たまにはポーランド料理でも・・・・
ポーランドのもので美味しいものといえば
ソーセージやハムなどの加工品、そして乳製品が美味しいと言われとる。

確かにソーセージやハム類はうまい!
これは是非とも専門店で量り売りで買うのがおすすめ。
パック売りのは添加物も多いし、味も落ちるけえ。
肉類加工品の美味しいお店といいえば、KREDENSかな
KREDENSでは肉類以外にもお菓子も買えて 
ここのクルフカ(ポーランド風キャラメル)は濃厚で美味しいよ~

他にもうちのお気に入りのお店があってね。
それは市場の一角にある、ハム・ソーセージ屋さん。
焼きソーセージが食べたくなったら、いつもそこへ行くんじゃ。

で、買ったのが キゥバサ・シロンスク(シロンスク風のソーセージ)
焼きソーセージにはピッタリさ♪

IMG_3703.jpg

こちらに切れ目を入れて、一度お湯でサッと茹でてから
フライパンで玉ねぎと一緒にソテーする。

こういう焼きソーセージに合うパンといったら
やっぱり酸味のある黒パン
ひまわりシードも入っとって歯ごたえがよろしい。


IMG_3704.jpg

これに付け合せ野菜を添えて サワーキャベツも添えれば尚よろし。

ポーランド人夫大喜びの夕食の出来上がり

IMG_3705.jpg


* おまけ *

おやつは和風でいきましょう・・・
北海道小豆のアンパン
北海道産のは ホンマに美味い!

IMG_3692.jpg





スポンサーサイト
別窓 | ポーランド料理 レシピ | コメント:0 | | ∧top | under∨
乳がん検診
ええー食いしんぼ万歳、30代メス・・・
今まで一度も乳がん検診なるものを受けたことがございません。

周りの友達に聞くと、大抵がマンモやったとかエコーやったとか
聞くけえ、うちもやらんとなあと
30代になってから ずっと思いよったんよね。
でも、どこに行けばいいんじゃろ。

子宮がん検診は毎年欠かさず行きよるけど
乳がんは、まあ今度でいいやとずーっと先延ばしに
なってしもうとった。

そんなある日のこと、婦人科へ定期健診に行ったときに
受付の方の胸にピンクリボンがついとるではないの!!
(注 ピンクリボンとは、、乳がんの正しい知識を広め、乳がん検診の早期受診を
推進すること、などを目的として行われる世界規模の啓発キャンペーン
もしくはそのシンボル - ウィキペディアより抜粋)

ということは、きっとここの施設でもやっとるんかね?と思って
受付の方に聞いてみたわ。
と言っても、乳がん検診ってポーランド語で何て言うんか知らん。
そもそも、「がん」って何て言うか知らんし・・・

ほいじゃけ、「あなた、そのピンクリボンが付いとるいうことは
テスト出来るんですか?」という聞き方で
聞いてみたら、理解してもらえて 
「そうです。毎週水曜日の午前中のみ、行っていますよ」との
ことじゃった。

では、早速マンモグラフィーを受けたいんじゃけど・・・と持ち出すと
「マンモを受けるには あなたはまだ若すぎると思うわ。USG(エコー)で
充分でしょう」とのことだったんで
USGを受けることにしたわ。

そして当日
診察してくれた女医さんは いつもの主治医とは違う方でちょっぴり緊張。
上半身裸になり、椅子にあおむけに寝た。
先生は部屋の電気を消して 
「両手を挙げてください。今から胸にジェルを塗りますから」と言った。

え、りょ、両手を挙げる???
冷や汗がタラリと流れた。
そ、そりゃ困るわ。
何故かって?

恥をしのんで言おう・・・・
時は冬、獣たちは冬眠の準備をし 春に備えてエネルギーを蓄える
ヒトも同じ
体毛を出来るだけ体中に生やし、見た目より暖かさ重視となる
(・・・・って多分うちだけ??笑)

つ、つまりよ
脇の下はジャングル、サヴァンナの大草原状態
こ、これを見せなくてはならんのね(大恥)

私のバカーっ!大バカー!!ああ、戻れるものなら
一日戻してくれえーーと言いつつ
でも 「あの、密林地域により 見せることは出来ません」とは
言えんじゃん? 
意を決して 腕を上げるしかなかったわ。トホホ・・・・

ということで、うちが汗をタラタラ流しとるにも関わらず、先生は
胸にジェルを垂らし、両胸でおよそ15分ぐらいかけて
診てくれた。

結果は異常なし!最後にUSGの写真をもらって終了~
お値段は保険が効かない私立なので100PLNなり。
じゃが、あっさり終わって良かったと
ほっと胸をなでおろしたんじゃった。

今度行くときは、しっかり脱毛していこ・・・・・


*おまけ*

お昼寝中 
ぶち不機嫌なり

IMG_3693.jpg







別窓 | 日常生活 | コメント:2 | | ∧top | under∨
切り干し大根
切り干し大根は息子の大好物でね
いつも実家から送ってもらようるんじゃけど
切り干し大根って自分で作れるよ!と聞いたんで
早速試してみることにした。

大根をスライサーでうすーく削り、千切りに

IMG_3684.jpg

これをよーく広げて 干すこと4日間 

切り干し大根っぽくなった!

IMG_3685.jpg

これで作った切り干し大根はシャキシャキとした歯ごたえで
なかなかいけた。

IMG_3686.jpg


* おまけ *

昨日の夕食 on 子供用食器

青海苔入りからあげ、春巻き、人参の金平にほうれん草の胡麻和え。
(最近ポーランド産のほうれん草を再び市場で見かけるようになって
(温室栽培らしいが)春が近いな~と頬を緩ませるのであった。)

これにご飯と味噌汁付き。

IMG_3687.jpg

小食の息子は、これすら食べきらんのよ。
平均的な4歳児って これぐらいぺろっと食べるんじゃないかね?
野菜類と春巻きを平らげたら、唐揚げは一口かじって終わり。

うちの持っとった男児のイメージって もっとこう肉ガッツリ食べて
ご飯も食べて母ちゃん!お代わり!!って感じなんじゃけどなあ。
ご飯のおかわりしたい、とか今まで言われたことないわ(悲)

成長期になったら 急激に食べ出すんかなあ。
今んとこは肉よりも野菜と魚が大好きな息子。

いつか、「また食べるん~?」と言いながら
どんぶり飯にご飯をよそってやるのが小さな夢wなんじゃw








別窓 | | コメント:8 | | ∧top | under∨
ファボルキ作り再び 三度目の正直・・・!?
さて、前回歯ごたえにいささか不服のあるファボルキを作ったと
書いたが、そん時に使ったサワークリームが100g
200g入りじゃったため、あと100g残っとる。
我が家では、料理にはサワークリームは一切使わん・・・
しかし開封済みのクリーム、このまま捨てるのは忍びない
ということで 再びまた作ることにした。

まずはレシピ探しから。
前回は卵の味が強すぎるというんと生地がやおすぎたけえね。

色々探すうち、ユーチューブで良さそげなんを見つけたんじゃ。
フムフム、ユーチューブの彼女曰く、ファボルキはとにかく「うすく」するのが
ポイント。じゃけー、パスタマシーンを使って均一に伸ばすのがええとな。
そいでもって生地は前回うちが作ったような柔らかいんじゃのうて
結構固めなんがいいらしい。
家にパスタマシーンがあることじゃし、そのレシピを使ってみることにした。
(砂糖の量などは少々アレンジしてます)

材料 

小麦粉 250g
黄身 3個
18% サワークリーム 大匙3
塩少々
6%のりんご酢 小さじ1
ベーキングパウダー 1g

これらをよく混ぜてこねてと・・・・

じゃ、じゃが!やはり問題発生
生地が硬いこと硬いこと。水分が足りんで、どうにもこうにもまとまらん。
クリームを追加しようにも、もう空じゃし、黄身を追加したら前回みたいに
卵卵したもんになるかもしれん・・・・・
そうじゃ!卵白をちょっと加えてみることにしよう。
ファボルキいやぁ基本は卵黄のみなのに 致し方ない。ものは試しじゃ

で、卵白を生地がまとまるぐらい追加した。
だいたい卵白一個分ぐらいかねえ。

そうしたらまとまったので、前回同様15分以上かけて
台に打ちつけ、麺棒で叩いて
こんな感じに出来上がった。
前回よりは白っぽいじゃろ。

IMG_3678.jpg


出来た生地を冷蔵庫で30分間休ませた後、パスタマシーンに入れて
うすーく伸ばす。
カルダモン入りの粉砂糖を小さじ1ほど入れたんで 所々黒うなっとる。

IMG_3679.jpg

ここでちょいと実験してみることに
まず、パスタマシーンの一番薄い設定にして成型し揚げてみると
こんな感じになった

IMG_3682.jpg

食感はサックサクで、口溶けがよろしい。これはファボルキと呼んで
間違いないじゃろう。

次にパスタマシーンの生地の設定を下から2番目にしてみた。


IMG_3681.jpg


これもサクサクとした食感があり、合格!
一番薄いのは、薄すぎて成型がいたしいけえ この下から二番目を
採用することにした。

こんなに沢山出来た!

IMG_3680.jpg

ここでもう一つ実験
パスタマシーンの目盛りを 今度は下から3番目の設定でしてみた。
揚げる前の生地の薄さは2mmぐらいじゃろうか。

これで揚げてみると、生地が全然膨らまん。
気泡は出来るけれど、持ったときの モロモロ崩れそうな感じがせん。

IMG_3683.jpg

食感は、柔らかくて 全然おいしゅうない。
同じ生地から出来たもんとは思えんぐらい。

ここで簡単にまとめさせてもらおう。
美味しいファボルキのコツは、とにかく薄さじゃゆうこと!
そして均一に伸ばすこと。
2回目に作ったとき、柔らかいのとカリっとしたのと混じっとったんは
伸ばしが均一になっとらんかったようじゃ。

ということで、3度目にしてようやくファボルキと呼んでもええものが
出来上がった。

じゃが、やっぱりポーランド人に味見をしてもらわんことにはね。
こがあに山盛り出来たし、翌日旦那にほとんど持たせて会社の同僚に
味見をしてもろうた。
辛口でもええけ、正直な意見を聞かせてくれと言ってね。

気になるポーランド人の意見はというと 
「美味しいよ。薄いのがいいよね」と言ってくれた(嬉)

さて、これでメデタシ メデタシとなるのかと思いきや まだ反省点があるんよ。

今回うすーく伸ばしたことにより、パン屋にあるようなサクホロの食感のもんが
出来たが、パン屋で売っとるもんはさ うちが作ったのほど薄くないんよ。

でも、それにも関わらず やっぱり口溶けが非常によろしい。
何故じゃろ。
それから、味にもっとコクがある。
うちが作ったんは ちょっとさっぱりしとるかなあ。
白身を入れたけん さっぱりした感じになったんかも。
水分が足りん時は サワークリームを追加してみたら
ええんかもしれん。

というわけで、うちのファボルキ作りへの旅はまだまだ続く・・・

で、でも さすがに作りすぎて飽きたんで 次作るのは当分先かな









別窓 | お菓子 ・ パン | コメント:6 | | ∧top | under∨
ファボルキ作り リベンジ!
前回おいしい揚げ菓子ファボルキを作ったものの失敗に終わると
書いたけれども → ファボルキを作ってみたものの・・・

あれから数日経ったある日、スーパーのパン・ケーキコーナーでファボルキを発見!
まだ売っとる♪と大喜びで買って早速家に帰って味見をしてみた。
うーん、うまい!これぞファボルキ
で、原材料を見てみると 小麦粉、クリーム(何パーセントかは書いていない)、卵黄、
酢、ベーキングパウダー、砂糖のみ。
余計なものは一切入っとらんのに こがあに美味しい。

スピリタスでなくても酢を使ってでも ちゃんと美味しいファボルキが出来るんじゃ。
それならもう一回酢でやってみようではないかと 色々なレシピを検索したわ。

ほんで動画をあれこれ見て思ったこと
昔ながらのファボルキは生地にバターも砂糖も入れん(入れたとしても小さじ1とか
そんなもん)いたってシンプル
使用するクリームはねっとりした18%のサワークリームがええらしい。
18%のクリームでも時々スープ用とかのさらっとしたタイプがあるけえ
お気をつけて。
パッケージにgęstyと表示されとるもんを買えばOKじゃけど
優しく振ってみてチャプチャプと音がせんかったらよし。

今回はこちらのレシピで作ってみたわ

材料

小麦粉 200g
卵黄 3つ
酢 小さじ2
18%サワークリーム 100g
塩少々
それにベーキングパウダーも小さじ1ほど入れてみた。
ベーキングパウダーを入れると生地がふわっと膨らむみたい。

材料をよーくよく混ぜる。
今回はかなり水分が多い感じ
叩いていて気持ちが良い。
いい予感がするわ。

最終的にこんな感じになった。

IMG_3667.jpg

この生地を休ませた後、麺棒でうすーく伸ばして油で揚げた。
生地を油の中に入れたら ふわーーっと膨らんだ。
おお、見た目はファボルキじゃ

IMG_3668.jpg

全部でこれだけ出来た

IMG_3669.jpg

ええ感じに気泡がある。
期待は膨らむ ワクワク

IMG_3670.jpg

冷めたら粉砂糖をかけてと

IMG_3671.jpg

さあ、いっただっきまーす!
ムシャ・・・・あれ、、、、、何か違う
生地があまりカリカリじゃない。
均一に伸ばしたつもりじゃが、フニャっとした食感のとカリっとした食感のが
混じっとる。
フニャフニャなんは生地が緩すぎたからか・・・
それに卵の風味が強すぎる。
例えて言うならそうじゃねえ 
シュークリームの皮をカリっとさせたような味

前回よりは近づいたものの、これでは到底満足とは呼べん。
味見に来た旦那は 「おー!見た目はファボルキじゃん」と言い
「まあ、なかなか悪くはないよ」とのこと。
味見に来た息子は、うちが落ち込んどるのを見て
「元気だしてよ、お母さん 美味しいよ」と。

確かに悪くはないけれど・・・・
翌日友人宅へお土産に持っていったが、そこでも
美味しいと言ってくださったんよ。

じゃが、じゃがっっ!!
ホンモノのファボルキは口に入れた瞬間サクフワーっと溶けて
「うほ~~!美味い!」ってならにゃいけん。
これじゃあ全然ダメだっ

再び日を改めて挑戦することにした。




別窓 | お菓子 ・ パン | コメント:0 | | ∧top | under∨
Asian Edition イベント その2
前回からの続き→アジアの食イベントAsian Editionに参加してきた

ラーメン屋の屋台として地元民に人気のあるAKITA RAMEN
以前から是非食べてみたいと思っとったけえ、楽しみじゃった。

醤油ラーメン 19PLN 
小どんぶりサイズ 結構小さい

IMG_3661.jpg

さて、お味の方はといいますと・・・
スープはなかなか美味しい。ちゃんとダシをとってますという味じゃ。
ただ麺がね・・結構厳しい感じじゃ。
それに驚くほど量が少ない。
これで約20PLN(日本円で600円)かあ!

お店の人はとっても感じが良うて、ラーメンに対する熱い思ひが伝わって
くるだけに、批判をしたくないんじゃけど

でもこれを日本で出したら きっとクレームの嵐じゃろうな・・・
(ごめんなさい、でもこれが正直な意見です。)

じゃがね、3シティでは大人気なのさ、このラーメン屋。
ポーランド人にウケが良いようにアレンジされとるんが人気の秘密
なのかしら。
ラーメンの上に刻み生紫玉ねぎやタクワンがのっとるあたりがかなり
オリジナルな感じ。

ラーメンの味もそうじゃけど、スタッフの感じの良さも人気の秘密なん
だろうなとも思ったわ。

イベントの後分かったことじゃが、今回 麺に何らかのトラブルがあったらしく。
それで異様に麺の量が少なかったんかなあ。
アキタラーメンで以前ラーメンを食した旦那曰く、以前屋台で食べたときは
麺はもっとたっぷりあったそう。

ということで、もう一度 今度は屋台で試してみるつもりよ♪

しかしながら、ラーメンってほんま、ポーランド人に人気の食べ物よ。
日本語を学ぶ生徒たちも、ラーメンラーメンよう言うんよ。
どうやらアニメ NARUTOの主人公がラーメン大好きらしいけえ
その影響かな。
アニメの影響、恐るべし!!

どなたか日本で食べるようなラーメンをここで出したら すごい人気が
出ると思うわ~。
確かドイツにはあったよね、日本で食べるのと同じ日本のラーメンが
食べられる所が。
誰かグダンスクに日本のラーメン屋を出してくれんかね。
うちゃ~通いつめるの間違いないw

食べ物の他には こんな所も
手焼きのお皿たち

IMG_3642.jpg


IMG_3644.jpg

素敵な食器がいっぱい!
この中で一つ目を惹くどんぶり茶碗があって、迷うことなく即買いしたわ。
(40PLNなり)

結構重みがある

IMG_3664.jpg

IMG_3663.jpg


IMG_3665.jpg

今日は早速この丼を使って卵丼をいただいたわ。
この丼、うちでは時々登場するメニュー
称して貧困かに玉もどき丼(笑)

まず、鶏もも肉骨付きを買ってきて、肉を少し多目に残して
赤身を切り取り、その肉付き骨でスープを取るんじゃ。

なべにお水、骨付き肉3本ぐらい、しょうがとにんにく少々
あれば長ネギも入れて アクを取りながら コトコト1時間ぐらい
煮るんよ。
これでスープの出来上がり。
これを鍋二つに分けるのさ。
一つは中華スープ用に(これに細切りの人参、わかめ、春雨や卵を入れ 醤油と
塩を加えたら無添加中華スープの出来上がり)

もう一つの小鍋には200mlぐらいスープを入れ、ケチャップ
醤油、酢、砂糖、塩で味を調え
最後に片栗粉を回しかけて とろみをつける
これで中華丼もどきのタレの出来上がり

その後、先ほどダシをとった後の鶏の骨から 
肉をむしりとり、細かく刻んで卵の中に入れ
(そう、カニの代わりに。カニ玉じゃのうて だしがらの鶏肉・・・
エコでしょ)
それを焼き、どんぶり飯の上に乗せ グリンピースとあんをかけて
出来上がり♪

骨からダシがとれてスープが出来、中華あんも出来、その上鶏肉の身も
楽しめる。一粒で3度美味しいのよ~

早速新しい器に入れて いただきました
(グリーンピースがないため刻んだチンゲン菜で代用)

IMG_3666.jpg

話はイベントに戻って
ラーメンと器を手に入れたら 会場を出ざるを得んかったわ。
人が多すぎてね。
本当はもっと見たいところもあったんじゃけど、全部見ることが出来んで
残念だったわ。

じゃがね、うちは これほど多くのポーランド人がアジアの食べ物に興味を
示してくれとるってことが嬉しゅうてたまらんかった。

こんなに皆がアジアの食べ物が好きなら 
これから もっともっと普及してくるかな。
うちがここへ来た5年前と比べて確実に変わっていっとるのが分かる。
今後にますます期待できそうじゃ。



別窓 | 未分類 | コメント:4 | | ∧top | under∨
アジアの食イベント "Asian Edition"に参加してきた
本日、市内の超大型ショッピングモール ガラリアバウテツカから徒歩10-15分
の所にあるSztuka Wyboruゆう所で(一階部分はカフェで二階部分は文化イベント
等によく利用されとるよう)アジアの食イベントが開催されたんじゃ。

宣伝はあんまり大掛かりなもんじゃなかったようで、うちも生徒の一人から
この事を聞くまで こがあなイベントがあるとは知りもせんかった。

日本の料理だけじゃのうて、タイやベトナム、韓国、インド料理などがふるま
われるそう。
それに書道や寿司作りのワークショップも開催されるとな。
その上、色々なアジアの食材や手焼きの陶器の販売もあるそうな。

これは是非とも行ってみにゃー!と家族で参加してきたわ。
開催時刻は11時~19時まで。
ポーランドのお昼ご飯時間に行ったら、ぶち混むじゃろうということを
予測して、11時半すぎぐらいに行ってみたんじゃけど・・・

予想を遥かに超えるものすごい人!人!人の嵐!
こんなに激しい人ごみは初めてかも。立ち止まることすら出来ぬ・・・

一階部分は手焼きの食器やワイン等を扱うお店があり、メインのお料理は
二階部分。ここが特に激混み

抹茶パウダーの販売コーナー
抹茶を使ったクッキーやお菓子もあった。
販売員さんは特に「抹茶はすごく体にいいの!」とアピールしよったわ。

IMG_3632.jpg

肝心のお値段は表示されておらず・・・
まあ恐らく高いんじゃろう。
予め値段を表示しておいたら人は「げ!た、高っっ!」と見向きもせんかも
しれんけえ あえて値札を置いとらんかったんじゃろうか。
それで、先に抹茶クッキーやケーキの試食をさせて
「わ!美味しい♪買ってみようかな」と顧客の興味を持たせておいて
それから抹茶のお値段を公開して勧めるとか?

人々は抹茶を使ったお菓子には興味はあるけれど、うちが見たところでは
買いよる人はおらんかったなあ。

一番の人気はやっぱり食べ物

美味しいヴィーガンレストランで有名な”アボカド”のお寿司

IMG_3633.jpg

2個5PLNから買えるお寿司
やっぱりお寿司は大人気で飛ぶように売れよった。人が次から次へと押し寄せては
買っていく。
2個から買えるっていうのはええよね。
色んなレストランのお寿司の食べ比べが出来るけえ。

IMG_3640.jpg


IMG_3641.jpg

列に並んでやっとこさ食べ物を手に入れても、食べる場所がないんよね・・・
立ち食いのテーブルが少しあるだけ。
皆立ってその辺で食べよった

この写真はたまたま人の波が流れた後でさっと撮ったもので
これを見る限りじゃ、あまり人多そうに見えんけど
ほんまに大混雑だったんよ!

IMG_3639.jpg

お寿司だけじゃありまへん。
グディニアにある美味しいインド料理レストラン
"タージマハール”のカレー
匂いに酔った

IMG_3638.jpg

こちらもグディニアからの出店
割と最近出来たらしい韓国料理のお店(経営はポーランド人)
韓国カレーや自家製キムチ、キムパプやビビンバみたいなもんを
販売しとった。

IMG_3635.jpg

2週間発酵させたとかいう自家製キムチは5PLNとお買い得

IMG_3636.jpg

でも、誰も買いよる人はおらんかった。
ポーランド人は辛いもんが苦手な人が多いけえかね。
残念・・・・
こちらの韓国料理コーナーに目を留める人はほとんどおらず。
ということで待たんで食べられるという利点あり♪
なので、うちらは韓国風海苔巻き、キムパプを注文したわ。
太巻き一本17PLN(写真撮り忘れた。涙)
注文を受けてから巻いてくれる。

IMG_3637.jpg

ごま油やコチュジャン等の販売も

IMG_3634.jpg

ここで問題発生!
館内の警報機が大音量で鳴り始めた。
火事疑惑?
しかし人々はあまり気にすることなく、食べ物に群がっておった。

少し経って、男性が出てきて
「皆さん、急いで外へ出てください。誰もかれも皆だ。シェフも売り子さんも
出て」とアナウンスしたけん、キムパプの入った弁当箱を抱えたまま
外へ出ざるを得んかった。

噂によりゃ、大きい中華なべで炒め物をしよった所
火災報知機が感知したらしいわ。

一旦外へ出て、10分ぐらいして火災報知機が鳴り止んだんで
再び中へ入った。

人ごみへ流されながらお目当てのラーメンを目指す
その名も”アキタラーメン”

ラーメン店へ向かう途中で見つけた緑茶コーナー

優しそうなお兄さんが緑茶はいかに体に良いか、日本人は緑茶を飲んどるけえ
健康なんじゃと力説しよった。
この緑茶SOTIはスーパーでも見かけたことがあるんじゃけど
530ml入りのペットボトルが一本10PLNもする。
しかもタイ産なんで、買ってみて期待はずれだと嫌じゃなあと今まで
手が出せんかったんじゃ。

IMG_3630.jpg

ところが、お兄さんが「これはタイ産じゃけど、ホンモノの玉露じゃ!美味いよ。
ボクは東京に住んでいたことがあるから分かる」と力説するもんじゃけ
買ってみることにした。

本日だけ特別お値段2本で10PLNだそう
さて、お味の方は・・・・
これは!美味しい。日本のペットボトルの緑茶じゃ!

中華料理を横目で眺めつつ
(中華も大人気だったよう。ほとんど残っとらん)

IMG_3631.jpg

遂にやって来ました アキタラーメン
いそいそと列の後半に並んだ

IMG_3643.jpg


(後半へ続く)















別窓 | 日常生活 | コメント:2 | | ∧top | under∨
ファボルキを作ってみたものの・・・
ポーランドのお菓子で何が一番好き?と聞かれたら
真っ先に思い浮かぶのは サクサクの揚げ菓子”ファボルキ”

このファボルキ、年中食べられるわけじゃなくて 2月の脂の木曜日付近
にしか食べられんけえ、余計2月になったら食べ貯めしとかんと!って
気分になる。

さて、脂の木曜日も過ぎたある週末、義両親のところで週刊誌に目を通し
よったら、ファボルキのレシピがのっとった。

ファボルキといえば、生地にスピリタス(ウォッカ)を入れにゃいけんのが
少々ネックでね。
使用する量なんてスプーン2杯ぐらいなのに、わざわざ買うのなあと。
開封した後も誰も飲まんし・・・

ところが、うちが見たその雑誌には、ウォッカの代わりに白ワインを使うと
書いてあったんじゃ。
白ワインなら時々料理に使うけえ、一本あってもええ。

切り抜いて持っていってもいいわよ、と義母が言ってくれたんで、そのレシピを
ちょうだいして、作ってみることにした。

(材料)

小麦粉 250g
粉砂糖 40g
塩 パラっと
バター 20g
卵黄 2個
白ワイン スプーン2
生クリーム 60ml(18でも30%でも)
バニラシュガー 一袋(なくても良いと思うわ うちゃ入れんかった)
レモンの皮 スプーン1(これもうちは入れんかった)

さて、肝心の白ワインじゃが、家にのうて、わざわざ買いに行くのが
面倒・・・・
そこで思い出したのが、スピリタスの代わりに6%の酢を使ってもええと
いうこと。
実際 スーパーで買ったファボルキの原材料にはスピリタスの代わりに
酢が使用されとった。

ちょうど家に6%のりんご酢があったけ、それを使ってみることにした。

ボウルに薄力粉を入れ、冷たいバターを入れてサラサラになるまで
手で混ぜる(パイ皮を作るように)

そこへ残りの材料を全部入れて手でしっかりまとめる

IMG_3579.jpg

まとめたら台に移して、30分ぐらい 棒で叩く
なめらかになるまでね

IMG_3580.jpg

と、ところが!
この生地がどうも固いんよ。
うちが見た動画では、かなり滑らかで水分たっぷり目の生地だったのに
うちのはかなり固め。
叩きゃそのうち滑らかになるかなと思ったんじゃけど、
あまり変わらず(一抹の不安が押し寄せる)

生地を休ませればなめらかになるかも?!
しっかり叩いた後、その生地をラップに包み冷蔵庫で30分間
休ませた。

続いて、その生地を出来るだけうすーーく伸ばす
切り分けて、それを更にうすーく うすーーーく

IMG_3581.jpg

それから 成型
ねじりこんにゃくを作る要領で

IMG_3582.jpg

その後、ラードまたは油で こんがりきつね色になるまで揚げる
今回うちは油を使用

しかし、揚げながらいやーな予感がする・・・
生地が結構固めなんよね。
本物のファボルキだったら、もっとプクっと膨れて すごーく軽いはず
ファボルキってとにかく 崩れやすいのに 
うちの作ったファボルキは結構しっかりした揚げ菓子って感じで
見た目からして違う


ほらね・・・

IMG_3577.jpg

香りに誘われてやって来た旦那に
「ちょっとファボルキとは違う感じになったけど」と見せると
「あー確かに、こりゃファボルキじゃないねえ」と・・・・・

恐る恐る味見をしてみると、ガッカリ
これは、ファボルキじゃない!
サクサクホロホロでない、結構歯ごたえがしっかりしてて
サクっとはしとるけど、サクサクカリカリ

そうじゃね、例えるなら 揚げたクッキーをもっと あっさりさせた感じ
オールドファッション風ドーナツの生地の水分を減らして
揚げた感じといえば分かるじゃろうか。

悲しみにうちひしがれながらも、仕上げに粉砂糖をふりかけた

IMG_3578.jpg


これ自体は普通に美味しいんよ。
味見に来た旦那も息子も これはこれで美味しいと言ってくれた。
でも、これはファボルキとは呼べん。
うちはファボルキが食べたかったのに(涙)

何がいけんかったか・・・・
やっぱりレシピに書いてある通り、白ワインを使用せねばいけんかったか。
何となく水分が少なくて固めの生地が出来上がった時点で
間違いだったような気がするが・・・
そんな時はもっとクリームか卵黄を足せば良かったのか。

こうなったらもう意地よ!
ちゃんとスピリタスを買って来て ホンモノのファボルキを作ってやるう~~

PS,これがパン屋で買ったホンモノのファボルキ

IMG_0708.jpg

口当たりは羽のように軽やかで
手で持つ時も、指にちょっと力を入れたら崩れてしまうほど











別窓 | 料理 | コメント:2 | | ∧top | under∨
絶対笑っていると思う・・・
凶暴猫が珍しく旦那のひざに座っている。
ここで、おお~ネコちゃん~!と頭部を撫でですりゃ
ガブっと噛み付かれる恐れがあるんで、乗られた方は
何もできぬ。

この珍しい光景、写真に撮っとかにゃ!と思って
撮影して後で見てみると・・・・

このお方、心なしかほほ笑んどるように見えん?

ニコッ

IMG_3565.jpg

上機嫌のワケは昨晩のお夕飯にサバのみそ煮を食べたから?


IMG_3566.jpg


旦那以外は(ニャンコもね)みんな大好き、サバのみそ煮
旦那はというと、嫌いではないので 出されれば食べるが
どちらかというと白身魚のソテーやフライやサーモンの方が好きだそう。
確かに、サーモンは食べるのがラクじゃけええよね。
サバは骨とるのが結構やっかいじゃ。


別窓 | 日常生活 | コメント:2 | | ∧top | under∨
グダンスクの絶品ピエロギ専門店
グダンスクのオリバ公園の近くに すごい大人気のピエロギ(ポーランド風
餃子)の専門店があると以前旦那のおばさんから聞いたんじゃ。

何でも海外の有名なミュージシャン、ジャレット・レト(俳優でもあるよね)も
そこのピエロギを食べて
非常に気に入ったけえ、楽屋へ持って来て!と言うたとか。
FBのレビューを見ても星の数が多く、大絶賛するコメントばかり。

ピエロギ大好きな旦那のおばさんは そのピエロギ情報を同僚から聞いて
早速行ってみたそうなんじゃけど、すごい行列で諦めたらしい。

ポーランドで行列が出来る店って珍しいわ。
皆、並ぶぐらいなら他のお店で食べるっていう人が多いけえ。
並ぶのキライなポーランド人が並んでまで食べたいピエロギ、一度食べてみたい!
早速食べに行こうや!と旦那を誘ってみるも
「え~並んでまで食べたくない・・・・」と乗り気でない。
ポーランド人のランチタイムの2-3時を避けて早めに行きゃええじゃんと
言えば、「え、でも早く行くのもちょっとね・・・」だとさ(失望)

まあ、もとからうちはピエロギがそこまで好きじゃなくてね。
あの皮の厚いのが苦手なんよね。

特にスーパーで売られとる冷凍のやつやパック詰めのは
よろしゅうない。
ピエロギってそこまで好きじゃないなあとポーランド人の知人に
言ったところ
ピエロギといえば、手作りが一番美味しいよ♪と言われて
以前旦那と二人で作ってみたことがあるんじゃけど
やっぱり皮を薄く伸ばせんで団子状になり 非常にまずかった・・・
作り方がいけんかったんじゃと思う。

その後、騙されたと思うて食べてみ!と言われて食べた
ピエロギ専門店で食べたピエロギは 皮がつるっとして
食べやすく、とっても美味しかったんよ。
そしてそこのお店も、夏は行列ができるほど店内は人でいっぱい
なんじゃ。
残念ながら そこのお店はグダンスク郊外のカシューブ地方にあるけ
一年に1-2回ぐらいしか行けん・・・・

というわけで、まあ別にええかと忘れられ去ってしまったピエロギ屋
なんじゃけど
そのピエロギを食す機会が本日やって来た。

急遽うちの友人がスポーツ観戦のためにグダンスク入りすることが
決まってね。1日フリーじゃけ、お茶でもしようやということに。
そこで思いついたのは あのピエロギ専門店!
何かポーランドらしいものが食べてみたいという彼女も賛同してくれたけえ
行ってきたわ。

その名もマンドゥ

IMG_3549.jpg

混む事を恐れて11時45分ぐらいに入店したら、お客さんはまばらで
余裕で座れたわ~♪

うちらが座ったのは厨房ちかくの席。
ここで美女たちがピエロギを手作りしよるのが見物できる。
「写真を撮ってもいいですか?」と聞いたところ
笑顔で応じてくれた。

IMG_3550.jpg

レストランのスタッフはとても感じが良うてね
うちらの姿を見たら、英語メニューを持ってきてくれた。

最もポピュラーなひき肉やキャベツ、キノコやカッテージチーズ&ポテトのも
あれば、鶏肉とフェタチーズ、ドライトマト(パプリカ&オリーブのソース付き)
なんてのもある。魚のピエロギも!

その他キムチ入りの韓国風餃子なんてのもあったわ。
種類が多くて、もう二人して迷いに迷いあげて結局

最も典型的なひき肉のピエロギ10つ 16.5PLNと
アジア風味の焼きピエロギ(パン生地みたいな中に具が入っとるやつ)
5つ 16.5PLNを注文したんじゃ。

ひき肉のピエロギ

IMG_3552.jpg

焼きピエロギ ガーリックソース付き
(ソースは好きなんから選ぶことも出来るし無しでもOK。
ソースお勧めよ~と言われ雰囲気に流されて追加してしもうた)

IMG_3553.jpg

さあ、アツアツのピエロギのお味はどうでしょう。
こ、これは・・・・
今まで食べたどんなピエロギよりも美味い!
皮は薄くてつるっとして食べやすく味付けもちょうど良い。
手作りピエロギを始めて食べたという友人も美味しいと絶賛

ほら、皮の薄いのが分かるじゃろ

IMG_3551.jpg

焼きピエロギの中身は人参と鶏肉、きくらげとパイナップルが入っとった。
これも美味しい~~

なかなかのボリュームで 休み休み食べたわ。
ほんまはスープも注文しようかと思うとったけど、スープ注文せんで
良かったねと言いつつ。

店内は12時半を過ぎたごろから どんどん人が増えて来て
うちらが店を出た1時ちょっと過ぎには店内は満席で
既に10人ぐらい並んどった。

ということで お勧め時間帯は開店直後の11時半~12時ぐらいかな。
平日はもっとすいとるんじゃろうけど。

入り口付近にはキッズスペースもあるけえ 待っとる間子供が退屈せんけ
良いと思うわ。

たいそう気にいったけえ、また近々行ってみるつもり。

グダンスクに来られる際は是非寄ってみて下さいな。

アクセスはSKMのOliwa駅からだと オリバ公園側に向って徒歩3分ぐらい
(マクドナルドがある側ね)
トラムの停留所からだと徒歩30秒のところにあるよ。
英語メニューも完備じゃし、店員さんも英語OKだったよ。
外国人もチラホラ来よるんじゃないかね。
実際うちらの隣のテーブル席のカップルは英語で話しよった。

普通のピエロギだと10個でセットになっとるけえ、複数で行って
色んな味をシェアして食べるのがお勧めよ。

楽しいおしゃべりと美味しい食事 気持ち良いサービスに
すっかり酔いしれた日曜の午後なのでした。

















別窓 | 観光情報 | コメント:10 | | ∧top | under∨
| 気ままなポーランド暮らし 笑ひを込めて | NEXT

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR