2015年を振り返る
2015年も もうすぐ終わりじゃね。
毎年のことながら あっという間の一年じゃった。

今年は本厄ということもあって 一体どんな恐ろしいことが
起こるんじゃろと ぶちビクビクしとったんよね。
去年の抜歯騒動があってから、もう怖くて怖くてさ。

春に念願の桜を見に家族で里帰り出来たのは良かったんじゃけど
その帰りの飛行機の中で まさかの歯紛失騒動があって
血の気が失せたなあ 結局あって良かったけど。

無事歯が入れられたものの、歯根治療がうもう行かんで何回も
歯医者に通い、夜中に急激に痛み出して一睡も出来んかったりと
そりゃあ辛かったわ。
全ての治療が終わったのが 9月になってのことじゃった。

2015年は、歯に振り回された年だったなあ。

ほいでも、ええことも沢山あった。
今年はブログを通して 色々新しい方と知り合うことが出来たんじゃ。

当初は 地元に住むうちの友人やポーランドに住む友人たちに
「こんな生活しとるんよ」と見てもらうため
いわば 日記代わりみたいなもんで始まったブログじゃが

メッセージやコメントをいただいて 
その中でも実際にお会いすることが出来た方もおった。 
どの方も ええ方ばかりでね。

ブログが無ければこうして 出会うこともなかったんじゃろうと思ったら
何とも感慨無量じゃ。

こちらへ越してきた当初から、思いをしたためたブログなぞ書いてみたいとは
ずっと思っとったんじゃけど、正直 ネット=怖いという感情が拭い切れんでね。
すんごいおぞましいコメントもろうたらどうしようとか 
誰かを不快にさせてしもうたらどうしようとか

ここまでネット社会を恐れるのは、遡ること約15年 うちがうら若き高校生の
頃の ある出来事があってからよ。

そう、15年前 世間でまだインターネットがあまり普及してなかった
あの頃。

うちの通う高校では週に1~2回情報やコンピューターのクラスがあったが
家庭でインターネット使い放題にしとる人は 少なかったように思う。

そんな中、食いしんぼ実家でも 念願のインターネットをひくことになったんよ。
その当時、将来はツアーコンダクターになりたいと思うとったうち
理由は世界中を回れるからというもの。
ケーキが沢山食べられるから お菓子やさんで働きたいという子供レベルの
発想さww

ツアーコンダクターになるには どうすりゃええじゃろ~と思うとったんよ。
そこであるサイトに登録したんじゃ。
掲示板で友達を探す、みたいな そんなサイトね。

そこへ「将来のゆめは ツアーコンダクターです。世界を色々見てみたいと
思います。実際にツアーコンダクターをしていた方からの話が聞きたいです」
だか何だか まあ、そういう感じの文を載せたわけよ。

ほいで待つこと数日 30代じゃというある男性からメールが届いた。
何でも以前ツアーコンダクターをしていたとのことで これこれあーゆー国に
行ったとか彼の体験談を書いて送ってくれた。
それからコンダクターになるには これこれこーゆー勉強をすればいいとか
英語は必須だとか まあアドバイス的なこともあったように思う。

それから数回メールのやり取りをしたんじゃ。
親切な男性というイメージじゃった。
でもやがて話すことものうなって メールの返信を怠ったんよね。

ほしたら 数日経って 目玉が飛び出るようなおぞましいメールが来た。
ありとあらゆる限りの汚い言葉を使って罵倒されたんよね。
こんな感じ
「 人がせっかく親切に教えてやったというのに恩を仇で返すつもりか 
家畜以下だ お前は!この雌豚
てめーなどツアーコンダクターになれっこないわ」とか 
まあそんな感じの内容ね(苦笑)

返信がこんなに遅れただけで雌豚だのてめえ呼ばりされて
震え上がったわ。
でも親とかには相談できんかったんよね
自分が登録したせいじゃし・・・と思うたけえ

大人になった今では、そんな愚か者はスルーするのが一番と分かっとる。

けど、血気高い女子高校生は 何か一言いってやらにゃーすまん!という
気になって
「ひどいじゃないですか。そんな性格だと どんな女性にも相手にされませんね
お気の毒様」 みたいな内容のメールを送ってしもうたんよね。

そしたら まあ荒れた荒れた
リアル2ちゃんねる(苦笑)
かというほど おぞましいメールが届いてね。
顔が見えん分、好き放題言える ネットというものに恐怖を感じたわ。

いや~怖かった。
さすがにそれには返信せんで 放っておいたら何も来んようになったけど
すぐその登録サイトから名前は外したんじゃ。

そういう経験から、見ず知らずの人から いきなり雌豚呼ばりされたら
嫌じゃけえ ブログなどもってのほか!と思うとったんよね

しかし雌豚じゃのうて 焼き豚だったら まだ許せたかもね・・・
「この焼き豚め!海苔乗っけてホカホカしやがれ」と言われたんなら
ま、えーかとなったかも?ww

話は戻るが、そんなネット社会嫌いのうちに ブログを始めてみたら?と
背中を押してくれたのが ポーランド在住の友人じゃった。

その友人のおかげで うちの世界が広がったことに感謝感謝
すてきな出会いが沢山あった。

今年一年ブログを読んでくださった皆様 
コメントをくれた皆様
「拍手」や「いいね」を押してくださった皆様
心よりお礼を申し上げます。

2016年度も どうぞ宜しくお願い致します。

それでは 皆様 よいお年を!!


食いしんぼ万歳


*おまけ*

ワタシはきっと 寝正月

IMG_3336.jpg



スポンサーサイト
別窓 | 日常生活 | コメント:1 | | ∧top | under∨
今年最後の蚤の市
ポーランド人の家にお茶などで招待された時
必ずといっていいほどケーキなどの焼き菓子が出される。
そして ケーキの小皿に添えられとるのは決まってスプーン

デザートのケーキといやあフォークじゃろと思っとったうちは
カルチャーショックを受けたもんじゃ。

旦那家族だけじゃなく、他の家でも決まってスプーンが
出てくるもんじゃから、そのうち まあ・・・スプーンでええかと
思うようになったんじゃ。

そしてデザートを出すときは うちもスプーンを添えて
出すようになり、デザート用フォークを買おうという
思いも消えてしもうた。

それから幾年も経った先週のこと、クリスマス後のショッピングで
ふらりと立ち寄ったモールにて
12月31日まで全商品50%オフという印をかがけとるキッチン用品のお店が
目に止まった。

割と高級なもんを扱っとる店で、普段はガラガラなんじゃけど 
その日は混んどった。
人ごみに誘われるように店内に入ると 
目に止まったのが 箱入りのデザートフォークよ。
シルバーカラーで8本だか10本入りだかが定価100PLNが
半額の50PLNじゃった。
シンプルで使いやすそう。
定価だと高いが、50PLNなら買ってもええかな~としばし悩み
ま、31日まで時間があるけえ 考えてみることにしたわ。

それから悩むこと数日
クリスマスの出費が多かった月じゃし、やっぱ止めとこか
いや!もう一回行って見てから決めようじゃないかと思い立ち
今日行ってみることにしたんよ。

モールへ行く道すがら ふと 「そうだ、例の蚤の市のところなら
ひょっとして ええフォークが見つかるかも!」と思って
寄ってみることにした 蚤の市 その1

そしたらば、なかなか使い心地が良さそうなデザート用フォークを見つけたわ。
そこにあるだけ7本購入 一本2PLNだったので 全部で14PLNなり
(日本円で500円せんぐらい)

IMG_3351.jpg

ドイツのものと見られる

IMG_3352.jpg

裏面に表記されとるBSF EDELSTAHLで検索してみたけど
ドイツ語がずらっと出てきてよう分からんかった・・・・
古いもんかなあ。
ま、使い心地はぶちええけえ 大満足じゃ

これを買おうと例の愛想のよろしくない(笑)おじさまの所へ
持って行ったら 彼はニヤリとニヒルな笑いを浮かべて
「おまいさんは 確か韓国人?それとも中国人だったっけ?」と
聞いてきた。

心の中で、え?私?イタリア人ですけど・・・そうお聞きになられました
よね?と思いつつww
「いいえ、日本人です」と答えたならば

「先日、友人の庭からアジアっぽいお皿が出てきたんじゃよ。
土の中に埋まってたんじゃと。こう、花柄で
中国語だか何だかよく分からない文字で書いてあるんじゃ。
今度それをここへ持ってくるから、おまいさん また来てくれるかい?
読んでみておくれよ。
え?何?中国の漢字と日本の漢字は多少違うこともある?
まー、だいたい似たような感じじゃろ!
それはさておき、日曜と月曜どっちがええ?」
(来ると行っとらんのにから もう選択性になっとる。可愛いおじさまww)
と、興奮冷めやらぬ顔で聞かれたわ。

しかし土の中から出てくるとは、ひょっとして凄いお宝かもよと
おじさまと二人して盛り上がってしもうた。
すごいのが出てきたら
 「何でも鑑定団」に出して大もうけ♪と
よこしまな考えが頭に浮かぶ

何の変哲もないただの皿って可能性が非常に高いけどね。
しかし何故 土の中にわざわざ埋める?!
謎は深まる

謎が解けるのは残念ながら年明けじゃ。
その由はまた報告するけえ


*おまけ*

地元の友人から届いたプレゼント達の一部
さすが17年越しの友人、うちの好みをよーーー分かっとる!
息子用にもありがとう。
幼稚園から帰ってぶち喜んどった。
こんなに沢山 ありがとね~


IMG_3354.jpg


IMG_5892.jpg

動物の中では 何と言っても鳥が好き!
可愛い、可愛すぎる!!

IMG_3355.jpg








別窓 | 日常生活 | コメント:4 | | ∧top | under∨
Domowy Kajmak (手作りカイマッククリーム)
クリスマスには毎回うちがお菓子を作るんじゃけど、今年は何か真新しいもんが
食べたいな~と思ってね、そうだマズレックを作ろうかと思ったんよ。

マズレックはうちの大好物
サクホロの厚めのクッキーの上にKajmak(カイマック)とよばれるキャラメルクリーム
を流し込んでデコレーションしたお菓子。
主流はキャラメルクリームじゃけど 稀にジャムやチョコレートを溶かしたクリームを
使うこともある。

これはイースターの時期に食べられるんよ。
イースター以外には見かけたことがないわ。

これは2014年のイースターにうちが作ったウサギのマズレック

10258322_705497766159488_5270278210468250872_o[1]

こん時は初めてマズレックを作ったということもあって、クリーム 失敗しとうなかったけえ
市販のもんを使ったんよね。

こんな缶入りのもんが売られとる


kajmak.jpg

思い立ったらすぐ作れるので とっても便利~

原材料はもちろんメーカーにもよって違うが どれにも共通するのが 非常に甘い!
例えば500g入りの缶だったらその約半量 250gは砂糖が入っとることになる。
ということで 今回は手作りしてみることにした。

ところが!クリスマスにマズレックを作るゆうて話したら
何故イースターのお菓子をクリスマスに作るん?って責め立てられたけえ
(大袈裟)ほんなら、タルトにすることにした。

タルトは砂糖をかなり控えめで作っておく。
中のカイマックが甘いじゃろ ダブルパンチで甘いとむつこくなるけえね。

カイマックのレシピを見ると ほんまにようけあって目移りしたわ。
砂糖を入れカラメル状になるまで焦がしたらクリームとバターを入れるという
シンプルなもんから、ミルクと砂糖を長時間混ぜながらクリーム状になるまで
煮るゆうもんから、仕上げにバターの代わりにホワイトチョコを入れるゆう
もんまで。

その中でも 比較的簡単そうなんを選んで 砂糖の量を減らしてちょっと
アレンジして作って出来たのがこちら

材料

グラニュー糖 125g
36%のクリーム 200ml
40ml 水
50g バター

フライパンにグラニュー糖を入れて かき混ぜないよう
時々揺すりながら ええ色になるまで待つ

こんな状態になったら

IMG_3330.jpg

水を加え (はねるので注意して)

続いてクリームを入れる
使用したのは こちら

IMG_3328.jpg

そしてなめらかになるまで ひたすらかき混ぜ続ける

IMG_3331.jpg

ちょっとゆるいかな?ってぐらいで火を止めて
バターを加える

IMG_3332.jpg

よーく混ぜたら 冷ましておくよ。

こんなにゆるゆるでも

IMG_3333.jpg

冷えるとこんな感じになるけえ大丈夫

IMG_3334.jpg

この状態になったら 焼いて冷ましておいたタルト生地に流し込み
デコレーションをして 冷蔵庫へ

冷蔵庫に入れるとクリームは更に固くなるけえ 切り分ける時も
ドロっとせず綺麗に切れるよ

IMG_3335.jpg

この量のクリームで タルト18cm1個ぶんと まだちょっと余ったんで 
余ったタルト生地とクリームで 直径5cmぐらいのミニタルトが5つも出来た。

このカイマッククリーム、まさに生キャラメルの味じゃ。
旦那の家族には非常に好評で すぐなくなったんじゃ。
うちとしては、ちょっとヘビーかなと思ったんじゃけどね。
バターの量を25-30gぐらいに減らして今度は作ってみようと思う。
減らしたら ちゃんと固まるかな。
その模様はまたいつか!

ケーキの食べすぎでしばらくはクリーム類、バター菓子は見とうない
大福もちと煎餅欲す・・・・





別窓 | 未分類 | コメント:0 | | ∧top | under∨
クリスマスの過ごし方
食って寝、食って寝のクリスマスが終わったわ。
一年の中で一番盛大なイベントが終わって ちょっとホッとした。

24日の夕方からは、例年のごとく 義両親のうちに集合して
ディナーを頂いたわ。

IMG_3315.jpg

まずはクリスマスの定番きのこスープから始まって
(イブのディナーの定番といやぁ赤いビーツのバルシチか 
きのこスープなんよね。去年はバルシチだったけえ、今年はきのこだそう)
魚を中心にしたメニューが沢山テーブルに並んだわ。
鯉のフライ(ポーランドでは24日は肉食厳禁なんよ。そいで鯉を食べるんじゃ。
正直味は・・・うーんって感じじゃが)
紫キャベツとパイナップルの炒め物、ピエロギ(ポーランド風餃子)二種
マスのオーブン焼き、タラのギリシャ風 などなど その数、およそ10品

義父特製のサーモンのハーブ焼き

IMG_3322.jpg

食後はデザートタイム&お待ちかねのプレゼント開封タイム
家族の中で年少者が皆にプレゼントを配るんよ

IMG_3323.jpg

リビングのサイドテーブルには ナッツやお菓子やフルーツがいっぱい
好きなときに好きなだけ とって食べるシステム

IMG_3314.jpg

この日だけは特別、夜の10時過ぎまでワイワイ パーティーを楽しんで
うちへ帰ったわ。

翌日はまた 義両親のうちへ 今度は25日の肉三昧のご馳走を頂きにね。

お昼前にも関わらずテーブルの上には常に甘いものがいっぱい

IMG_3316.jpg

左のぐるぐるロールケーキは マコヴィエッツと呼ばれとるけしの実のケーキ
クリスマスの定番ケーキよ。

それからピエルニック(ジンジャーブレッド)
うちの焼いたクッキー(はちみつとカルダモンの二種)
有名ケーキ屋 SOWAのチーズケーキ 
カイマッククリームのタルト(これは後ほどレシピをのせるわ)等々

ケーキ、これだけじゃありませぬ。
これはちょっとつまむ軽いオヤツみたいなもんで
お昼ごはんの後には更に沢山のケーキが追加されて
始終口を動かしている感じ(汗)
まさに日本のお正月と一緒じゃわ。

今回はこんなんも作ったわ。
クリスマスツリー風 カップケーキ
クリームは36%のデザート用のもんにゼラチンを溶かしたものを
少し入れたんよ。こうすりゃクリームがダレんけえ。

予行演習で着色料の代わりに抹茶で作ってみたんよ。
その方が色もナチュラルじゃし、ええじゃろと思ってね。
ほいでも、味見にと旦那に食べさせたら マズイ!と非常に不評だった
もんじゃけえね。
抹茶苦手なポーランド人には不向きかなと抹茶案は却下。
しかし・・・すんごい色じゃ(汗)
自分で作っとって言うのも何じゃが、食欲の無くなる色(苦笑)

IMG_3312.jpg

お昼ごはんとデザートを食べて お腹がいっぱいになったところで
腹ごなしにと散歩に出かけたわ。

IMG_3320.jpg

みんな似たような考えの人が沢山おると見られて
家族総出で散歩に出かけとる人も いっぱいおった。

IMG_3321.jpg

そのまま 近くの教会へ

IMG_3317.jpg

教会のカラクリ人形
クリスマスの音楽に合わせて 人形が動いたり 戸口から出たり入ったりしとった。

IMG_3319.jpg

散歩から帰ったら 冷えた体を温めるために紅茶をいただき
またケーキに手を伸ばし・・・とエンドレス
これで25日は終了。

翌日は親戚の家のディナーに招かれとったけえ 家族総出で行って来たわ。
大人11人、子供1人でディナーをご馳走になった。

じゃがね・・・じゃが・・・
滅多に会わん この親戚のおじさまが やたらと激しい咳をしよったんよ。
すごい嫌な予感がしたんじゃけどさ・・・

「サラダ、もっと取ろうか?ゴホッ・・・ゴ・・ゴホホホホン 美味しいかい?
ゲホッ ゴホホ ガホン ガホン」
そんな感じで・・・
セキをするたび 口をおさえてはくれるんじゃけど
その手を洗いもせず、そのまま料理を取り分けたり 子供に触ったりして
さあ。

ほいでも 一年に2回ぐらいしか会わん 親戚に 「もしかして風邪ですか?
そろそろおいとまします」なんて言えんじゃん?
旦那ら家族も何も言わんしさ。

結局5時間ぐらい過ごして 家に帰ったんよ。
うちら夫婦は即効でオレガノオイルを飲んだww
息子はそのまま疲れとったけえ すぐベッドに入ったんじゃけど
早速翌日からセキをし始めたわ。
親戚のおじさんと全く同じ、乾いたセキ・・・・
風邪が移ったと思われる。

幸いにもそんなに酷いセキじゃないけえ 薬は飲ませずに
オレガノ&マヌカハニーを飲ませたら 1日で セキはほとんど止まったんじゃ。
ほいでも、念のため 今日は幼稚園はお休みよ。

しかしさ~あらかじめ言ってくれれば行かんかったのに!
幼稚園で子が風邪菌をもらってくるのは 仕方ないけど
風邪と分かっとって 何故?って感じで不快感が止まりませんわ。

ええ人なんじゃけどね~
それでも子供に触るたびに 心の中で「ギャー!止めてえ」と叫んどった
んでありました。

さて、クリスマスが終わったらもうすぐ年末。
年末と新年の予定は 特にないうちら家族
お雑煮ぐらいは作るつもりなんじゃけどね。


*おまけ*

サンタからのプレゼント
一番の大物は カシオの電子ピアノ♪
幼少時から8年ぐらいピアノを習っとったんじゃけど 稽古を止めてからというもの
17年間まーったく触りもせんかった。
久々に弾いてみたい!と思ってリクエストしてみたわ。

今は家族で取り合いの日々じゃけど
これから埃をかぶらんよう 有効活用しまっす!

IMG_3324.jpg













別窓 | 日常生活 | コメント:0 | | ∧top | under∨
クリスマスプレゼント事情
12月も近くなると毎回頭を悩ますプレゼント選び・・・
ポーランドでは 子供だけじゃなくて 大人もプレゼントを
交換し合うんよ。

だいたい11月ごろから何かリクエストは無いかと義両親や
親しくしとる親戚へ尋ね、逆に自分も欲しいものを考えておく。

うちの家族の場合は、24日に交換するプレゼントは 普段から交流のある
親族と集まるということもあって 結構値の張るもんが多いんじゃ。

で、翌日 普段年数回ぐらいしか会わん旦那のいとこやら叔母さんには
だいたい15~20PLNぐらいのものを用意しとく。
チョコレートなど食べ物が多いかな。

このプレゼント選びが結構大変でね・・・
リクエストを早く貰えたらいいんじゃけど 結局欲しいモノがない!となって
「お任せにするわ」とか言われた時にゃー大弱りよ。
旦那はプレゼント選びとか興味ないけえ、こういうのはうちにかかってくる・・・
ショッピングモールを巡ったりネットで検索したりとまあ大変。

周りのポーランド人家族の中には、家族・親戚中のプレゼントを用意するのは
面倒じゃけえ、子供限定にしとる所もようけあるんよ。
うちもホンネはその案、賛成なんじゃけど・・・
でも、親族の中で子どものおるところってうちら夫婦しかおらんのよ。
よって、貰うばっかりもなあ~と思って自分からは言い出せんわけさ。

さて、そんな迷うことの多いプレゼント選びじゃが
今年は家族みんなが欲しいものがあらかじめ決まっとったけえ
スムーズに用意が進んだわ。

義母は仕事で使うスキャナーとのことで 12月半ばには用意OK
義父は何とスターウォーズのレゴ(9歳~14歳向け)ww
旦那の家族は一家総出でレゴが大好き
たとえ50代後半だったとしても心は永遠に少年らしい


スターウォーズレゴ

IMG_3262.jpg

うちらから息子へのプレゼントもやっぱりレゴ

IMG_3263.jpg

これらを旦那がネットで注文して 車のトランクに隠しておき
子が幼稚園へ行っとる間にうちが包む

ポーランドじゃ基本 包装はしてくれんけえ自分でするしかない。
クリスマスの数日前になると ショッピングモールの一角で有料で
包装してくれる所もあるんじゃけどね。
2年前一度利用したことがあるんよ。
義父へのプレゼント用のセーターを箱に入れてもらい包装紙に
包んでリボンをかけて、料金は 何と20PLN(日本円で600円
ポーランド価格からすると1000円はする)
あまりの高さにびっくりたまげたわ。

包装料が20PLN?そんなら代わりにチョコレート一箱つけたほうが
マシじゃ!ゆーことで 二度と利用することはなひ

包装紙をスーパーで買って

IMG_3264.jpg

不器用ながらもあせくせ包む

IMG_3265.jpg

包んだらこれにリボンと名前タグを付ける
このタグはロスマンで購入したもんよ。

IMG_3267.jpg

この他、毎年息子の写真入りのカレンダーを義両親と親しい親族へ送るのが
慣わしとなっとるけえ、それもEMPIKで手配して受け取り、支払い。

うちに居て一番暇なうちが自然とプレゼントの準備担当となってしまふ・・・
旦那1人に任せとったら かなーりギリギリになってプレゼントを用意しなきゃ♪と
言い出すけえ(汗)

それから夫婦でもプレゼントを交換し合うのが慣わしみたいじゃが
うちら夫婦はパス!
親族のプレゼントの用意だけでクタクタなのに、これ以上無理じゃ・・・

しかし今年は割りと早くプレゼントの手配が出来て一安心。
あとは明日の朝、旦那が息子が幼稚園に行っとる間
トランクにこれら全部こっそり運んであらかじめ義理両親のうちへ
持って行く予定なんじゃ。

子供のおる家では、プレゼントを置くタイミングは
日本のように 24日、寝とる間サンタが来て枕元にプレゼントを
置いておくんじゃなくて
24日、家族全員でイブのディナーに集まったとき、隙を見て
誰かが「あ~!流れ星じゃ!」とか言って子供の気を引き
子供がどれどれ?と窓の外を眺めよる間に
猛スピードでツリーの下にプレゼントを置いていくというケース
みたいじゃ。

これはもしかして地域によって違うんかな?
うちの住む地域は、周りの人らに聞いたら皆流れ星で気をそらす
ケースばかりじゃ。

子がサンタを信じんようになったら プレゼントはツリーの下へ置いて
置き、ディナーが済んだら皆で開けるのが定番のようよ。

しかし、子が「けっ!流れ星なんて見たくない」って言った場合には
どうなるじゃろ。明日がちと心配
うまくいきますように。

*おまけ*

クリスマス前には、先生にちょっとしたプレゼントをあげることが
多いんよ。
うちもキャンドルやら手作りクッキーやらチョコレートやらを
貰ったわ。

これは生徒さんが作ったというジンジャーブレッドクッキー
見事なデコレーション

IMG_3255.jpg

息子の幼稚園の先生に用意したのがコレ!
プレゼントの定番 ドイツチョコ
これは誰もが美味しいと認める保証付きさ!!

IMG_3261.jpg


パッケージもプクリスマス限定風
こちらを担任の先生2人と補助の先生1人の合計3箱を用意したわ。

幼稚園は明日も開いとるんじゃけど いつもより早い時間(2~3時に閉まる
そうな)きっと登園する子もすごく少ないみたいじゃけ
4クラスを合同させるかも、とのことじゃった。

ポーランド時間じゃ まだ23日じゃけど 日本ではもう24日じゃね
皆様、素敵なクリスマスをお過ごし下さい
メリークリスマス!ヴェソウェフ シフィヨント(ポ語では非常に言いにくい)

IMG_3259.jpg
























別窓 | 日常生活 | コメント:4 | | ∧top | under∨
ジンジャーブレッドハウス作り
クリスマスイブを3日後に控えた月曜日、息子とジンジャーブレッドハウスを
作ったんじゃ。

タイミングよく その日、幼稚園でヘンゼルとグレーテルの劇を見てきたところ
じゃけえ、お菓子の家を作る作る!!と息子はがぜん乗り気

組み立てるだけの簡単キット
有名なお菓子会社Tagoのもん

IMG_3251.jpg

組み立てた家を台に乗せて飾れるよう、紙細工も入っとる。

IMG_3252.jpg

このキットの他に スーパーで買ったデコレーション砂糖菓子も使うことにした。

IMG_3253.jpg

真剣にデコってます

IMG_3254.jpg

じゃが!!15分もすればやがて飽きたきた息子
「お母さん~遊ぼうよ!」
「ちょっと待って!今忙しいんだから、出来るまで待ってなさい」と
うちの方が ぶちのめりこんでしもうた。

そして完成

IMG_5883.jpg


IMG_5884.jpg


IMG_5882.jpg

ジンジャーブレッドハウスの何といってもええのは その香り!
部屋中漂うスパイスの香りに ワクワクするわ。

このまま置いとっても湿気るだけじゃけえと
組み立てた翌日から 早速食べ始めたわ。

夕食後、ダイニングテーブルの真ん中に家をどさ!と置いて
瓦を引き剥がし 戸口のヒトをもぎ取り 屋根をちぎり取りながら
無言で食い散らかした(怪)

来年は粉から自分で作ってみようかな。







別窓 | 日常生活 | コメント:0 | | ∧top | under∨
クリスマスマーケット(露天編)
前回に引き続き
今回はグダンスクのクリスマスマーケット 後半よ。

可愛らしいもんを扱う店が色々あって見移りしたわ

子ども向けのニット帽を扱うお店

IMG_3198.jpg

クリスマス オーナメント等扱うお店

IMG_3206.jpg


IMG_3208.jpg

サンタの生首?!と思って一瞬ぎょっとした

IMG_3207.jpg


続いて室内へ移動
子ども向けの小さいエプロン(防水加工付き)

IMG_3194.jpg

室内は手編みの帽子やぬいぐるみなどを販売しとるお店があって
実際その場で作ったり編んだりする様子が見れたわ。
手作りのもんって温かみがあってええわ~

この日うちがゲットしたもん。
手編みのタブレットケース

IMG_3238.jpg

マーケットで色々見た後
クリスマスツリーを見に ネプチューンの銅像前に行ったわ。

生のもみの木 迫力大!!

IMG_3193.jpg

今年のクリスマスマーケットも こじんまりしていながらも なかなか良かったわ。
オールドタウンにメリーゴーランドがあるってことだけで 
メルヒェ~ンな気分になった。

IMG_3209.jpg

マーケットが閉まる前、今度は日が暮れてからもう一度だけ
行ってみたいところじゃ。








別窓 | 観光情報 | コメント:0 | | ∧top | under∨
2015年 今年のクリスマス・マーケット(グダンスク)
週末、グダンスクの中心部で開催されとるクリスマスマーケットに
行ってきたわ。

入り口

IMG_3195.jpg

これは何じゃと思う?

IMG_3196.jpg

スケートリンクでした~

IMG_3197.jpg

イルミネーション
日が暮れてから来ると また違って綺麗なんじゃろうね

IMG_3202.jpg

この馬車には乗ることも出来る。
体重制限はあったけど。

IMG_3201.jpg

メリーゴーランドは大盛況じゃった。

IMG_3205.jpg


だいたいは去年と似たような感じだったんじゃけど、今回新しく登場したのが・・・
こちら!!

IMG_3200.jpg

この屋台を見たとたん、ああ!あれじゃ!とすぐ分かった。
あれゆうのは、去年 友人 ogrodちゃんがブロツワフのクリスマスマーケットに
行った際に食べてみて 美味しかったというハンガリーケーキのこと。
こちら→ ogrodちゃんのサイト

ぶち美味しそうじゃろ。
食べてみたいと思いつつ、その年のグダンスクのマーケットでは来とらんかったんよ。

早速一つ食べてみることに。

かなり大きそうなんで  昼食前ということもあり 一つは多いけ
旦那と二人で半分こにすることに。

ホンマはシナモンが良かったんじゃけど、旦那はシナモン嫌いなため
バニラにしたわ。

IMG_3199.jpg

コルネみたいな生地を次々と電子釜のようなところに入れて焼いていくお姉さん
かなり熱いのか 驚きのタンクトップ一枚
窓は常に開いとるのに~

IMG_3210.jpg

釜から出したアツアツの生地にバニラシュガーをかけて 出来上がり

あっちっち!

IMG_3211.jpg

サクサクカリカリで美味しかった~
焼きたての味は格別。

この他にも食事が出来るスタンドやホットワインを売るスタンドもあった
(寒いなか立ち食いなのが辛いところ。利用しとる人は
2-3人と少なかった)

IMG_3204.jpg


IMG_3203.jpg

続く(後半は露天のお店について)

別窓 | 観光情報 | コメント:2 | | ∧top | under∨
ヴィーガンレストランでランチ
先日 グダンスク ヴジェシチの駅近くにあるAvocadoに
ランチしに行ってきたわ。

ここのレストランで出す食べ物はヴィーガン(乳製品・卵も食べない
ベジタリアン)料理なんじゃ。
正直、今までは ベジタリアン料理にあまり良いイメージを持っとらん
かった。

というのも、こちらへ来てから一度ベジタリアンのレストランに行ったことが
あるんじゃけど、そこの料理がひどく不味かった上、盛り付けも多量で
うんざり・・・うちにしては珍しく 半分近く残して 立ち去ったという
苦い思い出があるんよ。

でも、ここのアボカドは 結構人気らしく ランチタイムに行ったら
満席で座れないほどなんじゃって。
そいでもってランチだけじゃのうて スイーツも美味しいんと!

12時すぎに行ってみると ちらほらと人はおったものの
ええ席を確保する事が出来た。

料理を頼んで待ちよる間も、お客さんが結構入ってきてね。
持ち帰りを頼む人も ようけおった。

うちが頼んだのはこちら

レンズ豆のクロケットとサラダ 

IMG_3161.jpg

これがすごく美味しかった!!
サクサクの皮の下には レンズ豆がタップリ
このちょっとピリ辛のソースをつけながら食べると絶品♪
サラダも美味しかったわ。
ポーランドでサラダといえば多量のマヨネーズ和えじゃが
ここのサラダは珍しいドレッシング
さっぱりしとって 野菜がいくらでも食べられそう
何となく手作りっぽいドレッシングじゃなあと思ったわ。

友人が頼んだベジバーガー
ベジミートが入っとる

IMG_3160.jpg

これも美味しかったそうで
次、試してみたいな。
近くじゃったら ご飯作りたくない日とか持ち帰りにできるのになあ。


*おまけ*

義母にもらった クリスマスクッキー
かわいい~♪♪ けど・・・激甘じゃった チーン

IMG_3163.jpg










別窓 | 外食・レストラン | コメント:0 | | ∧top | under∨
幼稚園 クリスマス会
12月も半ばにさしかかり、クリスマスまで1週間をきったね。
スーパーは この時期人でごった返しとる。
皆クリスマスの準備に大忙しなんじゃろう。

この時期は、幼稚園でクリスマス会としてキリストの生誕劇を
するのが慣わしらしい。

息子の役は「羊飼い」役
セリフは1人で読むのが1つと羊飼い役の子ら3人で読むセリフが
3つ。
これらをクリスマス会の1週間前ぐらいに先生に渡されて
「家でもよく練習してね。あ、お父さんと一緒に」と。

IMG_3151.jpg

羊飼いの衣装は各自用意するんじゃ。
義母が「羊飼いにちょうど良さそうな布を見つけたのよ。衣装は
私達が作ってもええかしら?」と言ってくれたんで
お言葉に甘えて作ってもらうことにした。

義父特製の羊飼いベスト

IMG_3147.jpg

帽子も

IMG_3148.jpg

これ、羊飼いっちゅうより羊そのものって感じじゃけど
まあ、ええとして・・・

週末遊びに行ったら 義父がその場で寸法を測って
型紙もなしに 布を裁ち、手縫いでさささ~と仕上げてしもうた。
スゴイ!!
義母曰く、お父さんは昔は自分で着るズボンもミシンを使って作ってたわよ
とのこと。

共働きのうちの義両親は、料理は義父が作り 片付けは義母担当。
お義父さんの作る料理は ザ・ポーランド料理で プロ級に美味しいんよ。
キノコ狩りに行けば鷹のような目で誰よりも沢山キノコを見つけ出し
庭についての知識も豊富。
ほんでもって壁のペンキ塗りや配線工事、床の張替えなど何でもこなす
スーパーとうちゃんなんじゃ。

ポーランド人男性は何でも自分で直すとよう聞くけど
服まで作っちゃう男性はなかなかおらんのんじゃないかな。

口は悪い時もあるが、ほんま尊敬するわ。
地球が絶滅危機に陥ったら、何とかこの手あの手を使って最後まで
生き延びそうな、そんなイメージがある義父

そんな義父お手製の衣装を着て 当日に臨んだ息子

会場は広い体育館で

IMG_3146.jpg

役は司会役、マリア役、ヨセフ役、王様役、星役、天使役、ツリー役、羊飼い役と
それぞれの子供達がみんな役とセリフをもろうとった。

といっても子供ら、自分の番がきたらすぐ言えたのは
ヨセフ役の男の子のみで(この子は長いセリフをどの場面に言えばええんか
分かっとって すごかった。保護者からもオオオ~と感嘆の声が)
後は、先生がはい、次は羊飼い○○!と名前を呼んだら
呼ばれた子供が発言するというスタイルじゃった。

劇の合間に歌を5曲ぐらい挟む、なかなか長い発表会じゃったよ。
そのうち、立つのが疲れたんか モジモジ動き出す子供ら。
1人が親に手を振り出すと もう1人も、と親の姿を見つけては
手を振り出す(汗)
特にマリア役の子が最高じゃた。
もう皇室パレード並みの激しさで手を振り続け
しまいには、かぶっていた青い布を取り、あっついわ!と一言
子供らしいで賞ww

その後は皆で教室に移動して ティータイム
お菓子を食べお茶を飲みながら団欒する。
日ごろ話せんけえとここぞとばかり保護者たちは先生の
奪い合い(笑)

帰る時間は決まっとらんで、お茶はいいや~とそのまま抜ける人も
おれば、10分ぐらいして帰る人もおれば、まあそこは
ポーランド流さ♪

どの子供も一生懸命、役をこなし
ほんまに楽しませてもろうた そんなクリスマス会だったのじゃった。







別窓 | ポーランドの幼稚園 | コメント:2 | | ∧top | under∨
| 気ままなポーランド暮らし 笑ひを込めて | NEXT

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR