ヨーグルトメーカーで納豆作り
ポーランドの冬は長い、とにかく長い。
冬の訪れが感じられると、気も滅入るが、一つだけ楽しみがある。

それは、冬の間はセントラルヒーティングが入るため
納豆作りが楽しめるということ。
今まで、納豆といやあ冬に食べるものという方程式が出来上がっとった。
→ 納豆作りシーズン到来

しかし、夏でも納豆が食べたい。
その夢を叶えるため、ヨーグルトメーカーを購入することにした。
これを使って納豆作りに挑むのじゃ。

スーパーにあった、何の変哲もないヨーグルトメーカー
ONのスイッチがついとるだけ 約90PLN

IMG_6603.jpg

このヨーグルトメーカーは温度設定が出来ん。
納豆作りに最適な温度は40-45度らしいが、ヨーグルトメーカーは
60度ぐらいまで上がるんと。
それがマイナスポイントじゃな。

そこで、熱が少しでも伝わりにくいようにと、底に厚めのタオルを敷き詰め
その上に納豆の入ったお皿を乗せ(穴を開けたラップをかける)
更に、布巾をかけて 発酵開始

IMG_6606.jpg

これで24時間ぐらい待つと出来るはずじゃ。
温度計を設定して、60度ぐらいになると一旦スイッチを切って
1時間ぐらいして、また40度近くまで下がるとスイッチを入れる、という
ことを繰り返した。

しかし、夜中はそうもいかんけえね。
スイッチをONにしたまま就寝。

そして朝、発酵から18時間後

IMG_6609.jpg

白い膜が張っとる!
これは成功か?!

IMG_6608.jpg

味見をしてみると、粘りはあったが、味がまだ大豆っぽかった。

22時間後、もう一度味を見ると、ちゃんと納豆になっとったんで、発酵を終了させた。

一晩冷蔵庫で寝かせて、翌朝の朝食は もちろん納豆ご飯

葱をたっぷり入れて

IMG_6605.jpg

タレと温玉を投入し、しっかりかき混ぜたら ご飯に乗せる

IMG_6604.jpg

大満足の味じゃった~一回目、大成功

今現在、ヨーグルト作り中

IMG_6602.jpg


* おまけ *

お一人様の食事は、普段家族が食べんものを作って食べることが多かった。
ご飯、サバの豆板醤味噌煮、ほうれん草のおひたし

IMG_6607.jpg



別窓 | 料理 | コメント:4 | | ∧top | under∨
別の美容室へ 
早いもんで、今日で気ままなシングルライフは終わり
明日、オーストリアから息子らが帰ってくるわ。

最後のシメに髪を切ることにした。
朝起きた途端 急に髪が切りたくなったんよ。

ほんで、前回行った美容院へ行こうと電話すると → 美容院
その日に限って定休日

でも、どうしても その日中に切りたかったんで
近所にある 行ったことのない美容院に飛び込んだ。

ま~どこ行っても大して変わらなんかなと思うてね・・・

うちの担当してくれた方は20代前半ぐらいの若い女の子じゃった。

「 このヘアスタイルのまま、長さを3cmほど切って下さい」 とお願いし
彼女の腕を信じて 椅子に座った。

何でかな~っていつも不思議に思うんじゃけどさ、
ポーランドの美容院は まず髪のカットする前にシャンプーして
ずぶ濡れのまま切らん?

あれ、何でなんじゃろう。
濡れたまま切るけえ、切られとる時は 「 おっ!いい感じ 」 と思うんじゃけど
切り終わって 乾かしよる時に あ、あれ?って失望するんよね。

今回もそうじゃった。
やっぱり 乾かす段階で 髪がモリモリってなってきて、 
心の中で 「う~帰ったら即効マジックブラシしよ!」 と思い、
とにかく早う乾かしてくれ~ゆうて念仏を唱えよった。

ところが! 担当の彼女は、コテみたいなもんを出してきて
念入りにうちの上半分の髪を巻きつけ、
更に盛り上げて ブローし始めた。

ちょ、ちょっと!そんな盛り上げないで下さい、真夏の恋のやうに・・・と
気の弱いうちは言えぬ。


出来上がった ヘアスタイル・・・・・・・・

IMG_1219.jpg

こりゃ、稲中卓球部の前野を連想させるわ。

マジックブラシを使用後 

IMG_1220.jpg

やや不服ではあるが、まあ昭和からは脱したというところじゃろうか。
まだ裾がパッツンパッツンなのが気に入らんなあ。
ま、仕方ないと諦めるか。






別窓 | 日常生活 | コメント:8 | | ∧top | under∨
ヤルマルク (聖ドミニコ市開催)
毎年恒例のグダンスクの夏のイベントといえば、ヤルマルク(聖ドミニコ市)
今年のヤルマルクは7月29日~8月20日まで開催される。

初日の7月29日はコンサートの後、花火があがるとのことで
張りきって見に行ってきたわ。

午後20時半から、散策開始!

色々露店が出とる

IMG_1194.jpg


IMG_1195.jpg

いつになく人が多い。

ピカピカ光るカチューシャや腕輪やスティックなど光るグッズが沢山売られとって
それを身につけて楽しそうに行きかう人を見よったら
今日がお祭りの初日なんだと気分がわくわくした。

IMG_11961.jpg

運河沿いは更に人混みが激しかった

IMG_11981.jpg


途中、運河を泳ぐ白鳥一家に癒されたわ

IMG_11991.jpg

プログラムによると、21時半からアニャ・ドンブロフスカのコンサートがあって
そのコンサートの後、花火が打ち上げられるんだそうな。

コンサートは20分遅れで始まった。

何時に終わるかはプログラム表に書いとらんかったけど
だいたい10時過ぎには終わるか?と予想して
10時前からヒルトンホテルの前で待機しとったが (そこが花火を見るにはええスポットらしい)
なかなか終わらん。

23時10分頃になって アンコールを含めコンサートが終了した。
(個人的には"Czekam"が良かったな!)

そして、いよいよ皆さんお待ちかねの花火が打ちあがった


IMG_12081.jpg


IMG_12101.jpg


スマホの写真じゃ伝わらんが、とっても迫力があって素敵じゃった。

やっぱお祭り、夏というたら花火じゃろ!!





別窓 | 観光情報 | コメント:2 | | ∧top | under∨
海水浴場 ( Stogiへ )
もう2週間前ぐらいのことなんじゃけど、いつも行く海水浴場じゃなくて、
たまにゃ他のビーチへ行ってみるか!と思い立って 
初めてStogi へ行って来たんよ。

トラムの8番( Stogi Plaża行き ) に乗って約1時間、
(旧市街地からだと30分ぐらいかかる)
終点 Stogi Plaża で皆わらわらと降りる。


IMG_11139.jpg

こじんまりとしたビーチで、地元の人の間では 「 混んでいない穴場 」だそう。

IMG_11159.jpg

確かにJelitkowoに比べたら 随分人が少ない

IMG_11179.jpg


IMG_11189.jpg


IMG_11209.jpg

この日は気温がそこまで高くなかったんじゃけど、水は意外にも冷たくない。

でも、水から上がると寒い!!

ぶるぶる、ブルガリアヨーグルト

上着をひっかけても、なかなか暖かくならん。

こういう時は実にええ方法があるんよ。

ザ・砂布団

IMG_1123.jpg

すぐそばには 子どもを遊ばせるには最適な所もある

IMG_1126.jpg


IMG_1127.jpg


海水浴場ストギの良い所は、混んでないということと
簡易トイレではなく ちゃんとしたトイレとシャワーも浴びられること。

トイレは2PLNでシャワーは7PLNだったかな。シャワーは利用しとらんが

どっちが好きかと問われれば、うちはいつものJelitkowoの方が好きかな。

あちらの方がレストランやカフェも多いし、そのままずっと歩けば
ソポットまで辿り着けるしね。

人もある程度おったほうが、活気があってええわ。

息子はストギの方が好きじゃと言うたけどね。

ところで最近、悩みがあるのさ・・・

何か肌が痒いんよ。
手やら足やら 何かムズムズする。

特に腕!

我慢しきれず、掻きよったら ところどころ皮が剥けだした。

日焼けして黒うなったとは思っとったが
皮が剥けるまでとは!
中学生以来じゃわ・・・・いかん。


♪ REAL SKIN ( TRUE LOVE by 藤井フミヤ ) ♪ 

ふりかえると 何故かきみは まだらだった。
蛇のように にゅっと

醜すぎて 夢の中で 追いかけてくる
叫びに 変わってく

日焼け止めを塗らずに
泳いだのが 悪かった 
ワシらはいつも シミの無い白い肌を望んでたはずさ ♪


あ~!!!
何かエアギター弾きたくなってきた。


* おまけ *

ギターねこ

IMG_0498.jpg


別窓 | 観光情報 | コメント:2 | | ∧top | under∨
ケールの炒めもの
先日ケールで餃子を作ったと書いたが → ケールで餃子

その時いただいたコメントに、また魅力的な食べ方( ケールと肉を炒めて丼にする )
が書かれとったんで、早速試してみたわ。

ケールは小さく切って、ごま油で炒める

IMG_11819.jpg

炒めても炒めてもしんなりせん!
水分が少ない野菜なのかすぃら・・・

ここで小さめに切ったチャーシューを投入
(チャーシューの漬け汁も大匙1.5杯ぐらい一緒に入れた)

IMG_11829.jpg


味見をしてみると、
うーん、ケール独特の苦味がまだちょっと気になる。

そこで、辛味をプラス。
キムチ投入

IMG_11839.jpg

キムチを入れて、よく炒めると ようやくしんなりしてきた。

味付けはキムチの塩分とチャーシューの漬け汁を入れたんで不要。

味玉を乗せて完成

IMG_11859.jpg

これがケール?と思うほど苦味がなく、美味しく食べられたわ。

シャキシャキとした歯ごたえもええ。
例えて言うなら、大根の葉っぱを炒めたもんに近いかな。

冷蔵庫にまだあるケール、次は何を作ろうか。
わくわく。和久井 映見 →本名は和久井良子サンだってさ。ご存知でした?





別窓 | 料理 | コメント:2 | | ∧top | under∨
BACK | 気ままなポーランド暮らし 笑ひを込めて | NEXT

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR