる、とよく聞くけど
このお二方はまさにそんな感じ。
ゆっくりした足取りで、腕を組みながら歩く姿は、うちにとっての
ザ・理想の夫婦じゃ。
将来どんな夫婦になりたい?と聞かれたら、その夫婦と即答するよ
あたしゃ。
いつも一緒で、お互い思いやりに満ちたあの眼差しの暖かいこと。
将来、あんな夫婦になれたらなあと 見るたびにいつも思う。
旦那にも、そう思わん?と聞いてみたところ
「そうだね、ホントに仲良いよね、あの二人♪」と言うとった。

もう一人は、今時はちょっと珍しいお若い人。
旦那の学生時代からの友人夫婦なんじゃけど、この妻がその昔
とってもワルだったそうな。
いわゆるヤンキー?タバコをふかし、親の言うことに反抗し
学校をサボる。

そんな彼女に転機が訪れたのは、何かのキッカケで行った教会で
そこで彼女の人生はガラリと変わったそうなんよ。

家中にはイエス様やマリア様の写真や十字架がたんと飾られており、
食前の前にはお祈りも欠かせんそうな。
カトリックでは、堕胎はもちろん避妊も禁止だそうで
以前旦那が「子どもは何人ぐらい考えている?」と問うたところ
「神のお心の召すままに任せている」と答えたそうな。
よって子どもの数は、ポーランドではぶち珍しい4人!!!

そして出生前診断には断固反対。
神が与えてくれる命に何ということをするのか、そういう事をしようと
いう人とは口も聞きたくないそうで。

だからと言って異教徒の人を排除しようとか、カトリックでなければいけない
とか、あなたも教会行きなさいよ、など言うことはなく
うちの事も、暖かく迎え入れてくれる。

この二人、昔はしょっちゅう喧嘩しよったらしいが
二人とも敬虔なカトリック教徒になってからは、喧嘩も減り
お互いの短所も受け入れるようになったそうな。

こちらの夫婦も、上の老夫婦と同じで とっても穏やかでお互いを
分かり合っとる感じが伝わってくるんよ。

子どもたちも勿論、カトリック信者として育てとる。

以前こんなエピソードを教えてくれた。
下の娘(赤子)が、あやしてもミルクをあげても どうしても泣き止まなく
親も、もうお手上げ!って時に、上の娘4歳が現れ、赤ちゃんの耳元で
ゴニョゴニョ言ったそうな。

ほしたら、赤子は泣き止んだんじゃと。
驚いた母が「一体どうして そんな事が出来るの?」と聞いたところ
娘は 「ママ、私の心にはイエス様がいるの。イエス様の教えに
従ったの」と静かに言ったそうな。

それを聞いた母親は、もう鳥肌が立ったそうな。

確かにすごい。
若干4歳で、イエス様の教えに従ったと、普通の4歳児は言えんのじゃないかね?

少なくともうちの4歳児は・・・
「ぶりんご、ぶりぶり~くさい~お○ら」とかよく言いよるんじゃけど(汗)
幼稚園行きだすと、そういう言葉ばっかり言うようになり困るわ(苦笑)

上記の家庭では、厳禁じゃろ
子どもがいくら汚いことばが好きとはいえ
どうしても言わざるを得んならば・・・・そうじゃね・・・
「腸から発生したガスが、排出される際、「出口」の上皮を震わせる
ためにより起こる発生音及びその臭気が非常に不快である」とか?
そんな事言う4歳児がおったら、神童じゃわ。



*おまけ*

愛に国境は無い・・・
ネコに宗教は無い

IMG_3037.jpg






別窓 | 未分類 | コメント:0 | | ∧top | under∨
国際結婚カルチャーショック (肉と魚が同時に食卓に並んではいけない)
以前、新婚時代にスープの素を使って コンソメスープを作り
それを夕食に出したところ
ポーランドではスープの素だけを使ったスープはニセモノである!
ということが分かりカルチャーショックを受けたゆう話、書いたんじゃけど 
→ 新婚時代とオニオンスープ

ある日の夕食時、別なるカルチャーショックがまた食いしんぼ家を襲った。
その日のお献立は、確か焼き魚と肉じゃが、味噌汁、炒め物か何かだったと思う。

食卓に並んだお皿をジロリと見た旦那は 
「えええ!!肉と魚がどっちもあるじゃない?!」とそりゃあ驚くわけよ。
その反応を見て、更に驚くうち。
え?普通じゃない?
肉といっても、肉じゃがに使われとる肉なんてひき肉ちょっぴりじゃし
ザ・肉塊ってわけでもなし。

でも旦那は「ヘンだよ、ヘン。どっちもなんて。肉か魚どっちかにしなきゃ」と
腹立だしいことを言うんよ。

その時は何言っとるんじゃこの人は!と思ったもんじゃが、
確かにポーランドでは メインは肉または魚と決まっとるよね。
日本みたいに、ご飯とおかずを何品も並べずに 
主食はゆでじゃがいも、それにサラダ、肉料理もしくは魚料理で
どっちもお皿に入ることなんてない。

そうやって育ってきたけえ、一回の食事に例え微量とはいえ
肉も魚も並ぶのが 向こうにとってもカルチャーショックだったらしいわ。

という理由から、食いしんぼ一家の食卓は肉が出るなら肉だけ
魚なら魚だけと どちらも食卓に並ぶことはない。

とはいえ、たまーに、前日の残りの豚肉のうす切りが冷蔵庫にあって
ついでに使ってしまいたいー!という時は、どっちも並ぶこともあるんよ。
旦那も慣れてきたんか 今は何も言わんけど。

ある日の夕食

IMG_3034.jpg

玄米入りご飯、中華スープ、サーモンの照り焼き マッシュルーム添え
キムチ、海老入り生春巻き(海老は魚介類とみなすのでOK)
カレーコロッケ(肉なし)
コロッケには広島人のソウルフード、オタフクのお好み焼ソースね。

揚げ物はは翌日のお弁当に使えるけえ便利

IMG_3035.jpg

ちなみに この中華スープじゃけど、スープベースは
ラーメンのスープと同じこうにして作るんよ→自家製ラーメン

こうして出来たスープに人参と椎茸を入れて柔らかくなるまで煮たら
豆腐をいれて煮、湯戻しして食べやすく切った春雨を投入
仕上げに溶き卵を流しいれ
わかめ、胡麻油少々、青ネギ、白胡麻を散らして完成

IMG_3036.jpg

初めてこの手のスープを作ったときは
「何!卵がスープに入ってる~えええ!!」ってこれまた驚かれたんじゃけど
卵入りスープはうちの好物じゃけ 
「文句があるなら食べんでええよ」と一喝
今は慣れたんかモグモグちゃんと食べとります。


*おまけ*

もふもふニャンコ 

IMG_3023.jpg


別窓 | | コメント:2 | | ∧top | under∨
カトリック国家ポーランドと 幼稚園 宗教の時間
ご存知、ポーランドはカトリックの国で、国民の95%以上がカトリック信者と
言われとる。
よって通常 生後数ヶ月で教会にて洗礼を受けさせるんじゃ。
両親揃ってポーランド人の家庭じゃと、ほぼ絶対子どもに洗礼を受けさせる
んじゃないかねえ。

子どもを是が非ともクリスチャンにしよう!という意気込みがあって、というより
教会で結婚式をしたから、子どももカトリックに・・・という流れでする人が多いよう。

建前だけのクリスチャンという人も とても多く、洗礼は受けたものの
教会に行かんとか お祈りはせんとか 金曜日も肉を食べるとか(クリスチャンは
金曜日肉を食べてはならない)いう人を結構聞くんよね。

で、子どもたちは幼稚園・小学校に入ると「Religia」という宗教の授業を受けるんよ。
じゃがね、これは強制じゃない。
嫌じゃったら拒否してもええらしい。

じゃあ、そういう子はどうするん?と言えば 自習するらしい。
実際、自習する子はおるんじゃろうか、ほとんどの子が洗礼を受けとるはず
じゃけ、ほぼ皆無なんでは?と思いきや、まあまあおるらしい(学生曰く)

旦那が子どもの頃はクラスの皆が宗教の授業を受けとったらしいけえ
時代は変わったということかね。

実は旦那の家族はエセカトリックということもあり、家族全員が洗礼を受けとる
にも関わらず、教会へ行きやせん。
せいぜい復活祭のとき、食べ物を入れたバスケットを教会に持っていくぐらい。
それもクリスチャンだから、という理由より ただのイベントとして行っとる。

というわけで、子どもが生まれたとき 洗礼はどうするかという話になって
旦那は 「もちろん受けさせないよ」と言ったんよ。
ポーランドの宗教関係の事はよ~分からんけえ、旦那に全て丸投げにする
ことにした。

ほとんどの子が洗礼受けるのに、小学校へ上がってから やーいお前は洗礼
受けてない!ってからかいの対象にならんじゃろうかと一抹の不安はあったん
じゃけどね。
でも最終的に同意した。

もし洗礼を受けさせるのなら、形だけの洗礼じゃのうて ちゃんとカトリックとして
旦那が 責任を持って育てんさい。
それが出来んのなら せん方がええわ、と。

じゃが!!それに黙っとらんかったのが旦那の父親じゃった。
「何?洗礼を受けさせない?そんなのダメだ!皆受けるんだから。
受けてなかったら学校でいじめられるかもしれないじゃないか」と。

旦那が「でも僕たちは教会で結婚式を挙げてないからダメだよ。
妻もカトリック信者じゃないし。そんなことでいじめられないって」と
説得して 何とか旦那の父も表面上は 納得したようにみえた。

じゃが!じゃが!!
そんな事で大人しく引き下がるような旦那の父ではなかった。
他の教会で子の洗礼を断られた知人が、札束を持って(要はわいろね)
別の教会へお願いに行くと、すんなりOK♪をいただいたという話を聞きつけて
まずは、話だけでも聞きに行こうと
うちの近くの 旦那が小さい頃通わされとった教会の神父さんの所へ出向き
頭を下げ、何とか頼むとお願いしたそうな(without 札束)

そうしたら、義父の話を聞いた神父さんは 「私はこの場ではい、とは言えない。
まず この二人をここへ連れてきなさい。直接話しがしたい」と言ったため
義父は 勝手に日と時間を予約してしもうた(汗)
初めは洗礼させないと言っていた旦那も、学校入ったらからかわれるぞ
親としていいのかと義父に責められるうち、形だけでも
しといた方がいいのかと迷い始めた。

ということで、その当日 赤子を義両親に預け うちら夫婦は神父さんに
会いに行ったんじゃ。

体格のええ神父さんでね、クリスマスが近いということも関係してか?
白地と赤の「いかにも」って感じのトナカイのセーターをお召しになって
いらっしゃったわ。

初めは うちについて どこから来たんかとか ポーランドの生活はどうだとか
聞いてくれて まあ和気藹々と進むかと思いきや、
旦那が、実は子の洗礼をお願いしたく・・・と口を開いたところ
お説教モードにスイッチオン~。
コッテリしぼられましたわ。うちじゃなくて、旦那がねww
要は、クリスチャンとは名ばかりで 実際は日曜日教会も来とらんし
(ワシは何年も君の顔を見てない!来てないのを知っているんだ!と)
教会で結婚式も挙げていない。
そんな両親の元に生まれた 子どもがクリスチャンとして育つとは思えない
だからお断り、だそうな。
見栄だけで 洗礼を受けさせるなんてとんでもない。
本当にカトリックとして 育てたいと心から思うのなら 喜んでお手伝いしよう。
でも、今までの君の様子から そういった理由とは思えない。
子は両親によって 無理やり洗礼を受けされられた犠牲者となるだけだ。
簡潔に説明するとね。

洗礼はせんけえ さっさとお帰り!というわけじゃなく 延々と説教が
続いて 何言っとるんか さっぱり分からんうちも 口の端からの
つばの飛び具合から 結構ご立腹だということは よおく分かった。
その説教は延々と1時間以上は続いて、暇で暇で仕方なかったうちは
神父さんの白と赤のスウェタ~を見つめながら 
ジングルベル ジングルベル すっずが~鳴るう♪と 一人心の中で
軽く口ずさんどった。

まだか まだかと思った説教はようやく終わり、その時 神父さんは
くるりとうちの方を向き
「旦那には色々言ったけど、ポーランドでの生活、頑張ってね。
息子さんが健康で育ちますように」と言って 初めて微笑んでくれたんよ。

帰り道、旦那はかなりご立腹なようだったけど
出来んのなら 出来んと門前払いをすればいいだけ、わざわざ長時間
説教する必要はないとね。

じゃが、うちはその神父さんに すごく好印象を持ったわ。
賄賂さえ握らせれば動く神父さんもおる中、自らの信念で断った。
その上、説教するというのは 彼にとってもええもんじゃないことは
確かなのに、言わずにはいられんかったんじゃろうなと。
これぞ 真の神父さんじゃなと。
そして 彼の言うことはほんとにごもっとも。
形だけの洗礼なんて要らん。子どもが大きくなって 自ら洗礼を受けたいと
自分の意思で言うなら、成人洗礼を受ければいいことじゃ。

帰宅してから、神父さんにお説教をくらったという話をしたら
さすがの義父も諦めてくれたようじゃ。ほっ♪

さて、そんなポーランドの宗教事情と我が家の事情をふまえた上で
息子が通っとる幼稚園の「宗教の時間」について書こうと思ふ。
宗教の時間があるのが、年長クラスのみで 週に二回 各30分ずつある。
おそらく強制じゃないと思うんよ。

息子は年中クラスじゃけえ、まだその宗教の時間についての詳細は知らされ
とらんけど、年長に上がる前に、受けさせるか否かの選択が出来るはず。
うちの旦那の方針としては、受けさせないということになるわ。
いずれも朝8時半から9時までじゃけ(シスターによる授業)
おそらく9時に登園という形になるかな。

ちなみにね、年長になって いきなり さあ!カトリック信者について
学びましょう~♪というわけじゃなくて
クリスマスが近づいた頃から、幼稚園でクリスマスに関する踊りや
劇をするそうなんよね。
その時、イエス様やらマリア様について 学ぶらしい。

というのもね、先日 息子を迎えに行ったときに先生に
「今クリスマスが来月ということもあって クリスマスの歌を練習してるん
ですけど、息子君にそういう宗教がらみの歌を教えてもいいですか?
いかにも宗教!って感じじゃなくて、もみの木が~とかそういう
お堅いもんじゃないんだけど。どうですか?」と
聞かれたんよね。

うちの答えは「どっちでもいいです」
皆が歌を歌っている中 「息子君はお母さんがダメって言ったから 見てるだけよ」
とか万一言われたとしたら、それはちょっと・・・・
皆が一緒にすることを させて欲しいな。
そう言ったら先生は「 そう!じゃ、歌を歌ってもいいってことね。了解」
と言ってくれた。

こうやっていちいち保護者に確認するということは 
嫌悪感を示す親御さんも おるということじゃろうか。
うむ・・・

日ポミックスのお子さんをお持ちの読者の方、お子さんに洗礼を受けさせましたか?
それは 誰の意向によってですか?
洗礼を受けさせたことに満足していますか?
そして学校でも宗教の時間を選択させますか?
もしよろしかったら お答えいただけると幸いです!
そしてこれから お子さんをお考えの方、洗礼を受けさせますか?
なかなか聞く機会がないので 
皆さんの意見等があれば、お待ちしております。



別窓 | ポーランドの幼稚園 | コメント:8 | | ∧top | under∨
幼稚園 給食編
息子が通う公立幼稚園には、給食室があって そこで調理をしてくれとる。
給食費が一日あたり4食で6PLNと激安なもんじゃけ(まあ国から補助が出とるけ
この値段でやれるんじゃろうけども)たいして期待しとらんかったんよ。
でも、なかなか充実しとる。

チーズやバターやクリームが苦手な息子にとっては、乳製品オンパレードの
ポーランドの給食は 最初は辛かったみたいなんじゃけど
今は慣れて 完食してくることもしばしば。
完食したら、服に赤いシールを貼ってくれるけえ、見れば一目瞭然

では、気になる今週一週間のメニューを公開するわ

(月) 
朝食 8:15 全粒粉パン、ハム、きゅうり、チーズ、パプリカ、ミルクコーヒー

         このコーヒーは本物のじゃのうて、「インカコーヒー」ゆう
         カフェインを含まん いわゆる麦茶みたいな
         コーヒーを使っとると予想される。

第二朝食 10:00 生にんじん(毎週月曜日はにんじんの日らしい)

昼食 11:45 りんごごはん(シナモン入り)ナチュラルヨーグルトミックス
          はちみつ入り紅茶

          ぎゃ、ぎゃ~出たよ!甘いご飯が。カルチャーショック!

スープ 14:00 じゃがいもスープ(チキンで出汁をとったもの。
           ちゃんとチキンの骨から作りましたって明記されとる)

おやつ 15:00 バター付きパンか魚ペーストを塗ったパン 好みでねぎや
            ハム、トマトを添える
           (なかなか渋い!昼食に甘いものが出たらおやつは
            砂糖を使っとらんもんになる。)

(火)

朝食 サンドイッチ、白チーズのオムレツ

第二朝食 みかん

昼食 七面鳥の肉だんご、茹でじゃがいも、赤キャベツとりんごのサラダ、紅茶

スープ 白いバルシチ(ジューレックみたいなもん)ヌードル入り

おやつ ナチュラルヨーグルト はちみつとグラノーラ入り 

(水)

朝食 サンドイッチ(だいたい毎日同じような感じの)

第二朝食 オレンジ

昼食 スパゲディボロネーゼ マッシュルーム入り、白菜サラダ、紅茶

スープ 野菜スープ

おやつ パイナップル、ブディン(どろどろのカスタードクリームみたいなやつ
     うちは苦手)

(木)

朝食 サンドイッチ ミルクココア

第二朝食 キウィ

昼食 じゃがいも団子 ひき肉入り、にんじんのバターグラッセ、りんごジュース

スープ ひき割り麦入りのスープ

おやつ バナナ、砂糖なしの平べったいパン

(金)

朝食 サンドイッチ、ミントティー

第二朝食 りんご

昼食 カレイのパン粉焼き(カトリックのお国なので金曜日に肉は食べん)
    キュウリのヨーグルトサラダ、ミントティー

スープ かぼちゃと人参のクリームスープ

おやつ ケーキ(毎週金曜日のおやつはケーキ)、紅茶


次回は宗教の時間について


         
別窓 | ポーランドの幼稚園 | コメント:2 | | ∧top | under∨
幼稚園 入園から1ヶ月弱
息子が近所の公立幼稚園に通い出して約一ヶ月が経ったわ。
慣れるまでが ほんま大変だったんじゃけど 一ヶ月経った頃からかね
ようやく朝別れる時 泣かんようになって 今は楽しく通っとるよ。

通い始めの頃は夜寝る前になって 「幼稚園行きたくない」と泣き出すほどでね。
普段も元気がない。

前の財団法人の幼稚園の時は、そりゃ最初はちょっと泣いた日もあったけど
割とすんなり慣れたけん、
「どうして ここの幼稚園は嫌なんじゃろ?そんなに合わんのなら 
やっぱりトラム通いでもええけえ 別系列の幼稚園にすりゃ良かったかね」と
うちら両親は少々悩んだんよ。

でも、結果的に ここの幼稚園にして良かった!と今は思うとる。

利点をあげれば

1.一日のスケジュールが無理のないように組まれとって
毎月、劇団がやって来たり 音楽のコンサートがあったりする
(エンターテイメント多し) 

2.歯科検診も無料でやってくれる(検診を受けさせたければ国民保険に入っとる
ことが必須。PESEL要)
そろそろ歯医者に定期健診に連れて行かにゃ~と思っとっただけに
幼稚園でしてくれるとは!と感激

3.毎週1回子供セラピストの方が来るけえ、悩み事等あれば(親が)相談できる。

4.給食がある。ケータリングのものじゃのうて 給食室で作ってくれる。
  内容も結構充実しとる(メニューはまた後日)

5.本物のピアノや大きい体育館がある

6.週に2回 体育の時間、3回英語の時間、2回リトミックの時間がある

7.庭が広い

そのぐらいかねえ。
マイナス点はというと

1.子供の数が多く、先生の手が行き届かない
  (逆を言えば自立を促すのには良い)

2.先生が忙しすぎて保護者と先生が話す暇なし。
  よって、お知らせごとはドアに貼り付けてあるか
  幼稚園のHPを見るかする。
  (例えば 11月には「くまの病院の日」という日があってね、この日に
  お医者さんが来て 病院の検診のことなどについて 話してくれるんと。
  ほいじゃけ、子供達はそれぞれお気に入りのぬいぐるみを持参とのこと)

3. モノがすぐ無くなる(涙)
   これも手が行き届かんいうのもあるんじゃろうけど・・・手袋早速無くしたし
   毎週金曜日はおもちゃの日で、子供達それぞれ好きなおもちゃを持っていくん
   じゃけど、早速トミカのミニカーを無くした(泣)
   日本のじいちゃんに買ってもらった大事なミニカーだったのに・・・
   これはまあ、しっかり見とらんかった息子も悪いけしょうがないけど。
   今度から、金曜日はおもちゃ持って行かせんでもええかなあと思うんよ。
   絶対持っていかんきゃいけんわけじゃなさそうじゃし。

 (続)  次回は給食について









別窓 | ポーランドの幼稚園 | コメント:0 | | ∧top | under∨
ごま風味の混ぜそば
先日、いつものようにラーメンのスープを作り チャーシューラーメン
2日間に渡って食したんじゃが スープが中途半端にちょっと余ってしもうた。
捨てるのは勿体無いけえ どうしたもんかなと考えて スープちょっぴりの混ぜそば風
ラーメンを作って見ることにしたんよ。

ラーメンの器に練りゴマ1人分に対し大匙1、ラー油少々、醤油少々入れてよく混ぜて
そこへ温めたスープ約80ccぐらい入れてしっかり混ぜ 茹でたての麺を投入

上には味玉、ほうれん草の茹でたんと、チャーシューをのっけて完成♪
食べる直前にしっかり混ぜて いただきまーす

IMG_2970.jpg

ゴマが濃厚でなかなかイケたわ
スープが中途半端に余ったときにええ

これでスープは無くなったんじゃけど、今度はチャーシューがまた微妙に余って
しもうた。

このチャーシューで作ったのが こちら
納豆スパゲティー

IMG_2928.jpg

このスパゲティーはね、納豆嫌いなお子さんに一度試してもらいたい!
うちの息子は2歳になったぐらいから 急に納豆ごはんや納豆オムレツを
臭いと言って拒否するようになったんじゃ。
でも、不思議と納豆スパゲティだけは 美味しい美味しいゆうて食べるんよ。
納豆臭さが飛ぶけえ、食べやすいと思うわ。

作り方は、まずフライパンにオリーブオイルを熱してニンニク一片を炒め
そこへ小さく切ったチャーシュー、またはベーコンやハムを投入
続いてほうれん草を入れて(なければネギでも)炒める
だし醤油か醤油と砂糖を合わせたものを加えて 炒め合わせておく
(ちょっと甘めの方が子供には食べやすいと思うわ)

茹で上がったパスタの茹で汁を先ほどのフライパンに小さじ2ぐらい入れて
しっかり混ぜ、パスタを入れて混ぜたら完成
お皿に盛ったら海苔をふりかけて召し上がれ。



*おまけ*

今日のおやつはみかんゼリー

IMG_2969.jpg



別窓 | 料理 | コメント:0 | | ∧top | under∨
「日本」の塗り絵
昨日、息子を幼稚園に迎えに行ったら 先生が出てきて
「こんなのが出てきたから これあげるわ。ちょっと古いんだけどね」と言って
JAPONIA(日本)と書かれた冊子をうちにくれたんじゃ。

それは未使用の塗り絵じゃった。
1993年発行のレトロ感あふるる感じ

IMG_3002.jpg

「茶の湯」
歌麿のびいどろを吹く女にかぶる

IMG_3003.jpg

ひな壇をよーく見ると 力士が居座っとる?!
内裏雛はいずこー?

IMG_3004.jpg

サムライ同士の戦い・・・
何か中国とミックスしとるような気もせんではない
喉元がヨーロッパ風じゃけど

IMG_3005.jpg

このシュールさに鳥肌が立ったww
金閣寺に機材を持ち込み一人セッション(カメラ付き。しかも複数)
チェケラーチェケラァ~♪って声が聞こえてきそう。
その様子を秘かに撮影する女子(怪)


IMG_3006.jpg

この女子が持っとるビデオカメラ、妙になつかしい。
最近じゃ全く見んけども、 うちが幼稚園・小学校の時は
ビデオカメラゆうたら 覗くタイプのもんだった。
発表会や運動会に このタイプのビデオカメラを持ってきとる父親の
多かったこと。

古き良き90年代を思ってちょっぴりしんみりしたんでありました。
しかしええもんもらったわ!
勿体のうて 息子にゃ塗り絵として使わせんよ。
しまい込んでおこう。


*おまけ*

今日のお弁当
ピリ辛チャーハン&タコとブロッコリーのガーリック炒め
このお弁当箱はポーランドで買ったやつ。
食べ終わった後はコンパクトに畳めるという優れものよ。

IMG_3001.jpg





別窓 | 日常生活 | コメント:2 | | ∧top | under∨
昨日は独立記念日じゃった
11月11日の昨日は何の日?
ポッキーの日よね♪ 
ポーランドでは 独立記念日じゃったんよ。
祝日ということで 学校・幼稚園は休み、お店も閉まるんよ。

独立記念日には毎年恒例のパレードを義両親と見に行くつもりじゃったんよ。
朝早起きせにゃいけんのが ちぃとたいぎいけどね。

独立記念日というたら 国旗!国旗といやぁクッキー!
ということで お茶の時間に持っていく用にクッキーを作ってみた。
今回は 前回よりもビーツの汁を多めに入れたんじゃ。
前回作った試作はこちら→ビーツで国旗クッキー

IMG_2990.jpg

じゃが!!
10日の夜から義母が胃腸風邪にかかってしまったらしゅう、トイレに篭ってしまったと。
お気の毒に・・・どっかで移ったらしいわ。
ということで、結局家族3人で過ごすことになったわ。
頼りのベビーシッターじじばばがおらんもんじゃけ、暇を持て余す・・・
小雨も降りよったけえ外出する気も出ず。
料理も義両親のうちでご馳走になるつもりじゃったけえ、家に何もない。

ということで、近所のハンバーガー屋 ブルゲルマニアに行って
どーんと一つ食べてきた。
最近店内を改装して 中が広うなったんよ。

特大ハンバーガー 1つ15PLN

IMG_2991.jpg

後はパレードに行かん代わりにテレビでワルシャワのパレードの様子を見て
ぐーたらして一日が終わったわ。

それにしても胃腸風邪って恐ろしい。
最近流行っとるみたいなんよ。
息子がもらってきませんようにと祈る日々よ。
去年幼稚園でもろうてきて家族全員順番に総倒れで悲惨な目に合うたけえね。
手洗いうがいを更に強化して、皆様もお気をつけを~


*おまけ*

春巻き弁当

IMG_2971.jpg



別窓 | 日常生活 | コメント:0 | | ∧top | under∨
新婚時代とオニオンスープ
5年前結婚してポーランドにやって来た当初は 当然のことながら
子供もおらんかったし 仕事もなかった。

時々ポーランド語を習いに週に3回ぐらい語学学校に行きよったけど
その他には時々買い物するぐらいで 学校と買い物以外は特に人に
会うこともなく 一日が過ぎていった。
じゃけ、旦那が帰って来る夕方が毎日楽しみじゃったんよ。

嬉しげにエプロンなんてつけてさ。
新婚といえば花柄エプロンじゃろ。
日本で買ってきたザ・新婚チックなエプロンをしめて
気分は「部屋とワイシャツと私」よ。別名新婚ハイ

夕方6時になり、帰ってきた旦那を玄関まで迎えに行き
「お・か・え・り」とニヤつく。
じゃが!「ただいま♪」ゆうハートマーク付きのセリフの代わりに
怪訝な顔をして うちを見て「何でエプロンしてんの?」と言う旦那。

「だって、エプロンしてたら料理する時汚れないし。何で?」と返したうち。
うちの母親は仕事から帰った後や休みの日等、家におるときはたいがい
エプロンをしとった。じゃけ、それが当たり前になっとったんよね。

でも旦那は「家の中でエプロンとか・・・止めてよ~何か家政婦を雇った
気分で嫌だ」とさ(汗)
ガーン、ぶちショック! 

さ、気を取り直してお夕飯を用意する。
今夜はまず野菜たっぷりのコンソメスープを

そのコンソメスープは実家でもよく作りよったスープでね。
ベーコンと玉ねぎをしんなりするまでオリーブオイルで炒め、キューブ状に
した人参、パプリカ、じゃがいも等を入れて更に炒め
次に水を注ぎ、コンソメキューブをポンを入れて 塩こしょうで味を調える。
仕上げにパセリをパラパラっとね。
パセリで「すき」って散らそうかなと一瞬考えたけど スープ皿を運ぶ途中で
揺れてぐじゃぐじゃになるのが分かっとったけえ止めた。

スープを目の前にした旦那は、「いただきまあす♪美味しそ♪」と言う代わりに
目を皿の中のスープにぐっと近づけて ジロリと見つめ、くんかくんかと嗅ぎ
それから視線をうちに向けた。
そして一言 「このスープ、スープの素(コンソメ)だけで作ったでしょ」と。
え、そうだけど。何故?と聞くと
「スープの素で作るなんて邪道だよ。ホラ、見てご覧。スープの上に浮いてる
脂を見たらチキンで作ったスープか、コンソメで作ったスープか分かるんだ」
・・・・・驚愕!
スープといやぁコンソメじゃろと20ウン年間思っとったうちはショックを受けた。

ここまで書いて思ったけど、これだけ読むとうちの旦那ものすごい嫌なヤツ(笑)
ぶち嫌味たらたら、よくマンガで見るような 新婚息子の家を訪れて箪笥を
指でこすり、指の埃をふーっと吹き 「ちゃんと掃除はしてる?」と言う
ザ・姑の図とかぶるww
実際は穏やかで滅多に文句は言わん人なんじゃけど

思い起こしてみれば新婚当初は色々言われよったんかも。
ずっと遠距離でやってきたのに、いきなり毎日一緒に生活を共にするとなって
戸惑いがあったようじゃ。
それはうちも同じ。
今まで当たり前と思っとったことが こっちでは通用せんとか、沢山あるんよ。
スープもその一例よ。

コンソメで作るスープが邪道とはね・・・
日本人感覚で言えば、昆布やいりこで出汁をとって味噌汁を作らず
お湯を沸かして その中に「だし入り味噌」と書いとる味噌を溶かしただけの
味噌汁が邪道と同じようなもんかね。

じゃ、ポーランド流のブイヨンの作り方を勉強しよう!と思っても
ポーランド語はさっぱり分からんし読めん。

じゃあ、日本語で検索してみることに。
ポーランドにお住まいの方のブログに「ロスウ」という
ポーランドのブイヨンスープの作り方が 詳しく書いてあってね。
これならうちにでも作れそう!と思って 早速マネて作ってみた。
最初は上手に出来んかったけど、数をこなすうちに旦那も認める
ロスウが作れるようになった。

ロスウを作るためのお肉は、うちは一番安い鶏がら(Korpus z kurczaka)
を使う。
スープに使う野菜は こんな風にスープの素として市場で売っとるもんを使用。
人参、白人参、根セロリ、白ネギのミックス 2PLN

IMG_2976.jpg

これらの野菜をしっかり洗って、別に玉ねぎを半分に切ったもんをガスコンロの
火でじっくり炙ったもんも加えるんじゃ。

IMG_2977.jpg

鶏がらと野菜、粒こしょうとローリエも入れて2時間半弱火でじっくりコトコト煮たら 
塩とベゲタという調味料(味付きの塩みたいなもん。
ニンニクや玉ねぎ、人参の粉末等が入っとる)を入れて出来上がり。

IMG_2974.jpg

このブイヨンさえ作っておけば、これをアレンジして色んなスープが作れるんよ。

今日紹介するんは このブイヨンを使ったオニオンスープよ。

オニオンスープ2.5人前に大きめの玉ねぎ2個を使用するんじゃ。
フライパンにオリーブオイルを入れて 玉ねぎを炒める

IMG_2972.jpg

茶色っぽくなってしんなりしたら 小麦粉を大さじ2ぐらい入れてよく混ぜながら炒める


IMG_2973.jpg

それに先ほどのブイヨンを注ぎ込み
15-20分ほど煮込んで 玉ねぎが柔らかくなったら出来上がり。

食べる直前にパセリとクルトンを散らして召し上がれ♪

これにちょっと手間かけてオニオングラタンスープ流にするんもお勧め。
わざわざオーブンで焼くの、面倒じゃろ。
そんな時はフライパンでパンを両面カリカリになるまで焼いたら
チーズをふりかけ、レンジで20秒ぐらいチンしたら そのパンを
スープに投入

簡単オニグラ風スープの出来上がり~

IMG_2975.jpg

寒い冬にふうふう言いながら食べると最高よ。
うちは断然クルトン派♪

別窓 | ポーランド料理 レシピ | コメント:4 | | ∧top | under∨
| 気ままなポーランド暮らし 笑ひを込めて | NEXT

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR